2014_07
    12
    (Sat)16:37

    207 Forever

    20140222-5O5A6055.jpg

    7月に苗穂工場へ検査入場するはずだったC11207号機
    その苗穂工場での検査スケジュールが突如撤回され検査を受けさせないこととなった。
    今年11月までの検査期限は残るものの既に運用の予定も無くこれは事実上の廃車処分。

    207号機への惜別と感謝の気持ちで記事を纏めてみました。




    君と初めて遇ったのは・・・
    20091117-IMG_7906.jpg
    1974年の5月 修学旅行で函館に向かう急行すずらんの車窓からだった。
    前年の73年秋に二つ目C11の本場、日高本線の無煙化がなされ
    二つ目ライト装備の207号機は長万部へ210号機は小牛田へ転属となり
    瀬棚線と石巻線でその走りが見られることとなったが、隣の国だった日高にも行けぬ
    厨房の身であったひぐまには、瀬棚も石巻も海外みたいな存在であり
    この一瞬の邂逅が現役207号機との最初で最後の対面であった。

    時は流れ、次に207号機と対面したのは11年後の85年夏
    日高本線時代の故郷である静内町で静態保存されている姿であった
    何枚かの写真を撮ったものの今は何処へか行方不明となり当時を偲ぶものは無い
    ただ、未だに鮮明に覚えているのは
    「こんなに綺麗に整備されての保存ならいつかは走って欲しいなぁ~」と言う感慨
    まだ、C623を始め多くの静態保存機からの復活が為される前の話で、ホント夢みたいなものだっった。

    そして十数年の後、NHKの連続ドラマ「すずらん」が縁でC11171が復活を遂げ活躍し始めると
    人気に乗じたのか、まさかの207号機の復活。
    もっとも自分自身がすっかり罐撮りを終焉させた時期での復活にて重い腰は上がらなかったのだが
    ひぐま自身が再び、いや三度の罐撮り活動に復活し2009年から今年までの6年間で
    5路線6区間18撮影日207号機を被写体としてカメラに収めることが出来た。

    復活初対面は・・・美瑛の丘
    20090607-IMG_6040.jpg

    以降、道内各地の

    海に・・・
    20120701-IMG_1903_20140712153935ccf.jpg


    山に・・・
    20130428-IMG_3252_20140712155404084.jpg


    湖に・・・
    20111211-IMG_8662.jpg


    そして川に・・・
    20140224-IMG_4647.jpg


    思い入れのある駅でも・・・
    20131013-IMG_0724.jpg

    君との出逢いがあった
    ありがとう207号機 君を撮ることが出来て幸せだったよ。



    本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    見納めは凍える湿原の向こうだった・・・
    20140224-5O5A6446.jpg


    画像・上から順に
    釧網線 五十石~茅沼 2014.02.22 湿原号
    長万部機関区 1974.05.15
    富良野線 美瑛~美馬牛 2009.06.07 フラノノロッコ号
    釧網線 知床斜里~止別 2012.07.01 オホーツク号
    函館本線 渡島大野~仁山 2013.04.28 函館大沼号
    函館本線 大沼公園~赤井川 2011.12.11 クリスマスファンタジー号
    釧網線 細岡~塘路 2014.02.24 湿原号
    函館本線 小沢 2014.10.13 ニセコ号
    釧網線 細岡~釧路湿原 2014.02.24 湿原号


    廃車後の処遇
    復活時の搬出の際、運用を終えたら静内町に返却すると言う取り決めがなされており
    基本的には静内町に返却されることとなる。したがって巷で聞く関東で復活などと言う話は
    現時点で正式に廃車後の処遇を静内町と協議していないので怪しい話である。

    また、さらに悲しい話であるが・・・
    171号機も次回の検査切れ時点で運用離脱となります、但し特別休車などであと4年は先の話
    特急の走らない路線、しかも釧路支社受け持ち管内となれば釧網線しか運用は無くなることになります

    J北からSL運行が消えるのは寂しい話ですが
    先般、放映されたTVドラマの野球部廃止と同等の意味合いです。
    鉄道会社として安全になおかつ民営化による利益体質も企業の務めですから
    プライオリティー上SL廃止も致し方ないものです。
    いつの日にか、C62、C11に次ぐ道内三度目の復活蒸機がなされることを夢みたいものです。



