2014_12
25
(Thu)08:00

鳥居の向こうに(山口線)

20141221-5O5A3989.jpg
DD511043+C571+12系改3B 山口線 津和野~船平山 2014.12.21

旧い石段を登り鳥居をくぐって辿り着いた鄙びた神社の境内
振り向くと太皷谷稲荷が見える
小雪舞う津和野の小さな盆地に汽笛が響き渡ると
鳥居の向こうに汽車が駆け抜けた



本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

前に付く赤い凸を燈籠と鳥居で隠す、これぞ神憑り。な~んてね(笑)

COMMENT 10

憂行写人  2014, 12. 25 (Thu) 08:06

おっ
いいですね〜GJ!!

Edit | Reply | 

ぎんちゃん  2014, 12. 25 (Thu) 08:59

難易度高っ!
ひぐちゃんはたかみ派から
神社仏閣地蔵派に転換されたんですね
寂しいなぁ(^^)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 12. 25 (Thu) 12:24

憂行写人さん

ど~もですぅ~m(__)m
お天気は悪いし前赤凸付ですからすっかり戦意喪失で遊んじゃいましたよ。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 12. 25 (Thu) 12:36

ぎんちゃん

今ねぇ~西の方で密かなブームなのが神社仏閣系絡み撮り
夏以降、西の人となった身としては「郷に入っては郷に従え」ってことで
ブームに便乗中です~
なんて、実のところ「北び」では電車移動したので今後の様子見
「やまぐち」では悪天候と前赤凸付運用に遭遇してしまい高見を断念し
遊びに徹したまでですってば~でも、結構この仏閣系は嵌りますよ
ぎんちゃんも流行に乗ってみない?乗る訳ないかぁ~(笑)

Edit | Reply | 

マイオ  2014, 12. 25 (Thu) 22:23

あはは・・・

なるほどね。
前DL付きでこうきましたか!
注連縄がパンチが効いてます。
(やまだなりも参りました)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 12. 26 (Fri) 00:44

マイオさん

天気は悪いし、赤いの付くし散々な締め括り出撃
新幹線往復代金、宿泊費、それに2日間のレンタカー代ってかけた経費に見合うのは
質が望めないなら量でカバーってことで、貧乏人根性丸出しの二日間、画に人格出ちゃったかしらねぇ~(笑)

Edit | Reply | 

くろくま  2014, 12. 26 (Fri) 07:50

これが…

関西で流行の神社仏閣シリーズですね。
それにしても見事に瞬間を切り取られました。

前赤ブタ、ぼくだったら撮らずに帰っちゃうかも(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 12. 26 (Fri) 13:00

くろくまさん

はい、今や都の東西を問わずブームの兆候が(笑)
ここはひとつくろくまさんも参戦して遊んでくださいよぉ

しかし、今回のやまぐち行きは散々でした~
実のところ、今季で終わる「函館大沼クリスマスファンタジー」とどっちに行くか悩み
(何せ今流行のLCCを使えば関空~新千歳が一葉一枚!)
やっぱ、撮り納めはライトパシでしょう~って行くものの荒天&赤凸付
如何に前に付く赤凸を排除して(自然に見えるように)と構図組に難儀の連続でした
でも、ここの画、出し惜しみじゃないけどもう一台でワイドに撮った画の方が
雰囲気が出ていていい感じでした~(忘れた頃に上梓しますね)

Edit | Reply | 

高辻烏丸  2014, 12. 26 (Fri) 21:38

いい雰囲気です

神社が二つも入っているではないですか。
太鼓谷稲荷神社を筆頭に、津和野界隈には多くの神社があるようですね。
今度山口へ行く時は考えなきゃいけません。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 12. 27 (Sat) 09:02

高辻烏丸さん

前日に大皷谷稲荷の駐車場から津和野俯瞰を撮った際に見えた石段と鳥居が凄くいい雰囲気でして
雪降りとなった二日目、高見は不可とあらば、副題で遊べとばかりに、この無名な神社を訪れた次第です
今回のクリトレ運行、ATS発電器の不具合からDD51が前に付くと言う苦しい展開に
質より量を選択して追っかけ回し、冬の阿東路を往く蒸機牽引列車を頂いて参りました。
いい雰囲気の箇所は随所なるもそれを上手く纏める腕が無いもので画の出来はイマイチなのが辛いところです(笑)

Edit | Reply |