fc2ブログ
2019_06
03
(Mon)00:00

暮色蒼然たる惣郷川橋梁(山陰線)


キハ40形2連 山陰線 宇田郷〜須佐 2019.05.25

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF28-70mm f/2.8L USM

西の空から陽が傾き出し夕刻の時を迎えると
惣郷界隈は夜の帳が下り始める



COMMENT 8

タブレット  2019, 06. 03 (Mon) 10:24

あっ やっぱり まっすぐには宿には行ってなかったんですね(笑)

新鮮です いろんな惣郷橋梁の風景みてきましたが
水がはいった田んぼの風景ははじめてみた思います
こうなると夕陽は要りませんね
空と田んぼのオレンジ色があればじゅうぶん
故郷を感じるこれ以上の情緒ある夕景はないなぁ

さっそく ・・・ 真似をしに 2時間30分 走ろうかな(笑)
こないだと同じ場所からファインダー覗いてるんですか?
もうやぶ蚊がブンブンしてましたか?

あああ はやく ゆきた~い(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 06. 04 (Tue) 01:34

タブレットさん

コメントありがとうございます。
週間天気予報が出て土曜日が晴れると判った瞬間から心は惣郷へまっしぐら
往路のやまぐち号撮りはスーパー田代の尾根歩きで脱水症状を起こそうが
復路の57俯瞰直登で脚がパンパンになっても行きます目指しますって
恰もSL撮りよりここでのDC撮りがメインかと言わんばかりに行っちゃいました〜
この一本前の黄金波をレリーズトラブルで撮り逃がし、ならばとばかりに神がくれた
水田夕空写しを美味しく頂きました。
あのポジションですので是非是非行ってみて下さい。
今回は脚立なしです。一番奥に上がりました。そうそうヤブ蚊が煩いの何の、
ボーっとしていたら右手甲に吸い付いていて一撃しましたが
右手を食われそうになるってどんだけボーっとしているのやらと
我ながら呆れております(笑)
で、翌朝、再度この地に向かい朝練タラコ三本頂きましたと言うとタブレットさんに呆れられますよね〜

Edit | Reply | 

koppel-2  2019, 06. 04 (Tue) 09:35

 ひぐま3号さま 見事ですねぇ 熱盛! 札幌市内で熊が徘徊していると云うニュ-ス映像は観ましたが、それはそれで… 蒸機時代でも観た事無ない構図ですよ。もう一人のくまさんも早く元気になって復活協調運転して貰いたいです。根室線といい、この場所と云い 煙がなくとも朝夕の名場面です。『美の概念は好きなものの中に存在する』に当てはまります。これは自分達 鉄道研で言っていた言葉です。軽便好きな我々には『撮るのはボロでも乗るのはサロだよ』なんてのもありますけど、後者は余り実現出来ていないですよ。

Edit | Reply | 

マイオ  2019, 06. 04 (Tue) 11:16

昔しか知らないもので

最初に須佐といわれてピンとこなかったのですが、
そうでした。宇田郷の駅から近い惣郷川橋梁。集落の名前も惣郷。

2連や単行DCしかないのですよね、それも少ない本数で。

D51牽引貨物やDD51牽引客レが走っていたら、こういう撮り方は難しかった・・・
それと、当時から超有名撮影地で、いささか敬遠してたところもありまして。
(SL撮影地ガイドには必ず登場)
けれども、21世紀の鉄はこうなんだ! 
山口もプラスアルファの朝練夕練で盛り上がりますね。

ここも行ってみたいし、玉江・三見・飯井も、岡見・鎌手も行ってみたいですね~
後者は朝練夕練では無理ですが。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 06. 04 (Tue) 23:00

Koppel-2さん

コメントありがとうございます。
過分なお褒めを頂き恐縮です。メインは蒸機撮りなのに釧路では夕練に音尺、朝練には厚岸へと。
これまた西に向かえば夕練、朝練ともにここ惣郷に嵌っちゃいまして特にこの時間の夕日、夕空コラボ
流石にここでの朝練には朝日絡めはしませんが、朝夕の陽の光はいい素材ですね、
写真は光と影の芸術と言われるだけあってオレンジ色を絡めるとどんな駄作でも秀作ぽくしてしまうから
この魔法の味に中毒中です〜(笑)
>『美の概念は好きなものの中に存在する』
いい言葉ですね!正しくと思います。ただ、周りの評価は「アバタもえくぼ」とか
「ダテ食う虫も好き好き」とか言うのは何故でしょうね?
そうそう、昨日今日とで札幌に行ってきましたが人しか歩いていませんでした〜(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 06. 04 (Tue) 23:02

マイオさん

コメントありがとうございます。
徳佐から約40km、車で40分の距離で行けちゃうとなると行かない手はないでしょうとばかりに夕練設定
そのSL撮影ガイドでかつて見たコンクリ橋をまさかDCを撮りに訪れるとは当時の少年は思いもよらずであり
こうして行ってみて「やっぱ聞きしに勝る」とはこの事だと実感、すっかりハマってます。
>21世紀の鉄はこうなんだ!
この言葉、いい響きですね!そんな一枚が撮れて嬉しい限りです。
翌日朝練としてこの地を再訪し「朝ごはんはタラコでおかわり三杯」でした。
是非、お越しくださいませ。
正規代理店ひぐまツアーズが主催させて頂きますので。

Edit | Reply | 

広ヒロ  2019, 06. 08 (Sat) 16:07

水田の夕焼け

タブさんも言われるように、ここでの水田は小生も撮ったことないんですよね。
海は波のせいで奇麗に焼けることないですが、田んぼはさすがにいい色出ますね。
お見事です!
これ見てすぐさまタブさんは行かれたようですが、小生も近々行ってみようかなと…

次回の山口の朝練は、サンタマかな?青浦かな?
サンタマはタラコ三昧ですが、青浦(益田-浜田)のタラコは無くなったのが残念ですが。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2019, 06. 09 (Sun) 13:16

広ヒロさん

コメントありがとうございます。
今回の夕練、時刻的に夕陽被りは不可でも波間がゴールドになる事を想定しての惣郷行き
余裕で着いたので17時半の列車から撮れ、二本目からあの立ち位置へ。
一番波間が輝くキハ120をレリーズトラブルで撮り逃がしガッカリしていたら見る見るうちに
水田が夕陽に染まり出しての頂きますでした〜
ただ、手前にある照明灯がチョットお邪魔気味、暗くなると灯るもので脚立利用で立ち位置を変えればクリア出来るのではと思うところです。
お二人の作品、楽しみにしておりますね!

次の山口行きでは朝練にサンタマのタラコ三昧をと考えております。

Edit | Reply |