    COMMENT 6

    popoman  2014, 07. 14 (Mon) 05:43

    207

    39年ぶりに北海道で拝めた蒸機が171と207でした。

    今年3月、207が運用についていれば渡道を考えていたんですが、ぎりぎりになっても207の運用か分からず、渡道を諦めて釜石に行ったのが悔やまれます。

    修学旅行でよく207を撮られましたね。一瞬のことだったと思います。

    その後の207の活躍は奇跡ですねぇ、でもサヨナラ運転もなくあまりにもあっけない幕引きでした。

    4年後171も引退なんですか、残念至極です。北の空に出向けば蒸機に必ず会えると思っていたのに。言葉も出ません。

    Edit | Reply | 

    くろくま  2014, 07. 14 (Mon) 18:27

    いやぁ、残念無念!

    長万部の機関区、そうそう、この角度で見えましたね。
    D51が屯しておりましたが、49.5には瀬棚線オンリーになっていたのかな?
    貴重な厨房写真のご開帳、ありがとうございます。

    >5路線6区間18撮影日207号機を被写体としてカメラに収めることが出来た……
    実に素晴らしい画像の数々です!
    バラエティに富んだ渾身の作品に目を奪われております。
    某巨大掲示板などでは歯止めがきかなくなったような207の情報が……
    でも、「ずっと」ってないんですよね。
    来たるべき出撃の日を待って、しばし静養してくれるといいなっ。

    そーいえば、ひぐちゃんと現役・復活の両方を写したカマはコイツだけかな?

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 14 (Mon) 18:31

    popomanさん

    元々、台枠板バネに難のある罐で、軸発熱が絶えずいつかはと思っていましたが
    まさか、経営的見地からの廃止がいとも簡単に為されるなんて驚きでした。
    171も最大4年はもつ可能性があると言うだけで、故障次第では即廃止もあり得ます。
    客車も旧客のニセコ編成が余剰となり、これは東が買い戻しする可能性が高いですね。
    207はフラノ牽引後、検査入場となる流れでしたから大沼には行かずにてスケジュール無しでしたから
    さよなら運行無しも止むを得ない流れなんでしょうね。
    本気運行の釧網線がとりあえず残ったことに感謝して、年明けに何度行けるか
    計画してみたいものです。皆で楽しく見納めに行きますかねぇ〜

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 14 (Mon) 19:46

    くろくまさん

    はい、いい存在感のある扇形庫でしたが、この時は既にD51は墜ちてしまい廃車体が数両留置されていました。
    既にDD16も届いていてカウントダウン状況だったみたいなころです。

    掲示板のカキコ。火のない所に煙は立たぬと言いますから多少の期待感もあっていいのかなと思うも
    希望的観測も加わった情報もあり定かじゃありませんからねぇ~
    まあ、171がこの秋のニセコと来年の湿原を牽くのはありますから、置いて来たものを取り返しに行く
    チャンスはまだありますからね(笑)

    ん?なるほど、そう言や現役を見たのはC11だと171、207、227だけだから、そうなりますね!

    Edit | Reply | 

    岬めぐり  2014, 07. 14 (Mon) 22:59

    “湖に”の光景を自分の目でも見てみたいと今度の冬に行こうと考えてた矢先の今回の発表。

    明日から嫁さんと道央観光の予定なのですがどう言いくるめるかを思案中。
    しかも天気予報は雨なんですよね・・・。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 15 (Tue) 13:01

    岬めぐりさん

    秋臨の発表があったニセコすら運行が危うい噂が出ており(来年は100%無しですが)
    まだ、臨の話すら出ていないXmasファンタジー号は今季無しの目算がほぼ確定ですから
    日暮山からの罐眺めもこの夏が最終です。何を置いてでも(お嫁さんを札幌に置いてでも・笑)
    北海道まで行っているなら立ち寄るべきでしょうね。ただ、桐生から仙台へ行く位
    札幌~函館って距離があるんですけどね~雨?大丈夫。週間予報は雨マーク無いですよ~

    Edit | Reply |