2014_07
    01
    (Tue)17:00

    最上川雨情(羽越線)


    C57180+12系改7B 羽越線 砂越~北余目 2014.06.29

    夜半に降りだした雨が朝に上がり、これはラッキーと思うも
    列車通過10分前になって煙雨が視界を遮り出す。
    標高278mから6km先の眺めは流石に厳しくなり
    後は運を天に任せ、デジタルアイの解像力次第ってレリーズしてみた。



    本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    鳥海山、漁港、そして最上川・・・庄内満喫ってね!

    COMMENT 8

    AE86  2014, 07. 01 (Tue) 20:27

    おっと窓が開いている

    パッと見、北海道の湿原かと思いました。
    こんな画、見たこと無い。
    漁港に山に川、楽しませていただいております。

    Edit | Reply | 

    くろくま  2014, 07. 01 (Tue) 21:35

    らしい、画ですねっ!

    川の流れにつられての構図。
    条件の悪いなかでの画づくり……。

    こーゆー画を見るとアナログの優位性が見えてきたりす望遠系でのまとめ方、板についてきてますね。

    Edit | Reply | 

    マイオ  2014, 07. 01 (Tue) 22:25

    ちゃんと撮れてる

    普段の合焦がまったく役立たずの状況で、
    残念ながら鉄橋手前は捨てました・・・。
    でもここしか煙がなかったのね~。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 03 (Thu) 10:22

    AE86さん

    羽越詣でに乗じて開かずの間のご開帳です(笑)

    右端に白い構築物、鉄橋は上部トラス、そこに至る築堤には2つの鉄塔が串刺し存在
    前日の往路撮影で予行演習してのイメージ作りも雨とあっては…なんですが
    それ故に、ソフトフォーカスがかかり結果オーライですわ。

    更なる駄作開帳をしまっせ〜きっとゲップが出ると思うけどね(笑)

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 03 (Thu) 10:31

    くろくまさん

    2年前に、前日の往路にと2度の予行はこの抜きしか「最上川の蛇行」は纏められずの検証。
    2カメなんで、縦横絵作りはしておりますよ。
    流石に煙雨ですとデジタルは画面が粗れますね、こんな抜けは銀塩の滑らかさが欲しいところです。

    板についた?アハハ、カマボコになっちゃった気分です(笑)

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 03 (Thu) 10:41

    マイオさん

    このような状況下では
    ピント合わせはマニュアルで設定ですが、ファインダー画像ではなく
    ライブビュー機能で液晶モニター、しかも拡大させてのピン切りですよ。

    最上川橋梁前後の築堤は橋に向かって登りですからねぇ〜煙確定はここだけ
    あの時、鉄橋手前は捨てたとのお言葉、冗談だと思っていたのですが
    ホントだったのですねぇ〜男前だなぁ…

    Edit | Reply | 

    千葉の麻呂号  2014, 07. 04 (Fri) 22:14

     ひぐま様

     お久シューございます。
     やっぱり、あそこで、ま〜、直前まで絶好調でしたが、こんなもんでしょう状態に。
     
     すわっ、下界へ移動かと思いきや、粘ってらしたのですね。
     
     こちらも、粘って沈状態でした。

     その後遭遇できませんでした、次回は出張途中のひぐまさんと、陸西でお会いできること、楽しみにしています。

     後でわかりましたが、もうお一方はマイオさんでしたか?
     次回は、ご紹介していただけるよう、早めに到着します。
     では、7月6日のご健闘をお祈りいたします。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2014, 07. 05 (Sat) 19:15

    千葉の麻呂号さん

    一昨年前まではあっちでこっちでと山ん中邂逅でしたが、昨年は年末に1度っきり
    今年は如何にと思ったら、半年経過での遭遇となりましたね~

    10分前までは何とか見通せていた彼の地、煙雨となり出した時に「運を天に」って開き直りでしたよ。
    この後の移動時には土砂降りになりましたが、午後は晴れとなりましたね。
    麻呂号さんは首尾良く行きましたか?ご家族とのドライブともなれば制限いっぱいだったのでしょうかね?

    陸西…ここの立ち位置より良さげの高見があったので行くならそっちかも?
    9月となれば稲穂が黄金カラーで楽しめそうですね!

    今回は変則トリオにて隊長ではなくマイオさんが長として参加でした。
    何の長?それは長老ってことで(笑)ご紹介できず残念でした。次にはご紹介申し上げますね。

    明日不参加なのかな? 久々の大熊猫隊で出撃予定ですよ~

    Edit | Reply |