2014_12
    19
    (Fri)08:00

    人気者(函館本線)

    20110329-IMG_4735.jpg
    C623 函館本線 ニセコ 1995.10.10

    C623が現役を退いたのが1973.10 
    そして保存展示を経て本線復帰したのが1988.04 その間15年の歳月
    再びの眠りに就いたのが1995.11 既に19年の歳月が流れている
    その再びの眠りに就く前、残り数回の運行を残す身となったC62を惜しむように人が集う


     本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    この画がひぐまのC623ラストショット。とても近くで別れを告げる気力がありませんでした。


    COMMENT 2

    憂行写人  2014, 12. 19 (Fri) 08:12

    親しい人との別れのような切ない話ですね。
    ひぐまさんのC62-3号機への「愛」を感じます。
    各地で復活している蒸気機関車では癒されないものがある、そんな感じですね。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 12. 19 (Fri) 08:47

    憂行写人さん

    愛は盲目って言葉通りに山線へC623詣でが129日ですからねぇ~
    いわゆる「狂」の字がつくほどの愛でした~(笑)
    非電化、旧客編成、無装飾それでいてハドソン機と言う高純度レベルだったC62ニセコ
    当時は「最高峰レベルの運行を撮っているのだから他の復活機に興味なし」なんて思っていたものでしたが
    時が流れ、その最高峰が亡きあとは「煙」の出るものなら風呂屋の煙突でもいいってほどに(笑)
    この週末、非電化、ライトパシの走りで心満たして来ます~で、憂行写人さんは?

    Edit | Reply |