2015_04
    07
    (Tue)08:00

    「さくら」語らう

    20150404-5O5A6750.jpg
    EF58150 C622 梅小路蒸気機関車館 2015.04.04

    C622   1948-05-20  日立製作所笠戸で落成後糸崎区を経由して宮原区へ
          東海道筋で特急「つばめ」「はと」そして「さくら」の牽引機として活躍
           1957-01-21  宮原区から小樽築港区へ
    EF58150 1958-03-11 東芝製作所で落成後宮原区に配属
          C62の後を受け特急「つばめ」「はと」そして「さくら」の牽引機として活躍

    この春、京都梅小路にて先輩と後輩が並んで語らいの時が訪れた。
    さくらの花が咲き誇る中でC62は臨時特急さくらを
    EF58は寝台特急さくらを思い浮かべて語らっているのだろうか?

    本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    この並びが撮りたいってことで訪れる方多いと聞く。
    まもなくEF58は京都鉄道博物館に搬入されると、もう並ばないだろうからねぇ~






    COMMENT 4

    くろくま  2015, 04. 08 (Wed) 22:32

    苦しい画……

    58ファンの方には至福の光景なのでしょうが
    蒸機バカのくろくまには通じません(笑)

    でもこういう横並びになるとC622がスマートに見えちゃうんですね。
    同じゲージで幹線を走っていた両機、今ではすっかりおじいさん。
    あれっ、EF58150は俺より若いぞぉ

    Edit | Reply | 

    まこべえ  2015, 04. 09 (Thu) 00:35

    えーーーーーーーーーーーーーーー!

    2号機とゴハチが並んでいたのですか。
    蒸気がいなくなってからは、ゴハチを追いかけていた自分にとって、この光景はぜひとも見ておきたかったあ!
    しかもちょうどこのころ梅小路の汽笛が聞こえるところで、毎日毎日仕事していたんですよ。
    汽笛が聞こえるたびに、心ここにあらずの状態でしたが、抜け出すわけにもいかず、じっと我慢していたのに、こんな光景を見てしまうと、なんともなんとも悔しい思いでいっぱい!
    あ~ またつばめに会いたいなあ。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2015, 04. 09 (Thu) 16:43

    くろくまさん

    58であろうが62であろうが梅小路って時点で
    通じないんじゃないのでは?な~んて思うところですがどうでしょう?

    で、確かにスマートに見えますね。不思議。不思議と言えば
    58を単体で見たら、これがまた均整の取れたスマートな機関車って
    思えるから人の目の感覚って解らないものです
    おっ、EF58150は俺の方が若いぞぉ

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2015, 04. 09 (Thu) 16:46

    まこべえさん

    京都でお仕事されていたのですね。近くにいたのならやはり残念な思いに
    刈られることでしょうね。結構前からここにEF58は留置されて居たようです
    確か3月24日に回送されて行ったと思いますからこの時点で2週間ですね
    ただ、C622との並びはいつから成っていたのかはわかりません。
    この時、稼働していた汽笛の主はC612。今日9日からC622にバトンタッチされましたから
    次は動くつばめに会え、汽笛の音色に一層の懐かしさを覚えられるのではありませんか

    Edit | Reply |