fc2ブログ
2021_09
08
(Wed)08:00

古豪陰陽(大井川鐵道)


C108+旧客4B+E31 大井川鐵道 笹間渡温泉〜抜里 2017.12.23

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

キューロクの日による変則運用と言いつつも…
水曜日なものでついつい。人はこれを惰性と呼ぶ。


COMMENT 6

マイオ  2021, 09. 08 (Wed) 08:22

C10の動輪

以前にやってみて思い知ったんですが、C10ってC12/C56と違って、ボイラー下部
構造物がいろいろとあるみたいで、スポーク動輪がうまく抜けないんですよね。
そんなことも知らんのか~って言われても、現役時代に撮ったことないし、
ボイラーを下から覗くこともしてないし・・・
これってデフ無し罐シリーズなんですか?銘打ってないから違うかな・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 09. 08 (Wed) 21:31

マイオさん

コメントありがとうございます。
C10って基本的にC11と同等の作りだとばかり思っていました。
何故って、うちにあるHOモデルのC11とC10が同じだから(笑)
スポークの抜け、やっぱ1750ミリクラスじゃないと抜けらしさに差が出ますよね。
C55撮った時、抜けはどうなされたのかなぁ〜まさか抜け作品ではなくノーマークの抜作?

デフ無しのシリーズ化?いえいえ単なる偶然、そんな含み持たせるテク無しですよ(笑)

Edit | Reply | 

koppel-2  2021, 09. 09 (Thu) 08:28

ひぐま3号さま C10はラサ宮古も大井川でも出会えてないですねぇ。 乗務員さんはこの頃からコロナ対策ではないでしょうが、煙いのでしょうか? それとも風邪やインフルかなぁ~ デフなしシ-リ-ズですか 以前58654がデフなしをRF誌で観ましたが、なんかなぁ~って思いましたよ。 どちらかと云うとタンク機関車の方が似合いのでしょうか?

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 09. 09 (Thu) 09:45

Koppel-2さん

コメントありがとうございます。
マスク姿…言われるまで気がついておりませんでした〜今流行りのコロナよりはるか以前の撮影ですし時期的に花粉の時期でもないので風邪か防煤かでしょうね。
近所を走る阪急線の撮影をここ数年間定点で撮っていますが昨年の春まではマスク無しの運転士さんが写り、以降はマスク着用になってまして
後年この違いが歴史の証人となるのでは何て思っているのですがきっと世の中に同様なものが氾濫しているので何の希少価値もないでしょうね(笑)

デフ無し機シリーズ化?
もう、koppelさんまでもプレッシャーかけるんだから〜
シリーズ化予定では無かったのですがチョットネタ探ししちゃおうかしらね(笑)

Edit | Reply | 

福臨鉄  2021, 09. 11 (Sat) 13:58

C108ギラり

横長の画面で機械の美しさを感じますねぇv-424
私め、大井川鉄道は平成4年11月函館から駆けつけて以来ご無沙汰。
C108は、昭和63年函館に転勤する直前に八戸から宮古に出かけて
宮古の臨港線でしおかぜ号として走っていた、子供らが連結器に結んだ
ロープで綱引きをやった、そんな姿を見ただけに終わっています。
前回の平機関区の思い出ですが、私は写真機を持ったのが昭和45年5月
からなのでそれ以前は薄れつつある記憶、臨港鉄道の社宅に移った昭和
37年7月ころから、だけです。岩沼電化の年の夏休み6~7時の平駅、
電化後も庫にいたC6249、無煙化前年庫にいたC117、C5754
これらの記憶は割と鮮明です。子供が機関区の入り口でウロウロしている
と「あっちへ行け」と叱られるのに大人たちは平気で入って写真を撮って
いると憎らしく思ったものですi-179

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 09. 11 (Sat) 23:03

福臨鉄さん

コメントありがとうございます。
あらあら大井川へのご無沙汰30年ものになりつつありますね。
逆に私はその平成4年頃初めて大井川に行き始めました。あの頃は3列車運行何て日は全てオリジナルカラーの旧客
罐も何の装飾も無く昭和の趣がバンバン伝わるいい雰囲気でしたが今は青いのとか赤いのとか人面の罐が主で
その列車に合わせて塗り替えられた柿色の客車とあってはチョット寂しい限りです。
そんな中で個性がビシバシ伝わる無骨者のC10、また不調になったらしく今はお休み中とか。
そうそう釜石線で498が初運行した際に北海道から撮りに出向きその足で宮古の臨港線で余生を送る姿を楽しみました。
キャブ添乗で往復したのが良い思い出です。

平区の思い出…
やはりC62の保存予定機を見られていましたね。
大型扇形機関庫でC62がゴロゴロ居る平区の写真を雑誌で見ていて憧れたものでした。
そうそう福島に転勤となっていわきにも仕事で行く事があり面影を探すも全く何の形跡も無く残念な思い
小名浜と泉を結ぶ福島臨海鉄道も見たのですが仕事中につきカメラは持たずでしたので結局未撮のまま30年近く経ちます。

Edit | Reply |