fc2ブログ
2023_03
15
(Wed)06:00

C58三重連が往く(釧網線)


C581+C58385+C58+FC+PC3B 釧網線 北浜〜原生花園(臨) 1971.07.23 撮影O師匠

C581の動態保存記念と鉄道開業100周年のプレイベントとして国鉄北海道総局が中心となって道内各地で実施された蒸機牽引列車の重連運行。
とりわけ函館本線のC62急行ニセコと釧網線のC58では三重連が企画された。
このC58三重連、先頭の1号機は標準デフ、次位のC58385は後藤工場デフ、そして切詰めデフのC58と言うことでデフ三種のレアな組合せ
恐らく偶然の組み合わせであろうがこの組み合わせを策して運用させたのであればなかなかの企てですね。

北浜の鉄橋、
現役時代にここを訪れる事もないままに蒸機が消えてしまったが復活したC11によるオホーツク号を撮ることが叶う。
そのオホーツク号も短命に終わりこの鉄橋を渡る蒸機がもう一度現れてくれる事を願いたいが路線存続の危機でもあり
儚い夢はきっと叶わないんだろうなぁ…

COMMENT 6

マイオ  2023, 03. 15 (Wed) 07:37

お師匠さん作品!

こういう三重連が走ったとはついぞ知りませんでした。
1971/7はまだ我が撮り鉄歴が始まる前。バスケ部厨房でしたから。

山陰のサヨナラかなんかで異種四重連がありましたが、やはり同型式が
はるかに嬉しいですね。

C581が梅小路入りしたタイミングってかなり早かったのかな。
九州の罐はD50140もC612も1972/8だったような。
それにしても最初は動態保存って言ってたくせに。

C58385・・・C5833の前に後藤工デフを付けてた罐ですね。
まだJNRマークは無かったのね。

北浜鉄橋はいまだ訪問すらしていません。
このまま未踏の地で終わるのかなぁ。

Edit | Reply | 

koppel-2  2023, 03. 15 (Wed) 11:11

 ひぐま3号さま へぇ~こんなイベントがあったんですね。三重連の混合 初めて観ました。この橋梁はかろうじて間に合いました、S49.3 前期高校生の春休み 2年生に為る前です。終業式を終えてからの出発ですので、流氷のかけらもなかったです。C58の混合列車を撮りましたっけ。C11夕張応援号で渡道の際 1日目はDMVを追い駆けこの橋梁で撮影しましたよ。現役の頃より人はいなかったです。 単端だけどこの地には定着しませんでしたね。 明日は地元で鉄道の日を祝うイベントがあるとか・・・

Edit | Reply | 

福臨鉄  2023, 03. 15 (Wed) 20:06

驚愕のC58三重連

いやいやいや びっくりv-364です。C62の急行ニセコが終わろうと
する時釧網本線ではこんな列車が走ったんですね。
パッと見、どこだかわかりませんでした。背景から鉄橋の海側から撮った?
手元に「49.3.21北浜→30円区間入場券」があります。湧網線の96を撮って
網走駅からバスで北浜にたどり着いた、晴天で知床の山々がクッキリきれい、
鉄橋では1本しか撮らず、駅近くをうろついた覚えがあります。夕方になり
33号機が牽く列車で標茶まで行きました。訪問が3月下旬になったため写真家
中村由信氏の著書にあるような流氷に乗っての撮影はかないませんでした。
今は、DEが豪華編成を牽くこともある釧網本線ですが、どっかの大富豪が
お金を出してくれてC58が牽いてくれませんかねぇv-8

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2023, 03. 15 (Wed) 22:58

マイオさん

コメントありがとうございます😊
ご所望にお応えしての師匠の画更新を実行いたしました。
この71年に罐党に目覚め急行ニセコからC62が消えることを知るも往時の小学生は行くに行けずの葛藤に苛まれた頃でした。
でやっとC62に会えたのは翌年中坊1年の夏、2号機と3号機が小樽築港で佇む姿でした。
C622もC581も梅小路へ向かったのは72年の9月、それまではC581は釧鉄局のスター機、そのスター機の二代目を襲名したのが33号機でした。
385のG2デフを33に譲ったのは71年の秋、JNRの文字を付けたのは72年に入ってからでした。

この北浜鉄橋、歩いて渡っていた女性の旅人が跳ねられて亡くなりその魂を鎮めるためのお地蔵さんが祀られているのを
SLオホーツク号撮影時に見てきました。今は祠に入れられていました。
今や唯一のオホーツク海沿いを走る鉄路、観光路線としてでもいいので生き残って欲しいですね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2023, 03. 15 (Wed) 23:10

koppel-2さん

コメントありがとうございます😊
71年の初夏から夏にかけ青函局ではD52、道総局ではC62、C57旭鉄局ではC55そして釧鉄局でこのC58と
道内重連祭が挙行された熱い夏があったと記録されています。
150周年記念を無企画で迎えた今のJRとは天と地の違いがある鉄道100周年プレイベントだったようです。
現役のC58ミキストを撮りに出向いておられたとは羨ましい限り、今思えば中3の春先に出向けば間に合ったのに
夏には消えてしまいましたので悔やまれるばかりです。DMV、高知県で実用化されていますね。
室戸岬の辺りを走っていうようです。乗ってみたなぁと思うところです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2023, 03. 15 (Wed) 23:20

福臨鉄さん

コメントありがとうございます😊
そうですC62三重連運行の5日後には釧網線でC58がこうして三重連運行していたと言う夢のような話。
仰る通り北浜の鉄橋を海側からお師匠さんは撮っていた様です。
濤沸湖側から撮るのがメジャーですので今で言う「激パ」と言う人出で海側に回ったのかも知れません。
福臨鉄さんも現役時代にこの地に訪れられているのですね。羨ましい限りです。
黄色いDEが青い電車を牽く贅沢トレイン、盛岡で余すC58も借り入れて青い電車でもいいから牽いて走ってくれたら
資産の「鉄板」を処分してでも馳せ参じちゃうんですけどね〜

Edit | Reply |