fc2ブログ
2014_03
25
(Tue)10:00

中世墳墓から見た似非昔日(羽越線)

20140322-5O5A7062.jpg
C57180+旧客 羽越線 坂町~平木田 2014.03.22

古来「村上山」と呼ばれた標高38.6mの丘陵
昭和29年、開墾によって宝篋印塔相輪、珠洲焼骨蔵器が掘り出され
14世紀後半から15世紀代の中世墳墓であることが判明し
奥山庄城館遺跡と指定され頂上部にはいくつかの五輪塔が復元されている
そんな遺跡の小さなお山からプチっとC57の走りを垣間見てみた
西日に輝く白煙により半世紀近く前の日常が再現されて見えたように思えた


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

S山から頂上からここまで約7km程か
久しぶりにテクテクとロングの歩き、風の冷たいこと芯まで冷えたのに
撮った画がこれじゃねぇ…
誰です、骨折り損のくたびれ儲けだなんて言う人。冷たい風以上に心にしみるぜぇ~

COMMENT 8

せきけん  2014, 03. 25 (Tue) 10:15

いいですね〜現役時代のような写真、私、このテイスト大好きです。骨折って大儲け(笑)ではないでしょうか?

Edit | Reply | 

くろくま  2014, 03. 25 (Tue) 19:03

これまた

流れる白煙がしびれます。
高みに走った動物たちも、平地で汽車を追わねばワンパターンに陥ります。
そんな折、樹木や草原? でバランスをとる意識と行動にポチッ!
モノクロ仕上げが郷愁を誘います。

現役で写した虎杖浜あたりの風景を思い出してしまいました。

Edit | Reply | 

マイオ  2014, 03. 26 (Wed) 09:30

表現はさまざまに

高度感にあふれた俯瞰も魅力ですが、
「いつものあの汽車」的な画作りも好きです。
この画はけっこう冬の吉都線あたりの雰囲気を
出してくれてます。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 03. 26 (Wed) 16:39

せきけんさん

お褒めのコメントありがとうございます。
如何に、昔日の雰囲気を出す画に仕上げるかが、この時の狙いでしたので
そう受け止めて頂けると幸甚です。
骨折れで大儲け。線路手前の並行する道に車が被らずでしたから
正しく大儲けでした〜(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 03. 26 (Wed) 16:55

くろくまさん

往路で高見もリベンジ出来、復路も高見をと思うも霰で断念。
これはC57の旧客列車を昔日のイメージで撮れとの思し召しと判断し
一路、テクテクと田舎の小駅へ。
目指したのは四年前に高見した際に見えた中世の墳墓遺跡。
やや高い視線で墳墓の周りの湿地や田畑を手前に配して旧客列車のイベント色を排して
切り取ると言うイメージ画。
ほぼ、狙い通りに出来ました〜危なかったのは、二輪ライダーが罐と並走してファインダーに現れ
ライダーは駆け抜けてくれたので事なきを得ました。
HMを目立たなくする罐位置にひぐまの拘りを感じていただければ幸いです。
虎杖浜…う〜ん、行きたかったなぁ…トンネル飛び出した列車を撮ってみたかったものです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 03. 26 (Wed) 17:06

マイオさん

C57に旧客って10年に一度?って希少な組み合わせだけに
「往時らしさ」を求めてもみました。
そのらしさにマイオさんは吉都線をイメージして頂きありがたい限りです。
今年は高見も勿論いたしますが「今を生きる罐の日常」をも、主題にした画を
作って行きたいと思うところです。

Edit | Reply | 

あべくま  2014, 03. 26 (Wed) 22:59

素晴らしい!

C57に旧客で、まさに現役時代のイメージですね。
もっとも、私は鉄にはまったのがちょっと遅かったので、羽越線の客レはD51牽引が多くてC57を見たのはほんの数本だけですけど・・・(^^ゞ

で、写真の方ですが荒涼とした平原かと思ったら、線路の脇は田圃なんですね。
坂町~平木田でこんなところ有ったかなぁ・・・?と思って地図を見たら、何と三幸製菓の工場の横なんですね。
良く考えたら、右の木の間に見える踏切で先日後藤さんの貨物を撮っていました(笑)
線路際ばかりじゃなく、もうちょっと周りを見ないといけませんね。
今度羽越線に行ったら、この場所も行ってみようと思います。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2014, 03. 28 (Fri) 07:59

あべくまさん

はい、旧跡から旧客を撮るぞってことで4年前に高坪山手前の高原から
この抜けを高見しており、土地勘があったひぐまでした。
ダイヤなんか罐スジ以外全くわからずして、気を緩ませている時に限って
パーイチやゴトウさんの貨物が駆け抜けて行きました。
右手の木立で隠しておりますが、踏切脇には数人の線路端かぶりつき派の方がいましたよ

凄く分かり易い立ち位置です。全廃迫るパーイチでも狙ってみて下さいね。

Edit | Reply |