2016_09
    21
    (Wed)07:00

    稲刈りの日 (山口線)

    20160911-5O5A4244.jpg
    C571+12系改5B 山口線 長門峡~篠目 2016.09.11(許可を得ての立ち入り撮影)

    米はその字の通り八十八の手間暇をかけると言う
    収穫してからのもう一手間ともいえるのが稲架掛けと呼ばれる稲の天日干し
    こうして吊るして天日で干すことでアミノ酸と糖の含量が高くなり藁の油分や栄養分、
    甘みが米に届き旨味を増すという。
    この日、朝から刈取りが始まりやまぐち号が新山口へ向かう時間には
    黄金色の田圃の季節が秋へと装いを変えていた。

    タイトルの「稲刈りの日」は高辻烏丸さんの記事から頂戴いたしました。

    使用機材
    カメラ Canon EOS 5D Mark III
    レンズ EF24-105mm f/4L IS USM

    C57の陰に数名の撮影者たちが居る、きっと追っかけして来て長門峡駅で追い越しての撮影であろう
    沿線唯一と言っても過言じゃないこの稲架掛けを絡めずに正面狙いですかねぇ
    もう一手間かけて美味しく頂くのがいいかと・・・言わぬが花かな。

    COMMENT 6

    マイオ  2016, 09. 21 (Wed) 08:08

    いいですね

    稲架はただでさえ貴重な光景。来年も掛ける保証もないですし。しかもこの時期限定ですから、復活蒸気より貴重な存在。しっかりゲットされて幸いです。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2016, 09. 21 (Wed) 17:56

    マイオさん

    コメントありがとうございます。

    山口沿線でのこういった光景は見られなくなって来たらしくここを逃してはいけないってことで
    撮りに出た次第です。当初は返しをここ一発で行こうかって感じでしたがついつい欲が出て
    津和野まで行って黄色い棚田を絡めてワンショット頂いた上でここに戻ってのパチリです。

    このすぐ傍に彼岸花が木立の中に咲いていてスポットライトの木漏れ日がいい感じでしたが
    「待てよ、3時間後にもスポットライトになっているとは限らんな」と稲架掛けを選択
    案の定、曇ってしまいましたので選択は正しくも、曇った分だけ稲架掛けも寒くなっちゃいました~

    Edit | Reply | 

    あべくま  2016, 09. 22 (Thu) 07:32

    はざ掛け

    ハザの向こうを走る汽車。
    秋の何気ない風景ですが、昨今はなかなか見る事が少なくなりました。
    ハザの形状は場所によって様々で、この違いを見るのも楽しみなのですが、ここのハザは見事ですね。
    この場所を選んだのは流石です。これを見逃すとは、追っ掛け組の人も迂闊ですねぇ(^^ゞ
    まぁ追っ掛け専門の私が言うのも変ですが、追っ掛け組の人はせっかくの季節感有る写材を無視して、何処でも撮れる正面ドカンばかり狙いがちなのが困りものです。(笑)

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2016, 09. 22 (Thu) 17:08

    あべくまさん

    コメントありがとうございます。

    稲作の減反、労力不足を補う機械化から乾燥機の導入と農業を取り巻く環境が変わりつつ
    それに比例して古来からの風情ある農村風景も、その風情が消えつつありますね。
    ましてや汽車の走りと絡められるとなれ、これはもう希少な状況、
    それ故に今回は稲架掛けとC571の走りを組み合わせることができ幸運でした。
    因みに、この稲架掛け、太い竹を使った伝統的な組み方でした。

    追っかけ…
    実は斯く言う私も追っかけてここにやって来ました。と言うか当初はここ一本でロケハンし
    構図も決めて待ちが2時間以上ってことで、それなら津和野で一枚撮って来てもいいかと思いましてね
    数撮る事を目的としたら追っかけはいい手段ですので有効活用は辞さずですが
    先にメインでプラスおまけとするか、次にどう撮るかのイメージがあっての移動に限っての手段としています。

    Edit | Reply | 

    高辻烏丸  2016, 09. 23 (Fri) 22:38

    長く連なる稲架掛け風景、この高さからの眺めがいいですね。
    また煙や稲架掛けの何本もの平行線デザイン、計算通りだったのでしょうか。

    稲刈りシリーズでのリンクありがとうございました。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2016, 09. 24 (Sat) 12:00

    高辻烏丸さん

    コメントありがとうございます。

    米どころの阿東路、意外なことに稲架掛けを行なうことが減ったらしく
    線路と絡むところは殆ど無くなったとか。
    そんな中で唯一的な存在がこの稲架掛け。どう撮るかあっちにこっちにと立ち位置を変え
    道路の車が入らず、煙、列車、稲架掛けが並べばと思ってこの立ち位置を選択しました。
    ロケハン中はこの稲架掛けを作る農家の人達がいい感じで写り込み、最高のイメージとなるも
    それから3時間も経つと…人気無しでガッカリです。

    タイトル、またまた勝手に使わせて頂き失礼いたしました〜

    Edit | Reply |