2018_02
14
(Wed)06:00

Nostalgia view (釧網線)

20180213084745c49.jpeg
逆C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 標茶~茅沼 2018.02.10

半世紀近く前、北辺のローカル線ではキューロク達が一日一往復の貨物列車を牽いていた。
そんな光景を見て育だつも稚き時のことゆえロクな写真が残っていない。

ここ釧網線の茅沼以北は我が心の原風景と変わらぬ眺めがあり
昔年のおもかげを求めてみた。


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark Ⅲ
レンズ EF28-70mm f/2.8L USM

ここではググッと引き寄せた人煙の情景を楽しむ人と三者三様の切り口
見比べてみると個性が見えるものですね。

引き画で狙ったNostalgia viewに心はすっかりあの当時のティーンズになるも
足腰は悲鳴をあげてアラ還と言う現実の時を知らしめるばかりであった。



Nostalgia viewと言うことでモノクロ仕上げとしてみましたがオリジナルのカラー版もどうぞ。

20180210-5O5A9350.jpg

COMMENT 6

マイオ  2018, 02. 14 (Wed) 08:19

なるほど

手前に引き寄せた絵があっても使えない、の意味がわかりました。左に木を入れてたのね。
確かに期せずして三者三様のアップとなりましたね。リンクいただきありがとうございます。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2018, 02. 14 (Wed) 12:42

マイオさん

コメントありがとうございます。

罐位置を右上にするこの構図、登る前からイメージしていたものでバランス重視の関係上
この一点配置限定の画創りでした~
本人的には、数年前からここに立てばこうなるだろうと思っていただけに念願が叶い大満足です。

初湿原号、いや生涯初根釧地区となったマイオさんにはサルボもサルルンもコッタロも新旧夢が丘にも行かない
定番外しのオールマイナー立ち位置めぐりは酷だったかなぁ~と思うところですが
4立ち位置すべて我ら3人だけってことで誰に気遣うことなくワイワイガヤガヤ楽したのを良しとしていただければ
企画した甲斐がございます。次もまたマイナーめぐりで出かけましょうね!

Edit | Reply | 

こあらま  2018, 02. 14 (Wed) 23:15

今回も一票

御三方の作品を拝見させていただきました。
今回も、冬木立の繊細さが表現されている、ひぐまさんに一票です。隠れひぐまファンですから。
この写真はモノクロの方がいいですね。後からカラーを見ると、緑が煩い感じです。
線路の曲がりは、五十石の駅跡だったんですか。昔、御三方が登られた丘が背景の写真を撮りました。
こうして、道内の駅が次々と消えていくのも寂しいものです。
釧網線も花咲線も、冬の観光路線として、生き延びて欲しいものです。

Edit | Reply | 

ねこ  2018, 02. 14 (Wed) 23:51

おぉ〜ほんとうに現役のような雰囲気の画ですね!
遠景も近景も20世紀から変わらぬ風景。

罐を引きつけなかったことで逆向とか14系客車とか余計なことから逃れましたね。
きっともう1台でがっつり寄せたFeel the Powerも撮っていることでしょう。
その画も楽しみにしてますよー

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2018, 02. 15 (Thu) 10:29

こあらまさん

こあらまさんコメントありがとうございます。
清き一票もありがとうございます。隠れですか?こうして記すと公言ですけど〜(笑)
今回立ったこの丘陵をバックにして走る湿原号を何度か対岸の丘陵地帯にある牧草地(もっとも冬場だけに雪原ですけど)から撮る際に、あそこに登れば五十石の駅界隈が抜けるだろうと目を付け数年、やっと今回行くことが出来ました。
昨年3月のダイヤ改正で廃駅となった五十石駅、今回行ってみると緩急車転用の駅舎は撤去され交換施設撤去に伴うレールのくねりとそこに面した短なホームだけがここに駅があったことを表していました。
過疎化で利用者が居なくなる=必要性が無いから廃止すると言う負のスパイラルは北辺のローカル線にとって避けられない状況、その行く末が路線そのものの廃止ですので地域住民の足的な存在は元より、全国各地から来て乗って貰える工夫を自治体もJRも、そして乗りに来てくれるであろう対象顧客の三位一体で取り組んで欲しいものですね。その取り組みの一つが観光路線化でもありこうした蒸機運行であると思うのですが長期的な展望が無いのが(あっても廃止をあるべき姿としているような経営姿勢)元凶でしょうね。
また清き一票が得られるように精進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2018, 02. 15 (Thu) 10:31

ねこさん

コメントありがとうございます。
でしょう〜このイメージはこの界隈を散策した数年前から抱いていたのですが
なかなか実現せずでしたので、今回満場一致で可決され実現できたことに感謝です。
満を持してからか罐もいい煙で応えてくれたのも嬉しい限りです。
逆向、14系等から逃げてこっちは成功しましたが、もう一台はこんなに煙が出ることを想定せず
実に中途半端に逃がしを加えた構図となり、fool the powerの出来と相成りました〜(汗)

Edit | Reply |