2015_03
03
(Tue)08:00

初舞台(東海道本線)

20150301-5O5A5308.jpg
EF651133+C571 東海道本線 野洲~篠原 2015.03.01

汽笛一声新橋を・・・と日本の鉄道の幕開けは東海道線から始まり既に142年
先月、開業時の汽罐車を撮影したが、その東海道線上では電車すら撮ったことが無いひぐま
ならばと、雨の中、送り込みの重単で東海道線上初舞台デビュー
神楽、田楽奉納の舞台であろう神社の舞台と掛け合わせでワンショット頂きました~


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

2か月半ぶりのC571対面、前赤凸の次は前青ロってか~被り物が好きな貴婦人なんだから~

COMMENT 8

汽車遺産  2015, 03. 03 (Tue) 09:39

先日は何度かコメント(ご教授)戴き有難うございます。凄い知識力にビックリしております。…相変わらず「眼の付け所」が違います~ね。今後とも宜しくお願いいたします。※ブログがまだ思うように出来なくて困っております(^○^) 

Edit | Reply | 

憂行写人  2015, 03. 03 (Tue) 16:26

バズーカ砲を振り回す印象が強い中以前から思っていましたが、ひぐまさんってやっぱりかなりの広角の遣い手ですね〜
到着から撮影まで15分程度のなか流石です。

Edit | Reply | 

くろくま  2015, 03. 03 (Tue) 18:54

よく見つけますね〜っ

カマ位置が絶妙です!!
お神楽で神事が催されていたら、、、
なんて無理ですよね(笑)

しばらくはH隊長、T二等兵、Yさんのブログで楽しませてもらいます。
(Yさん、いつ画像を掲出されるのか……)

Edit | Reply | 

高辻烏丸  2015, 03. 03 (Tue) 22:20

構図といいタイミングといい、架線柱の処理も含めて全てが計算通りに仕上がりましたね。タイトルも絶妙です。
瞬時にこういった場所を見つけだす動物的な嗅覚はさすが「ひぐま」たる所以?
このあたりは足を踏み入れたことのない場所ですが、探せばこんな魅力ある舞台、まだまだあるのかもしれませんね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 03. 03 (Tue) 22:28

汽車遺産さん

下手の横好きとでも言いましょうか、興味のあることにはついついのめっちゃうものでして
キ700は判ったのですが、荷物車は内部ではなかなか判別出来ずスルーしちゃいました。
多分マニ61か62だと思うのですが…
画の方も、これまた下手の横好き。なかなか技量は上達せずです。
まあ、好きこそものの上手なりって言葉を好き勝手に解釈しております(笑)
ブログは思いのままにが基本ですね。気の向くままが大切と思う今日この頃です。
どうぞ、汽車遺産さんにおかれましても「楽しんでください」「義務にならないように!」
ひぐまは最近後者なんで…

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 03. 03 (Tue) 22:32

憂行写人さん

長距離ヒッターのつもりですが、小技のバントも出来ねばってことで
結構、広角は好きで使いますね。特に平地で撮る際はまず広角でと言う視点です
なぜって?アハハ、構造がヒラメの目なんでワイドに見えちゃうんですてば~(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 03. 03 (Tue) 22:38

くろくまさん

ここは憂行写人さんのお勧めでやって参りました。
実のところ、この築堤の向こう側はお立ち台状態で結構な人出でしたが
こっち側は物好きが2名って、ひぐまと憂行さん。
雨が降っていなければ、寝ころんで舞台とレールを同じ高さに出来たのですが
流石にべちゃべちゃでしたからね、そこまで気合を入れませんでした~

ひぐま伍長、いつの間にやら出世しちゃいました~(笑)
Yさん、アップはまだ先かも?まずはきっととあるシーンだと…以下、Yさんのブログでチェック!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 03. 03 (Tue) 22:44

高辻烏丸さん

いえいえ、単なる偶然です。
ここに着いた時に、如何にこの舞台と絡めるかと言うイメージと
画面中央に三角形をどう作り出すかしか考えず、あとは汽車が来たら
野となれ山となれって感じでレリーズしての一枚です。
タイトルは仕事も適当に会社で一日中考えてました~(笑)

そうですね、近江ってやはり歴史のあるエリアですから民家や城址を含め
副題として利用できるものが沢山ありそうですね。
次の5月運行も楽しまなくちゃと思うところです。

Edit | Reply |