2015_04
04
(Sat)08:00

2429D(根室本線)


キハ40781+キハ401709 根室本線 尺別~音別 2429D 2014.02.23

滝川発09時36分 釧路着18時03分 308.4kmを約8時間半をかけて走る
現在日本で最長時間を走行する列車、それが2429Dである。
2月下旬の音尺、夕刻5時に陽が落ちる。

本日もご来訪ありがとうございます。

ご来訪の証しとでも言いましょうか、見たよ、来たよって感じで
下のバナー「国鉄型車両」「拍 手」などをクリック頂けると幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

COMMENT 2

くろくま  2015, 04. 04 (Sat) 21:37

きれいです

そうですか、滝川—釧路が最長時間列車になりましたか。
往時の「宗谷」は函館—稚内、「からまつ」は小樽—釧路でしたね。
308キロといえば東京から日光の往復ぐらい、
新幹線の時代になり、夜行が淘汰され、ふだんの列車がなくなったのね。

で、この音別、以前お話ししたことがあると思いますが、
昭和50年代に気になっていた車窓風景だったんです。
あの当時のキハ82やキハ56、キハ22で写してみたかったものです。
訪れようとしたころには、この区間は無煙化してましたからね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 04. 05 (Sun) 09:22

くろくまさん

罐のネタをどれにするか悩んでしまったので
久々に無煙ネタで急場を凌ぎました。
この2429D、滝川~釧路間運用ってかつてはDD51の客レも
422レ 釧路発07:56 滝川着18:04
425レ 滝川発05:44 釧路着13:41
この422レなんて10時間も要していたんですから
昔は、のんびりゆっくりだったようですよね。

この区間が脚光を浴び始めたのは「蒸機撮り」から「鉄道写真」へと
ジャンルが確立された頃でしょうか
そのせいかC58106+33のさよなら列車をここで撮ったと言う画が見られませんものね
この眺めで罐が白煙をオレンジに染めて来たら…そう思うと
虎の子となったC11171、湿原号の間合いでいいから走らせて欲しいものです。

Edit | Reply |