fc2ブログ
2009_01
18
(Sun)22:30

煙の中からこんにちは

「芸術は爆発だ~!」と言った岡本太郎画伯
「明日描く絵が一番すばらしい」と言ったのはパプロ・ピカソ画伯

な~んて、抽象画大巨匠の言葉なんぞ引用しても、昨日の画は「酷画」でしたねぇ~
いや、いや、ホント恥ずかしい限りです(恥)
リベンジに高崎まで行こうかとも一瞬思った今朝のお目覚め
「パス!おやすみなさい~」って二度寝してハードワークで蓄積された疲れを癒すものの
少々やるせなさが残る一日でした。

さてさて、そんなダラダラの日曜日、今夜のネタと言えば・・・
今度は「超鉄画」での更新~(汗)
DD40D0026w1.jpg
タイトル通りに煙の中から登場したC62ニセコ号
これ、小沢駅を発車するシーンであるが、この小沢駅って地形状、すり鉢の底に在るような感じの駅
風の通り道になるのか、決まって後ろから風に煙が煽られて煙が立つのである。
が、この日はホームに佇み給炭し、発車直後の分岐線から本線に渡る際の煙が
風に乗ってまるで煙幕のごとく駅構内を包み込み「ありゃ~ダメだ~」って状態に
分岐渡り直後に置きピンした長玉を組んだカメラは敢え無く撃沈
この日に限って珍しく中望遠を組んだ645だけが、こうしてギリギリセーフって感じで
煙幕から抜け出したC62を捕捉してのレリーズ
「天気晴朗なれど煙~い1枚」って粒子も荒れ荒れになる結果でした。
まあ、数撮るとこんなことも多々ってことでしょうかね~

ああ、そうそう、勿論この後、「いい香り~」を満喫しましたよ(笑)

【公開画像の解説】
撮影地 函館本線 小沢駅発車 
撮影日 1990年9月16日
列車番号 9163レ
カメラ マミヤM645スーパー
レンズ マミヤセコールC 210ミリ f4
フィルム フジRDP  日本発色E-6処理
データ  絞りf8 速度1/500
デジタル化処理 Canon Eos 40D EF50mm f/2.5 Compact Macro +LSC (デュープ撮影)
画像処理 Adobe Photoshop Elements 6.0

COMMENT 4

kenken  2009, 01. 19 (Mon) 06:58

素晴らしい煙ですね。
立ち上がる煙もいいですが、煙幕モクモクもいいですね。
粗い粒子感が懐かしさを感じさせます。

Edit | Reply | 

くろくま  2009, 01. 19 (Mon) 18:21

いいなぁ

煙のシャワー状態ですね。羨ましいなぁ。
黒い蒸機と黒煙に覆われた世界のなかで勾配票がやけに白く感じられます。
ボイラーは輝いているし、ドレインもしっかり。
「鉄画」とは一線を画しているのではないでしょうか。
災い転じて・・・って感じかなぁ。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2009, 01. 19 (Mon) 22:09

kenkenさん

この頃、C62撮影において、この程度の煙だと「スカった~」なんて言っていたんですよ
何せ、煙の量が違いましたからね~
ここ、小沢の発車は特に煙の出方が盛大なんですが、風のいたずらに遭うと悲惨
実は、完全煙幕でさようなら~なんてことも経験のあるひぐまです(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2009, 01. 19 (Mon) 22:14

くろくまさん

考えてみれば、今、こんな煙のシャワーを浴びるようなことに遭遇しませんよね
沿線の煙害を考慮して「無煙炭」なんぞ使うし、重油併燃もあまりしていないようですし

勾配標識をワンポイントに構図を組んだのが幸いしたようで、くすみの中に存在感が出ました
でも、たまたま、シャワー状態になったので活きた画になりましたが
これが、普通に煙のシャワーが無いとしたら・・・おぉぉ~モロ、鉄画!
まあ、運に恵まれた1枚ってことでしょうね~

Edit | Reply |