2013_10
22
(Tue)14:51

へそ曲りの影森(秩父鉄道)

群れずに。孤高に。俺だけの影森…

20131018-IMG_1016.jpg

20131018-IMG_1023.jpg

20131018-IMG_1028.jpg
C58363 秩父鉄道 浦山口~影森 2013.10.18

影森登りと言えば2つの跨線橋がお立ち台と化す
この日も勿論影森側の橋の上に大勢、二つ目の橋の下にも大勢
どうして群れる?見ず知らず同士が群れて同じ画を撮り合うのが楽しいか?

なんて言ってへそ曲りしても、お立ち台画の方がマシな結果になっていたりして…



本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

わざわざケーブルがある側で撮るか?って。
このケーブルがスパイスなんだよ。判らないかなぁ~
ペッパーケーブルよ! 

COMMENT 6

へそ曲がり同志  2013, 10. 22 (Tue) 15:27

いやーっ

そのお気持ち、よ~くわかります。
人と同じ画は撮りたくありません。
と・こ・ろ・が。
お立ち台って、人が群れるところには
ちゃーんと理由があります。
それは、「どんな人でもそれなりに」
撮れちゃうんです。
あはは。これもう、中坊時代から繰り返しってね。
いいのいいの、好きでやってんですから。

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 10. 22 (Tue) 18:27

流石です

相変わらずやってくれますなぁ。
以前、逆側はどうだろう? とうろついたことがありましたが、
駅から20分以内と時間が迫っており、パスしたダメクマです。
3枚目、秀逸ですねぇ。電化路線なのが悔しい感じです。
(1枚目もナイスショットだと思います)

漫然とお立ち台に向かった自分に、思わず「喝っ!」

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 10. 23 (Wed) 12:43

へそ曲がり同志さん

素早いコメントありがとうございました。
おバカといい、へそ曲がりといい、共感頂けておりますこと感謝致しております。
以前、我が知り合いにお立ち台専科の輩がおりましてね
氏曰く、誰もが悔しがるお立ち台No1を撮れば、そのお立ち台の覇者になれるって。
まあ、確かに理屈は通りますよね。この世界、何故か「模倣」趣向が多くありませんか?
立ち位置も、画の構図も…最初は真似からと言うのは理解できるのですが、そのままずっとと
言うのもねぇ〜写真は感性って人の感性のままじゃ没個性ですよね。
共感したもの同士、群れず、真似せずでお互いの道を貫きましょう〜

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 10. 23 (Wed) 13:26

くろくまさん

前回、橋の下からの撮影で逆側はどうかな?なんて思っていたものでして
今回、橋まで行ってみて人の多さに、こりゃ群れないぞと場所変えを決め
ならばとの思いでここに立ってみた次第です。
因みにここまで駅から約10分でした。

で、ここに立ち、目が行ったのが三枚目に写る武甲山の山肌。
これをどう入れた画を作るかと思った次第ですので三枚目をお褒め頂き嬉しい限りです。
ネタとしては、単品でこれを上梓すると他が塩漬けにまわることになると
真横なんかは使うに使えぬコマに成りかねないので、敢えて三枚おろしとしちゃいました〜
模倣ではない新たな視点の影森もいいものでしょ。

Edit | Reply | 

popoman  2013, 10. 23 (Wed) 15:54

そうなんですよねぇ
群れにいるとみーんなおんなじ写真撮ってどーすんだろ?
って思ってしまいます
そこにいる自分も嫌になってきます
3枚目の武甲山の背景の写真好きです
良い構成ですね
お立ち台からほんの少しずらしただけでもすっかり違う写真になることがありますよね
出来る限り群れたくないんですが・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 10. 24 (Thu) 09:17

popomanさん

へそ曲がりに共感ありがとうございます。
群れの中に入っちゃうと、楽しいはずの撮影が居心地の悪い妙に息苦しい
我慢の時になってしまいますよね。ロクに挨拶しない奴も多いし…
同じ群れでも、気心知れた面々での群れは、汽車が来るまでワイワイガヤガヤと
楽しさ二倍ってなるんですよ〜
昔聞いた名言に、お立ち台の前後に人知れぬ名所ありって言葉。
まあ、お立ち台界隈でも同じような画を撮らず工夫して個性を出せって意味でしょうが
正しくその通りですよね。

Edit | Reply |