fc2ブログ
2019_11
06
(Wed)06:00

滋賀の名峰伊吹山(北陸本線)

20191106000641036.jpeg
D51200+12系5B 北陸本線 虎姫〜河毛 2019.10.20

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

伊吹山 標高1,377m
滋賀県最高峰で日本百名山のひとつ。滋賀県の東北部に位置し岐阜県との県境にある名峰。
右手の雑多感は否めないが、秋空、伊吹山そして緑の絨毯の如く色づく田畑の三層にD 51の牽く客レ
所謂、風景の中の汽車をモチーフに切り取ってみた。
もう少し白煙が棚引くイメージだったのだが…こればかりは致し方無しかな。


かつて嘉納治五郎先生は「戦わずして勝つ」と言う教えを説いたが
四人で臨んだ小今集落、各界の巨匠達と同じ土俵に立てば敵うわけもなく
屋根越しは滋賀の屋根とも言える伊吹山でと「戦わずして勝つ」の教えに徹してみたのだが…
どうにも普通すぎて罵詈雑言の雨霰を浴びそうです。


COMMENT 8

マイオ  2019, 11. 06 (Wed) 11:42

な、なんと・・・

なんか撮影直後のドヤ顔の印象と事前の盛りがすごくて、どんな「暴れん坊」な画
でくるかって勝手に期待してたら、予想外の「音無しの構え」でくるとは!

確かに、甍二段重ねやら、前進神社正攻法壁ドンやら、見え見え撮法が続く中、
残る写材は伊吹山イッケーしかないですねぇ。あえて集落に拘らずってね。
はい、一服の清涼剤を頂戴いたしました。ゴクゴク。プッハ~ってビールじゃないのよ。

ん?「音無しの構え」ってなんじゃいってか?
大人しいの構えに決まっとろうが!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 11. 06 (Wed) 12:44

マイオさん

コメントありがとうございます。
撮った直後にドヤ顔?はて?そんな記憶は本人的には無いのですが(撮影時の手応えが無かったので)そんな表情をしていたのなら
きっと無意識の内に威勢と言う虚勢で牽制していたのかも知れませんね〜まだまだ修行が足りませんね。
今回、ラウンド3と言うことでマイオさんに高辻さんまでもが加わり四つ巴ともなれば、こちらの戦法は今までとは違い大人しく、
地味に徹して皆さんの潰し合いを待つと宣言していたでは無いですか〜
こんなコメントがその証拠
今回は「置かれた場所でファイティングポーズ」って事でガードを固めて失点防止。あとは三巴の潰し合いをして頂きすり抜ける
名付けて「戦わずして勝つ!漁夫の利戦法」でお手並拝見とさせて貰いましょう〜
ほらね!有言実行です。この後の置かれた花地点でも、巨匠陽動作戦の貰い火地点でも姿勢は変わらず
今回はジミ〜にジミ〜にで、ペイジかヘンドリックスか。果ては大西なのか?
で、ジミーチュウって知ってるかなぁ…(笑)

Edit | Reply | 

koppel-2  2019, 11. 06 (Wed) 14:23

 ひぐま3号さま 最近 罐撮影はゆめ以外はご無沙汰です。
追いかけていればまだまだ現役感のある画が撮れるんですね。

まさか 伊吹山頂からの俯瞰は羊蹄山や谷川岳同様に鉄道写真の
部類ではありません。若かりし頃 赤岳石室から小海線を観た事が有りますが、135mmしかなかったし罐は終わってましたしで無謀な事はしませんでしたよ。

Edit | Reply | 

ぜっきあいず  2019, 11. 06 (Wed) 19:11

MCR賞

ガードを固めて失点防止・・・S1S2となかなか手堅いですね。でもこれは一見オーソドックスのように見えて、実はかなりのMCRだと思います。小今の集落やお堂という誰もが狙いたくなる題材を敢えて全く入れないという潔さ。ぜっきあいずもここで伊吹山を撮ったのは確か一度しかないと思います。ということで、自他共に認める偏屈が太鼓判を押すのですから、第2ステージのMCR賞確定です。

さて、次なるステージですが、新規参入組はおバカ北び対決にほとほと愛想を尽かしたとみえて、スペシャルゲストは既に打ち止め終了宣言。主賓はと言えば第4ステージ離脱宣言と風前の灯。斯くなる上は、見捨てられようが炎上しようが構わず、少なくともR3完結まではおバカ北び対決のパイオニアたる偏屈の双璧で一騎打ち?(それともR3終了を待たず空中分解?)

Edit | Reply | 

高辻烏丸  2019, 11. 06 (Wed) 19:34

集落内でどんな奇襲攻撃をしているのか興味津々でしたが、撮影後は南方から早々のご帰還。
ひょっとしたらこんな狙いかなと想像していました。

ここからの眺め、まさにこれしかないという構図でしょうか。
じゃまな工場を外せば伊吹山も外れてしまう、じゃまな電柱を外そうとすれば寄せ過ぎの画になってしまう。
どうしたらいいんだ、えぇ~い、もう全部入れてしまえ~ とか(笑)


Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 11. 06 (Wed) 21:18

koppel-2さん

コメントありがとうございます。
これで客車が旧客ならば今を行く現役風になるのですが12系だと、イベント色が濃く感じてしまいますね。
蒸機終焉時期にほんの少し12系運用があった様ですが印象度は全く持って復活運行時の客車ですから。
その12系を牽く秩父鉄道のパレオくん来年の運行は丸一年お休みだとか。
ここは一つ、武甲山の上からパレオくんをパチリって言うのもいいかもですが、丸山からのC623みたいな
最高のロケーションは得られないでしょうね。
伊吹山からの俯瞰、バックの琵琶湖が魅惑的で寒い季節に是非とも撮ってみたいものですが
今季はもう終わりで叶わぬ夢です。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 11. 06 (Wed) 21:32

ぜっきあいずさん

コメントありがとうございます。
え〜〜〜〜〜っ!何とも予想だしない「誉め殺し」作戦(笑)
皆さんこぞって、示し合せたかの如く筋書き通りのリアクションが無くって困っちゃいます。
罵詈雑言の雨霰を想定しての説法を用意していたのになぁ…
えっ?一説?いやいやここでは記しませんよ。
何せまだステージ2ですもの。とことん行きますステージ4までですから。
雨霰はこの先にもあり得ますんでね。

既にご開示為された巨匠も、脇差しのストックはありですので油断は出来ません。
ましてや主賓様は回避不参戦は口だけと見ていますので陽動作戦には騙されてはいけません。
で、首相は如何に?ステージ3で逃した女優を捕捉したと言う文鳥取材もあり
この鬩ぎ合い、ハイレベルな一戦となるのか?はたまた自己満足の傷の舐め合い戦となるのか?
沼田さん、軍司さん、目が離せませんね〜

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 11. 06 (Wed) 21:43

高辻烏丸さん

コメントありがとうございます。
仰せの通り!正しく開き直りの「集合写真」走り行く車までもゲスト参加です。
北側から下に降りぐるっと回って南側に出てきた際に眺めた景色が
思いの外、空と山と田畑の塩梅が良くってここに立った瞬間「いただきます」って入れ食いしちゃいました〜

ステージ3でススキを入れた回送を撮られておりますが、きっともう一台カメラは稼働していたのではございませんか?
何気に更新ネタとして登場させるのではと期待しております。

で、17日って北び設定無しなんですね。
今度の10日は行けないので北び運用離脱が確定のひぐま号、3日にパスせず行けば良かったと後悔なかです。

Edit | Reply |