fc2ブログ
2019_10
23
(Wed)06:00

帰還車慕情(東海道本線)

2019102220121469c.jpeg
EF651124+逆C571 東海道本線 近江八幡〜篠原 2019.09.22


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

偽りの看板VS横着者ラウンド2 ファイナルステージ
ラウンド2がまだ終わっていないと言う中で勃発的にラウンド3が始まってしまい
今更感が非常〜〜〜〜〜にある中ではございますがラウンド3のD51がなんぼのもんじゃと
麗しのC57による最終戦。

「芸のなさ」とチャンピオンに言わしめた前回と全く同じ立ち位置。
芸は無いが反省はあるって事で少々考えて前回のイメージとは真逆に組んでみた。

梅小路に戻る意味合いから帰還車慕情ってタイトルとしてみたのだが
これだけ稲穂を強調すると帰還車穂上とすべきだったかな?


さてさて、レンズ交換できる時間は十分に有り、しかも二度目と来たらチャンピオンはどう攻めるのか?
85mm f1.8の単焦点レンズを繰り出したチャンピオン勝負の一手は如何に?






COMMENT 6

マイオ  2019, 10. 23 (Wed) 11:41

先手必勝ですねぇ

チャンピオンがアップする前日にサクッと。矯めに矯めた、為にする?一手が
ずし~んと。これぞダブルクロスカウンター狙いか!

すでにラウンド3の開始ゴングも鳴る中、時間稼ぎは「漢」じゃないぜの
コールもそろそろ聞こえてきそうだ!笑わない「漢」ガッキーのお面もあるぞ!
(なんのこっちゃ)

さーて、コーナーに詰まったチャンピオン、起死回生の一手が出るのか?
10/24が勝負の日ですぞ!!!

Edit | Reply | 

koppel-2  2019, 10. 23 (Wed) 18:35

 ひぐま3号さま 前の駒が好みだっただけに連投完封は辛いとこではありますが、其処は蒸機鉄道写真の沢村賞を目指す勢いは感じますねぇ。

この場所で撮影シュミレ-ションを考えた時には、借景を空を撮るか・稲穂を撮るかの選択自分も無難にひぐまさんと同じ選択かなぁ 自分では最近出番がないMFレンズ プラナ-ならF1.4 FDですとF1.2の85mmのラインナップではありますがアダプタ-を介在してどんなレンズでもAFになるAXもお蔵入りの状況です。基本は単レンズなんですがめんどくささに負ける自分がいますねぇ この立ち位置でしたら 最良の選択では・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 10. 23 (Wed) 20:20

マイオさん

コメントありがとうございます。
ラストステージはもちろんKO目指してゴングと共にラッシュですわ。
チャンピオンのコークスクリューに被せてテンプルを一撃して
コーナーに戻って呟く…
「燃えたよ...。まっ白に...燃えつきた...。まっ白な灰に......。」
と、言ってラウンド3は不参戦ってどう?
えっ? 漢じゃ無い?おいおい、小林弘二は「俺は漢だ!」って言ってませんよ〜
そうだろう吉川くん、丹下くん!
♫サヨナラは誰に言う〜サヨナラは悲しみに…
と言う事でラウンド3はフェードアウトしちゃいますよ〜ん(笑)

Edit | Reply | 

ぜっきあいず  2019, 10. 23 (Wed) 20:24

フェイントの10.23

いつものように寝ぼけ眼で訪問させていただくと、ナ、なんとハチロクではなく北び画が!な、ぬぁにぃ~と一気に目が覚めてやっと気がつきました。まだラウンド2が終わっていないことを・・・
おー、それにしてもこの印象的な暗雲は、作戦会議後のあの土砂降りを思い起こさせるだけなのか、はたまたラウンド3の泥沼の戦いを暗示しているのか?意味深ですなぁ。で、もし力行することがわかっていたら・・・と悔しがっておられたのは、ひょっとしてもう少し天を入れた構図にということでしょうか?
因みにこの時のぜっきあいずの使用レンズは前回と全く同じ。前回は長過ぎるかなと思ったものの、もう行っちゃったと思い込んで構図を真剣に考えなかった結果の失敗。この時は時間があったので、少し冷静になって考え直してみると結局は同じタマでOKだったというお粗末でしたぁ~。(笑)

んっ?時間稼ぎ?コーナーに詰まった?起死回生の一手?10/24が勝負の日?
「皆さん。こんなことを言う人たちに、私は負けるわけにはいかない!品格あるR60蒸機ブロガーを名乗らせるわけにはいかないじゃありませんか!」(爆)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 10. 23 (Wed) 20:41

Koppel-2さん

コメントありがとうございます。
鉄人稲尾を超えた平井のように連投連投また連投と毎日更新していた頃よりは
水曜日の漢、もとい水曜日の男は週一運用で引退前ローテは山本昌を超えるのが目標です(笑)
さて、連投ともなると緩急、高低、内外角、落とすか曲げるかと手練手管の画作りが求められ
この日は何とかかんとか責任投球回数5回まで打たせて取るピッチング。
ここは縦に落ちる稲フォークで勝負してみた次第です。
前回はスカッと青空、今回はどんより曇天、どんな光の下でも160キロ超える手元でホイップする様な画を撮ってみたいものです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 10. 23 (Wed) 21:02

ぜっきあいずさん

コメントありがとうございます。
先日はお疲れ様でした。四つ巴だなんてけしかけるから血気盛んな面々は既に先手必勝だのストレッチだのって先行中。
そんな中、最後まできっちり勝負をつけてから進まねば気持ちの悪さが残りますもんでね。
このシーン、前回はスッキリ青空の下で明るくポップに「まだ行ってなかった〜ラッキー!」感を表し
今回はどんより曇天の下で物悲しくヘビーに「これで関西では見納めか〜山口にも行くからな」感を込めての画作り
煙があった事に悔やんだのは引きすぎたかなとの思いからでしたが、バランス的にはこんなもんでしょうと納得です。
こちらは望遠ズームから広角ズームへの大幅スイッチでのレンズワークでしたので単焦点使いにはチョイと羨望です。

赤ペン先生談
これこれぜっき君、時間稼ぎ?コーナーに詰まった?起死回生の一手?10/24が勝負の日?「皆さん。こんなことを言う人たちにとあるが、
これ一人のご意見につき「人たち」の表現はペケ!
この場合「皆さん。こんなことを言う人に私は負けるわけにはいかない!」が正解ですよ。
R60も60age overと記して欲しいなぁ〜何で?だって赤ペン先生まだ59なもんでね(笑)

Edit | Reply |