fc2ブログ
2024_01
10
(Wed)06:00

夕暮れを駆ける325号機


C11325+ヨ8634 . スハフ145.オハテ121.スハフ14501 東武鉄道 鬼怒川線 大桑〜大谷向 2024.01.01大樹8号

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM

倉ヶ崎SL花畑はこの時期毎年恒例のイルミネーションの点灯
昨年の元旦ではこのイルミネーションの青い光に浮き上がる罐を南側からの流し撮りをしていたので
今回は数年前に撮った手前にイルミネーションを入れての流し撮りの再履修としてみた。

その時と比べて線路の手前に敷設されたフェンスにクロス模様でイルミネーションが施されたようで
レールとイルミネーションの隙間を埋める形となり良い感じ。
クロス模様にしたのは新型特急スペーシアXに倣ってであれば良いセンスしているなぁと感心です。

さて画の方…う〜んやっぱりここでの露出ワークは厳しいですねぇ
特に今回の325号機は電飾されておらず下回りが浮き出てくれませんので厳しい写り具合
画像処理ソフトLight roomの機能をフル活用して何とかここまで再現してみた次第です。

このリベンジは2025年の元旦かなぁ〜(笑)


COMMENT 6

マイオ  2024, 01. 10 (Wed) 07:44

そうでした

下回りが電飾照明付きだったのはC11207号機でしたね。
サイドタンクのところがテカってるのはなにかの反射かしらね。
クロス模様に電飾付きはなかなか良さげですね~
行っちゃおうかしら・・・だんだん夕方の日の入り時刻が遅くなってるからなぁ。

Edit | Reply | 

koppel-2  2024, 01. 10 (Wed) 11:40

ひぐま3号さま 凄い画像ですね。日章旗の描写がいいなぁ お見事です。
行きたかったなぁ。 今年も好調ですね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 01. 10 (Wed) 18:08

マイオさん

コメントありがとうございます😊
大樹8号の運行パターンはAかEだけですので元旦がEゆえこの夕暮れ運行がゲットできるのですが
運用上325号機が充当。今までずっと207ナイトでしたのでそれはそれでOKなんですけどねぇ
電飾が施されていないのは想定外でした。タンクがギラったのはこのカットのみで恐らく富士山を模した小山の電飾が光源かと。
クロスに合わせてスペーシアXも撮っているんですよ。それがお互いに凄くクロス感出していたので感想を記したのでした〜
えっ?画も貼れば良かったのにって?現像をしっかりしていなかったのでパスしちゃいました。
14日は運行パターンDなので明るいうちに打ち止めとなりますよ〜

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 01. 10 (Wed) 18:16

koppel-2さん

コメントありがとうございます😊
お褒めいただき恐悦至極です。サンマは目黒、日章旗は元旦に限るって事で美味しく頂きました。
元旦って結構穴場でまず道が混まないのが最高。うちの一家は元来寝正月みたいに元旦から出かける事がないんで気ままに出来ちゃう。
この条件が元旦を特異日にしているようです。来年は是非、koppelさんも元旦に行きましょう!
元旦に東武、翌週梅小路でC622って罐三昧中ですが、梅小路行った翌日にC622脱線事故。
遊んでばかりで疲れが出た私腰痛勃発で同じように失速しちゃいそうです。

Edit | Reply | 

福臨鉄  2024, 01. 10 (Wed) 19:45

青い夜 何と幻想的な!

話に聞く電飾、私など動画でなく静止画で記録となるといったいどうしたら?と
なりますが、そこは歴戦の勇士、ひぐま3号さまは果敢に「流し」に挑むv-364
国の誉れの日の丸もしっかり写し込まれてまさにベテランの力量発揮v-424
325号機、久しくご無沙汰ですが、元気に走っているんですね。
8日、18きっぷの5回目で大宮の鉄博に大機関車展を見に行きました。今回は
板谷、真岡鐵道(サンタトレインと新年号)、鶴見線と遠出でき使い切りました。
42年前の担当地区鹿沼市内にも行ってみたいですが、諸支払いで資金繰り難、
しばらくは地元でおとなしく、、、ですi-182 
函館近辺をメインにしたブログの主、誰だかわからずにコメントを寄せさせて
いましたが、いただいた年賀状でO氏と判明i-179 衰え知らずで活発に
動かれていて感服です。函館に転勤した年は辰年、時の流れはあっという間ですね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2024, 01. 10 (Wed) 21:21

福臨鉄さん

コメントありがとうございます😊
ここ東武のお楽しみは夜撮できること。お誂い向にイルミネーション畑が灯るとあっては撮るしか無いでしょうと。
数年前に最初にこの地に赴きこの電飾と走る罐を撮った際一応静止させて撮ってはいるのですが
正面寄りで撮らねばならぬ為、電飾畑の区域分けの木枠がしっかりと写り込みちょっとゲンナリ
それ以来、電飾を光の波にしてしまえと流し撮りに徹しています。
C623を流した時は汽車自体の走りが速く多少シャッター速度が早くても流れたのですが
この東武の走りは遅いのでシャッター速度も一桁前後で切らねばならずレリーズしながら雲台を回すのも一苦労です。
207と325は何とか走ってくれているのですが123は故障なのかこの所とんと走っていないようで心配です。
3月に両毛線で12系客レをEFが牽くようですのでそれと併せて出かけてみるのも一考ではございませんか。
O氏…学芸員の方でしょうかね。時たま鉄道雑誌のニュース投稿で名前を見た気がします。
1988年C623が山線に復活したのも36年前、辰年ですからその時に函館入りしたのですね。
本当月日の流れは早いものですねぇ〜

Edit | Reply |