fc2ブログ
2020_04
22
(Wed)06:00

躑躅咲く頃(山口線)


D51200+35系4000番台5B 山口線 津和野〜船平山 2019.04.20

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

雲井峰の狭い岩場にへばりつき津和野町内を見渡すと躑躅に覆われる小さな里山が見える
その麓をやまぐち号を牽くD51が黒煙を引き摺りながら駆け抜けて往く
この光景、何とも長閑で平和な眺めであることか。

ところがコロナ禍でその平和は何処へやら?
桜に続き躑躅と蒸機の共演も今年は観られぬ厳しいご時世となってしまった。
一日も早く平穏無事の日々が戻って来て欲しいものである。



COMMENT 4

koppel-2  2020, 04. 22 (Wed) 08:56

ひぐま3号さま 確か前期大学生の4年(1979)の時にC571で復活した山口線。同じく前期高校生の頃は美祢線へ寄った程度でしたので、復活が心強かったです。舟平山で丘に登って撮ってますが、其れ位でした。 ひぐまさんの画を観るにつけ現代の俯瞰撮影を感じますよ。山に登って撮ると云うのは高校生当時に感染した革新的破壊の撮影方法で、線路脇の喧騒に別れを告げて自分達だけがのんびり撮ると云うものでした。車を利用して撮影に行くようになると、追っかけが始まりのんびり撮影はできなくなりましたねぇ
 躑躅ですかぁ 仙台へ野球を観に行く時に下車する駅がそうですねぇ そう云えば東北が日本一になった時の前日11/2だったかな マ-君で負けた試合。自分はスタンドで観戦してましたが、ひぐまさんやくろくまさん等は会津若松に居たんですよね。躑躅で思い出しましたよ。今季大人の休日倶楽部の割引切符が発売見送りになりましたので、釜石線と仙台観戦がなくなりステイホームになりそうです。

Edit | Reply | 

マイオ  2020, 04. 22 (Wed) 12:45

ツツジの季節も

桜の季節も不要不急で自粛、そしてツツジの季節もまた・・・
無乗客で運転したら?は無理筋でしょうねぇ。
三密回避で1撮影場所に一人だけって縛りで貨物列車を蒸気が牽引したら?
撮り鉄が乗務員さんに特別ボーナス払いますってアイデア、いいと思うけど
お金が絡むと撮り鉄って「者ども退け退け~っ」になるのよね。

いかんいかん、ひきこもり生活が長引いて妄想してます。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2020, 04. 22 (Wed) 20:36

koppel-2さん

いつもコメントありがとうございます。
最近体力が落ちたせいか、ふと何で俯瞰撮影に拘るんだ?なんて思うことも。
で、ブログやFBなどのSNSに投稿される線路端の画を見ると、おっ!と思わされるものも確かにありますが
皆同じに見えて来てしまい、かつて自分で撮った画でもどれがどれやら?と撮影区間すら判らなくなるものもあって
ある程度の引きのある風景の中に汽車を置く画の方がしっくりとしてしまうもので、ついつい高い所を目指してしまっているようです。
その駅は榴ヶ岡とお書きになるのでは?2年間仙台市民でしたし営業所もその住所なもので記憶はまだ有ります(笑)
只見からの帰り道、星野監督がマー君を胴上げ投手として送り出した時に同乗させて頂いたねこさん号はさいたま市内に到着、
ガス補給しながらGSで歓喜のシーンを見たのも懐かしい思い出です。
大人の休日切符も無しですか…これだけコロナショックが轟くとJ北倒産しないか心配です。
でも、最近特に足腰にガタが来ており志はあるも足がついて行かずの日が間もなく来そうです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2020, 04. 22 (Wed) 20:50

マイオさん

コメントありがとうございます。
このまま行くと、新緑も自粛、梅雨時も自粛となって「今さら汽車走らしてもしょうがないべ〜」と
あらゆる蒸機運行が見合わせから廃止へと移行するのでは?
まあ、廃止はオーバーとしても運輸業大幅なる赤字計上のコロナ禍、走らせれば金を撒く火の車ですからそんな余裕なんて無いと休止は有るかもですよね。
貨物輸送は順調なのかな?生産ラインも落ちていると輸送も落ちるだろうからJRFも厳しいでしょうね。
貨物といえば秩父鉄道の熊谷貨タと武川の間の一部区間が廃止になるとか。何やら石炭列車の廃止で必要なくなったらしいですわ。
さよなら運転をC58で貨物を牽かせる…アハハC58検査入場で居ませんでしたね〜夢すら見られぬ不要不急の妄想ですね(笑)

Edit | Reply |