fc2ブログ
2015_02
09
(Mon)08:00

駅 STATION (只見線)

20081102-IMG_3971.jpg
C11325+旧客3B 只見線 会津柳津駅 2008.11.02

例え無線アンテナが有ろうが、大きな赤い反射板がついていようが
非電化ローカル線の鄙びた駅に停まる旧客のテールはいいものだ
ホームに佇む方々も地元のお年寄りか、日常ぽくてこれまたいいものだ


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

今夜もタイトルは健さんの映画から
銭函駅でED76が牽く旧客、いしだあゆみの敬礼シーンが印象的だったなぁ・・・


COMMENT 6

とおりすがりです  2015, 02. 09 (Mon) 19:14

あのー、私もこの駅でC11牽引の客車列車を撮ったんです。
その時はたしかに標識板は標識灯点灯でしたし、無線アンテナもありませんでした。
あとは客車が4両で、下り線と下りホームもありましたかね。
その撮影ののち、客車列車は早い時期にDC化され、この路線のカマ牽引は貨物列車だけになったんです。
晩年の撮影者大集中はその後でしたから、貨物列車の写真は数多見られど、旅客列車の写真は多く見られませんでした。

が、ある日を境に客車列車の写真は珍しくも何ともなくなりました。
それどころか、クォリティの低いただのアナログモノクロ写真になっちゃったんです。
あー、もう。

雪原の撮影、おつかれさまでした。

Edit | Reply | 

くろくま  2015, 02. 09 (Mon) 21:01

な〜るほど

こうしてアップで観てみるとスハフはいい面構えなんですね。
片窓、ベンチレター、ホロ、蒸機と似通った歴史が感じられます。
(おてもやんは要らないと思いますけど)

登場人物にも年季が感じられるのもいいですね。

Edit | Reply | 

こあらま  2015, 02. 09 (Mon) 21:01

魅力の後追い

いい感じです。小生はこういうのに目がありません。

スハフなのに更に反射板。何ででしょう。まあ、旧客の憂いのある後姿には違いない。
望遠の遠近感、被写体震度も絶妙。
妙に円蔵寺の赤い幟と年寄りが良く似合ってます。自分も爺さん一歩手前だと言うのに。
色々邪魔者も見えるが、なんのなんの全体の雰囲気は負けていません。
後追いは蒸気の特権です。前後同体のやつではこうはいきません。

それと、リンクをお願いしてもよろしいでしょうか?

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 02. 10 (Tue) 17:01

とおりすがりですさん

コメントありがとうございます。
なるほど、確かに現役時代客レが先にDC化されると罐牽きは貨物だけですものね
当時、巷に氾濫する貨物写真に対して「どうだ客レを撮っているんだぞ」と胸を張れた
優越感は理解できますね。
時は流れて復活運行では逆に客レオンリー機材も進化し機動力もあると来たらねぇ…
そうそう、C62が山線にカムバックした頃、目指せ現役超えって思いましたっけ。
ただ、所詮復活は「擬き」であってどう足掻いても「現役」を超えられません
復活ネタで構図も色もピンも露出もと全てがバッチリでも、
往時の思いが詰まったピンボケの一枚の方が
価値観が上だと思っているひぐまでした~えっ?言い訳かって?
はい、何せ我が現役モノはピンが甘くて甘くて(笑)

雪中徒歩は太腿の筋肉にきますねぇ~二日経ってもまだロボット歩行中で~すぅ

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 02. 10 (Tue) 17:04

くろくまさん

以前、モノクロでアップしたネタの別コマを天然色仕様でネタとしてみました。
昨今の復活蒸機牽引の箱(客車)が極めて困った状況になって来ましたね。
オリジナルの12系すら一端の旧客扱いですもの。
ばん物は上回り更新でリゾート列車だし、銀河はどう見たって気動車ですし
旧客の大家、大井川もトーマス仕様で色がねぇ…
非電化で旧客ってパターンは極めて重要な存在感となっていますので
この際、アンテナもおてもやんも我慢しなきゃですね。
真岡もスハフ44手に入れたんだから復線させて走らせるといいのにね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2015, 02. 10 (Tue) 17:06

こあらまさん

コメントありがとうございます。旧客はバックシャンですよね!
実のところこのネタを用いたきっかけは貴ブログ記事の駅停する客レのバックビューから

この時の撮影行き、深夜バスで若松目指し只見線の始発列車で柳津入り。
往路を柳津を見下ろすスキー場で撮ったあと温泉に入って復路の撮影
実は、端から発車シーンをバックビューで撮ろうと思って予定を組んだものでした
ホームに出てくる人や駅の雰囲気など狙い通りで満足した記憶がありますが
撮ってすぐの頃は赤い幟と反射板が気になりモノクロ変換して仕上げたものです。
時が流れ、細かなことに拘っても仕方がないと悟り(ホントは開き直りですが・笑)
今回はカラーで仕上げてみた次第です。

リンクの件、ありがとうございます。早速、こちらも貼らせて頂きました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

Edit | Reply |