fc2ブログ
2021_02
24
(Wed)06:30

寥寥たる大地を往く(釧網線)


C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 塘路〜茅沼 2021.02.21

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

南からの風がもたらす温かく湿った空気が釧路湿原を包んだ二日間
気温が上がり山の女神も煙の神も微笑まず、湿った空気で霞の魔王だけが笑う展開に翻弄され
不完全燃焼に終わった今年の北辺行き
唯一の救いはリベンジ出来る来季以降の運行が決まっていることだけ。
それ以外は全てダメ、ダメ、ダメのオールダメ。我が心も寥寥たる思いに包まれてます。


COMMENT 6

koppel-2  2021, 02. 24 (Wed) 06:56

ひぐま3号さま 今年も出掛けられたのですね。 この画像では降雪が少ないような・・・ 少々 暖かくなった週末は秩父にも行かず、自宅で過ごしておりましたよ。

Edit | Reply | 

マイオ  2021, 02. 24 (Wed) 08:22

あらまぁ

今年の北方遠征はなかなか厳しい諸条件だったようで・・・
かく言う私めは出撃見合わせでしたから、なにをかいわんや。
もっとも、2年前の遠征時も最初のアップは朝練作品でしたから、
年々ハードルが上がっているのか?
まぁ、復旧して運行してくれて感謝ですよね。

近畿2府1県、中部2県は緊急事態宣言解除に向けて確かな足取り。
首都圏1都3県はいつになるやら・・・
生活パターンを変えない人が多すぎるのかな・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 02. 24 (Wed) 11:13

koppel-2さん

コメントありがとうございます。
今年も冬季合宿がこのコロナ禍、自粛せームードはどこ吹く風とばかりに敢行
「他県への移動はお控え下さい」は遵守、何せ大阪府から前泊の東京都、そして目的地の北海道と県には踏み入れずですから。
ただ「県を跨ぐ…」とアナウンスもあり、そうなると文字通りに県を跨ぎましたのでポリポリと頭をかきます(笑)
今年の根釧地区降雪量は数年ぶりに大雪だったのですが2月中旬頃の低気圧が雪ならぬ大雨をもたらし溶かしたようです。
そのせいで線路冠水によるウヤも数日間続き運行再開にギリ間に合った次第です。
秩父鉄道、結構沿線に撮りが出ている様ですね。何だかんだ言っても地元で罐が走っているのは幸せな環境
その内、帰省に合わせて覗いて来ようかと思っております。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 02. 24 (Wed) 11:34

マイオさん

コメントありがとうございます。
世の中の流れに逆行すると待っているのは「制裁」かの如く、何をやっても「愚行」
・搭乗機の遅延から初日のスケジュール対応がいい加減に。結果として「エイヤー!」の撮り
・返しこそはと挑むもどんどん湿った空気が靄をもたらせ撃沈
・夕練で撮った唯一の画、何と広角レンズでピンボケ撮影
・ホテルの予約に誤りがあり差額金請求が生じる(交渉し半金払戻)
・山が出ると信じていた二日目に山は出ず、路頭に迷い3年前リベンジを選択もほぼスカに撃沈
・極め付けは返し9km先の展望台から豆粒を狙うも二人して見落としてしまうと言う暴挙
この愚行録、どうにも昨年のシラルトロ湖水没事件に端を発している様で…
生活パターンより運命パターンを変えて欲しい私ですぅ〜トホホ

なお、2年前の朝練使用は現地からの更新で水曜日の本編は奥夢が丘でした。

Edit | Reply | 

ねこ  2021, 02. 25 (Thu) 19:03

No title

今年もお疲れ様でした〜
2日目もなんとも中途半端な天候、この場所で表現できるものは寂寥感だけですね。

飛行機の遅れや南風の運ぶ湿気に乏しい煙…置かれた場所で咲きましょう〜とはならず…まだまだ修行が足りませんでしたねぇ…

今年も世の流れに逆らって、不要不急の大人の雪遊びができてよかったということで、来年に向けて名作迷作のイメージトレーニングをすることにいたしましょう〜

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2021, 02. 25 (Thu) 22:02

ねこさん

コメントありがとうございます。
ここ数年、どんどん出来の悪くなる北辺行き
今年もまたまた愚行にお付き合い頂きありがとうございました。
まあ、郷に入っては郷に従えと言うことを無視するとその結果は推して知るべしと言う事で来季は初心に戻って純粋に冬景色と蒸機のコラボを楽しみましょう。
山に振り回されず、高見に拘らず、大自然を楽しむのが上手く行くコツなんでしょうね。
そんなイメトレで一年過ごし来季リベンジです!

Edit | Reply |