2013_09
25
(Wed)21:41

かつて何処かで・・・(函館本線)

20130103-IMG_4699.jpg
C623 函館本線 倶知安 1989.12.03

夜の帳が降りた駅に佇む蒸機、夜空に流れる煙
かつて何処かの駅で見た光景…
キャブの灯りが温かく見えたものである。

20130103-IMG_4697.jpg
C623 函館本線 小沢 1989.12.03

誰も居ない夜のホームをそろりそろりと列車は旅立つ
かつて何処かの駅で見た光景…
闇夜に流れるドレンの白さが美しく見えたものである。

あの日の夜、そんなかつてがそこにあった。まるで夢の如く。

本日もお越しいただきありがとうございます。
「こらこらピンがあまあまじゃん」って思われる方も、「そうだよ、かつて見たよね」って思われる方も
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

2枚目のピンが海女、天野アキちゃん。
何せ、闇夜で1.8開放で写るなら写ってみろ!なんてことでの撮りでしたものでねぇ~
雰囲気で見てよ、雰囲気で~(笑)

COMMENT 6

キツネメ十勝  2013, 09. 25 (Wed) 23:59

ハハハ、確かにピントは甘ちゃんだけどあの晩の雰囲気を思い出す事が出来ました。昼間、雪景色のエバーグリ ーンを撮ってからメインの夜間回送に挑みましたね!ギリギリ20代だったけど一日キツかったなぁ~(笑)たしか塩谷まで追っかけたんだっけ?
一昨日、小樽に遊びに行きました。
久しぶりに旭展望台からでもSLニセコ号を撮ろうかと思っていたのですが、面倒になったので宿泊していたた築港のホテルからお手軽に撮影しましたよ。
あれから24年かぁ~(しみじみ…)

Edit | Reply | 

マイオ  2013, 09. 26 (Thu) 09:32

ピンは・・・

跨線橋あたりにきてますね。
C623は動体ブレって感じかな。
1989年はAF初期だから、
ズーム流しに挑んでもピンは
そうそう来ない。
フィルム増感も限度あるから、
夜は基本「いちかばちか」時代ですね。

現像があがって一喜一憂。

でもバルブがばっちりだから、
いいんじゃないかな。

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 09. 26 (Thu) 23:44

2枚目……

臨場感があっていいなぁ。
跨線橋もホームの情景も浮かび上がってる。
当時、夜間撮影の際、まずは絞り開放。
だから明るい標準レンズを選択しました。
勿論、解像度は最悪で水中で写した魚のようになりましたよね。
でも、夜間の煙、ドレーン、凍った地面にリアルな描写、
これって、それなりのお宝だと思いますぜぇ〜っ!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 09. 28 (Sat) 22:05

キツネメ十勝さん

あの頃の青年も、君は初老、私は壮年ってね(笑)
エバーグリーン受賞記念列車、初の雪中、初のニセコ乗り入れ、初の夜間回送と
初物尽くしでしたよね。倶知安、小沢、塩谷と回送を追っかけての夜楽、
寒さを忘れて楽しみましたね。小沢ではスチル、倶知安ではビデオで動く被写体を
如何に写すか?な〜んてやりましたね。倶知安のビデオは不朽の名作って出来に感涙したものでした。
デジタル化して皆さんに見せたら、地団駄踏むでしょうね(笑)

とかち号の無い今年はニセコに行きましたか〜10月の連休に行く予定ですよ。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 09. 28 (Sat) 22:14

マイオさん

ミノルタX700にMD50mmを噛ませ、如何に闇夜のカラスを撮るか。
増してや、昼から夕刻に撮影したコマが含まれるフィルムじゃ
途中増感も出来ませんから、ASA400のままで。
撮れるも、撮れぬも八卦ってことでの悪あがきでした。
まあ、そんな、やんちゃした画なんでお恥ずかしい限りですよ。

まさか、マイオさんにピンをツッコミ入れられると…想定外ですよ(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 09. 28 (Sat) 22:30

くろくまさん

エヘヘ、お恥ずかしい限りのおちゃらけ画に畏れ多いお言葉を
頂き、恐悦至極ですぅ〜
いいだけ、倶知安での夜間撮りをしたもので、小沢ではお遊びモード全開
そんなわけでこの手の画になっちゃったのでした。

一番の印象は、倶知安駅での発番線入れ換え作業、白く積もった雪景色となった構内に
白煙が水銀灯で照らされ、その美しさに魅了
本務機となる青流星のDD51と汽笛の応吼には、かつて、倶知安を日没後に発車したC62重連の
急行ニセコはこんな雰囲気だったぞと教えられた気がしたものでした。
全然、復活モノって感じがしないのがピンはアマアマ、動体ブレしている画の救いです〜

Edit | Reply |