2013_08
    03
    (Sat)15:03

    記憶の中の橙色

    20081104-IMG_4030acw1.jpg
    対向D51483 退避D5168 根室本線 東滝川 1975.09.23

    西の空を夕陽が橙色に染める中
    D51同士の運炭列車が小さな駅で行き違う。

    あれから、38年の月日が流れようとしているが心の中に染みた
    橙色は色褪せることなく今も目を閉じると蘇る

    本日もお越しいただきありがとうございます。
    ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
    下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    ご協力ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

    モノクロ撮影したこの一枚、デジタル処理にて擬似カラー仕上げをしてみました。
    カラーはシングル8で撮ったフィルムを元に再現してみた次第です。


    写真展への誘い
    tetugakusyaten.jpg
    今年も間も無くkoppel-2さんらが催す写真展が開催されます。(画像提供・くろくまさん)
    会期は8月18日から9月1日まで。
    なお、今年から会場の三愚舎は移転しておりますので上記の地図をご参照下さい。
    皆さん、素敵な写真がいっぱいですのでぜひご来訪をお願い申し上げます。


    COMMENT 12

    popoman  2013, 08. 03 (Sat) 18:15

    本当に心に染みいる茜色ですね
    そこに汽車の煙(汽笛)だけが上る
    汽車の姿は見えなくとも見える以上に存在感が伺えます
    手前の電柱に前はどこでも見られた電燈がアクセントになって素晴らしい画です
    こういう画を現代ではもう見ることは出来ません
    茜色の汽車
    私が最も求めているものです
    1月の釧網本線で見られないかなぁ

    Edit | Reply | 

    とおりすがりです  2013, 08. 03 (Sat) 19:31

    これはこれはびっくりです。
    68号機の安全弁からの蒸気、下り貨物483号機の力行の煙を、山のハーフトーンの中で極めて繊細に表現されましたね。
    力行の走りや重連単機など多彩な撮影ができたこの構内は、私も多少は馴染みがありました。
    今少し遠方におりまして、思わず懐かしさにホロリとしてしまいました。
    ありがとうございました。

    Edit | Reply | 

    高辻烏丸  2013, 08. 03 (Sat) 22:13

    見事な夕焼けです。
    38年の年月を感じさせない鮮やかな茜色の空、
    そして光るレールと白い蒸気。
    見ていると引きこまれて、その場にいるような気持ちになります。
    こんな画、一度でいいから撮ってみたいですね。

    Edit | Reply | 

    くろくま  2013, 08. 04 (Sun) 11:01

    素敵な試みですね

    むかしから人着っていう手法がありましたが、あれは疑似カラー。
    これは想い出色のモノクロ写真ですよね。
    軌道の反射色がたまらない雰囲気です。
    ただ、くろくま的には蒸気を白くして欲しかったかな。

    写真の表現方法としてもグーだと思います。やるなっひぐま!!

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 04 (Sun) 20:42

    popomanさん

    すみませ~ん!!
    これ、モノクロ撮影に人工着色しちゃった画でして…ポリポリ
    でもね、こんな光景だったのは事実でして、モノクロでは味わえない色と言う思い出を再現してみた次第です
    今でも蒸機同士の交換は運行する側が企画さえしてくれたら可能でしょうが、この時間帯って言うのは
    まず有りえないでしょうね。
    ただ、磐越も、上越や大井川も、そして釧網でも夕刻の茜色に染まる時間帯に走行がありますので
    交換シーンは不可能でも夕日と罐のコラボレーションは叶いますので是非チャレンジなさって
    popomanさんの求める一枚をゲットなさって下さいね。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 04 (Sun) 20:48

    とおりすがりですさん

    地球の裏側?南半球からアクセスですか?ワールドなお仕事の中でコメント頂き恐縮です。
    しかし、インターネットって凄いっすね~リアルタイムでアクセスしてコメント出来ちゃうんだもの。

    さて、東滝川。お馴染みだったようで琴線に触れることが出来、幸甚です。

    で、折角の懐かしさなのに、これが疑似カラー仕上げって水を差すようで…
    でもね、こんな光景だったのは事実、こうして罐同士が夕刻に交換したのも。
    我が心の中に焼付く色合いってことでお許し下さいね!

