2014_10
    24
    (Fri)08:00

    残照に燃ゆる(函館本線)

    20141018-5O5A2038.jpg
    逆C11207+旧客4B+DE151520 函館本線 小沢~銀山

    C11のニセコ号を撮り出した2009年以降、この205Km付近を毎年さまざまな角度から撮り続けた
    特に2011年以降は1時間程遅いスジとなり夕日に燃える紅葉が狙えると張り切るも
    11年は9月の訪問で曇天、12年は10月に行き罐が夕日にギラるも紅葉にはなっておらず
    昨年はと言えば黄葉にはなっているも色づきイマイチで曇天と思いは叶わずと鬼門みたいな狙い

    そしてラストチャンスの今年・・・
    木々の色づきは今がピークと言わんばかり、それで雲一つなく西日が注ぐ中でスタンバイ
    神様ったら紅葉を照らす陽で心高揚させておいて、汽車が来る寸前で山影を忍ばせるんだものなぁ~
    まあ、汽車はギラる事無くも紅葉は燃え燃えってことで良しとしましょうかね。


    本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    汽車がギラなかったと嘆くなんて贅沢かしらねぇ?
    これだけの眺めの中を往く汽車を撮れたことに感謝しなきゃだよねぇ~

    COMMENT 2

    まこべえ  2014, 10. 25 (Sat) 18:37

    想い出多き峠道。
    その風景は、いつも緑か、白銀だった。
    一度で良いから、燃える秋の風景のなかで、104レを撮りたかったなあ。
    中学生には、学校をサボるしかなかったので、あきらめざるをえなかったが、紅葉につつまれて走る104レ、雪の重連とは違った素晴らしい世界だったろうなあ。
    その峠道から、ついにカマが消える。
    時代の流れとはいえ、やがて鉄路まで消えてしまうとあらば、もう寂しい限り。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 10. 26 (Sun) 22:27

    まこべえさん

    春休み、夏休み、そして冬休みって言うのは学生時代の特権的な長期休みでしたが
    秋休みってありませんでしたからねぇ~
    そう考えると確かに紅葉にそまるニセコ路は大学生か社会人の方しかチャンスは無い訳ですものね
    ここを再びの走りとなったC62を撮れたのも地元だったことと、社会人となり車を操れていたからでした
    思い入れのある路線だけに6年間、秋にはニセコってことで通ったけれど
    これで最後かと思うと感傷的になってレリーズしてました。最後の最後に願いが叶い燃える紅葉が
    撮れたことに感謝です。北海道新幹線の札幌延伸時に第三セクターで残る率はまず見込めませんので
    寂しい限りです。

    Edit | Reply |