fc2ブログ
2024_01
31
(Wed)06:00

リトライはオーソドックスに(釧網線)

20240130225834c8e.jpeg
C11171+14系等5B 釧網線 細岡〜塘路 2024.01.27

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM


昨年同様にいつものメンバー「ひマね」の3人組で北方遠征を敢行
今年は1月中に3日間の日程で企画してみたのだが…
数日前に発生した低気圧に伴う寒波から釧路は晴れどもオホーツク海沿いは暴風雪に見舞われ
行程初日は湿原号ウヤ。朝練・夕練で出向く根室本線で「昼練」で暇つぶし(笑)
夕練という訳では無いが折角の機会ゆえに豊頃町の大津浜へジュエリーアイスを見に行くも
今が旬にも拘らず波打ち際にその姿は無く綺麗な夕陽とのマッチングは幻に(残念)

その綺麗だった夕景
20240130150319d1b.jpeg
豊頃町大津浜 2024.01.26

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

行程2日目以降は釧網線の全線運転見合わせも解除となり湿原号も無事に運行
で、画の方は昨年降雪でホワイトアウトに遭遇した「夢ヶ丘」のリトライ
なーんも考えずにオーソドックスに切り取ってみた次第です。

今年の湿原号詣、天気は荒れずもスッキリ晴れるでもなく阿寒の山々はすっかり雲隠れ
今年もまた撮り高の低い撮るに足らん画ばかりで終了(数打ちゃ当たるで日数増やしたのウヤで効果なし)
理想と現実のギャップは年を追う毎に開くばかり、そろそろ趣味活動のゴールにせよの暗示でしょうかね?


「ひマね」メンバーサイト
myoldsteamers
kogechator.exblog.jp

COMMENT 6

マイオ  2024, 01. 31 (Wed) 07:35

ああ栄光は君に輝かず

釧路3日間湿原号思いっきりプランのはずが、いきなり初日は走ってる路線フリープランに変更。さらに十勝川河口ジュエリーアイスのオプションツアーも空振り。打率の低い観光ツアー時々撮り鉄に化してしまいましたね。
普段使わない脳細胞を活性化しましたが、社会復帰を目指す中で(いや、今回の撮影記録をチェック途上で)ブチブチと脳細胞が音を立てて死滅しています。
お写真はまさに王道の一枚。私も迷いましたが、重複を避けての狙い的中でささやか過ぎる充足感。って、今回ツアーの温泉に浸かってた一時の如しなのかな~

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 01. 31 (Wed) 14:04

マイオさん

コメントありがとうございます😊
一年ぶりの北方遠征お疲れ様でした。折角チャンス拡大を狙って3日間の訪釧としたのにねぇ〜
散々、初日の到着後に向かうべく場所についてケンケンガクガク協議したのにウヤって…
思い起こせば2020年に運をシラルトロに落として来て以来、翌年は湿原展望台からの見逃し
22年は罐離脱でDLによる訪釧回避、昨年は夢でのホワイトアウトとすっかり我が元凶かと😅
撮り高も低迷中とあってはここは一つオーソドックスに撮ると言う安全策に走ってみた次第です。
身体の復調はまさかのスピード回復なれど心の復調は返って凹む諸事情に見舞われてエンプティー寸前ですわ💧
ラストイヤー確定の身、近郊の🚂&♨️への誘いよろしくお願いしますね〜

Edit | Reply | 

ねこ  2024, 01. 31 (Wed) 18:08

お疲れ様でした〜
3日間で6回撮れたら阿寒の山がアカンというのは想定外…夢が叶う確率は6分の1未満ということですねぇ
いい夢を見れただけでも成果ありとしましょうか。
せっかく冬道をすっ飛ばして駆けつけたジュエリーアイスも残念…夕景が撮れたからまあいいかな。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 01. 31 (Wed) 21:01

ねこさん

コメントありがとうございます😊
3日間お世話になりありがとうございました。
3日も居れば山も出るだろうと言う思惑はバッサリと切られてしまいましたが
ウヤの日に山が見えなかったのでこっちがキレずに済みました(笑)
こんな機会でも無きゃ行けなかった大津浜、そうそう上手くは問屋は卸さずって事でしょうね。

年々、体力も撮れ高も下落に次ぐ下落で困ったものですわ…トホホ

Edit | Reply | 

koppel-2  2024, 01. 31 (Wed) 23:19

 ひぐま3号さま 何より線路のまで雪があるのはいいですよ。十勝育ちには当たり前でしょうが初渡道が春休みだったので常紋でも線路中央は枕木が見えていましたよ。当たり前だけどいい画じゃないですかぁ

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 02. 01 (Thu) 16:53

koppel-2さん

コメントありがとうございます😊
そうですよね。確かに道床に雪があるか無いかでガラッと雰囲気が変わりますね。
以前から見てこの画に写る線路部を歩く輩が減ったので道床の雪に踏み跡が付かなくなったのも幸いしています。
昔、十勝地方は春分の日あたりにドカ雪が降るのが常でしたので春休み早々は道床を覆う雪があったものでした。
去年、この構図はホワイトアウトしてしまったのでリトライしてみた次第です。

Edit | Reply |