    祖国にはいつお帰りでしょう?遠い異国でのお仕事もさぞや大変ご苦労があられることと思いますが
    いい仕事なさってご無事のご帰還をお祈り申し上げます。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 04 (Sun) 20:55

    高辻烏丸さん

    いやはや、申し訳ない気持ちでいっぱいのひぐまです。
    何せ、この色はモノクロ画に人工着色しちゃった「疑似カラー仕上げ」ですから…
    38年前、貧乏高一生にはカラーなんてフィルムは手が出ずしてモノクロばっかり
    ただ、この時に撮った8ミリフィルムに一瞬ですがこの光景があって、その色にどうしても
    この画を再現したくて試みた次第なんです。
    言わば、わが青春の思い出色ってことでして、お許し下さいね。

    今の世を走る蒸機でも、こんな夕日が空を染める中で撮ってみたいものですよね
    上越などで何度か撮ってはいるのですが…まだまだ、思うような(中年の、いや老年の思い出色)画を
    撮れずにおります。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 04 (Sun) 21:23

    くろくまさん

    なんだか、ホッとしてコメントレスしております~
    何せ、皆さん疑似とは思っていらっしゃらなかったご様子なもので…

    このモノクロ原版を見るたびに38年間、いつもモノクロなのに色がついて見えていた画なんです。
    それだけ、この画を撮った一瞬に思い入れがあるってことなんでしょうね。

    実は、この撮影が最後の罐撮りって覚悟で臨んだ日のラスト撮影でした。
    この483の牽く貨物が撮影出来るギリギリの時間帯
    68はすっかり真っ暗になってから発車でしたからね。
    で、最後の最後に罐同士が交換するシーンをオレンジ色の空の下で見ながら
    「最後なんだなぁ…」って感慨に耽っての撮影だったので気持ちが入っているのでしょう。
    結局、諦めていた12月のラストに行くこととなったのですが、あれはまた別の感覚でしたからね

    Edit | Reply | 

    高辻烏丸  2013, 08. 05 (Mon) 18:24

    まんまとやられましたが、
    いいものはいいですね。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 05 (Mon) 21:02

    高辻烏丸さん

    レスコメありがとうございます!
    手を加えてはいますが自分の中の数少ない納得の一枚ですのでお褒め頂き光栄です

    Edit | Reply | 

    koppel-2  2013, 08. 06 (Tue) 01:24

    画像処理は宝石箱ですね

     ひぐま3号さま 展の案内感謝です。 いいなぁ・・・これ完璧ですね。 自分は稚拙な表現でしたが、 前期高校三年の文化祭に志文で撮影した画の空の部分に ポスタ-カラ-で夕焼けを表現しましたっけ・・・ 調子にのって夕焼け雲と雁まで書き込んででしまいましたよ・・・当時 B/WはプラスX 天然色はコダカラ-Xのネガカラ-を利用していました。 そう云えば 小学生の時に『あたかも』を使って短文を作りなさいという設問に、『あたカモが東の空へ飛んで行く・・・』と回答したら大きなXと『あたかもは鳥じゃありません』と赤インキで補筆してありましたっけ・・・
     そんな小学生でしたがトウダイセイでした。 しかし今でも学生ですので如何に基本教育が重要かと思いますよね。 現在自宅アトリエでは電力事業に参加しています。太陽光パネル設置しているのですが、東京電力との売電契約書の当方乙欄には東大成電力(略して東電)と事業者名が4月まで記入されていました。今年5月に事業者名称変更に伴い社名を東大成減髪としました・・・当然但し書きには甲が起こした原発事故と連携した賠償は一切応じませんと記載してあります。 この自家発電自慰業を開始して3年目に入りましたが、5・6・7月は陽が長くなり月々買電・売電の収支は月々プラス500~1500円の益金計上です。ガスのないオ-ル電化アトリエですので使用電気量を差し引いての安定経営です。 今月猛暑復活とかプラス経営は続くかなぁ・・・Rail Ways 大成3丁目の夕陽に照らされる01の真っ赤な動輪も綺麗ですよ。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 08. 06 (Tue) 15:38

    koppel-2さん

    日本の夏と言えば「金鳥」ですが、鬼子母神の夏と言えば「鐵樂者展」と言うことで
    今年も会期千秋楽まで協賛広告を続けさせて頂きますね!なんだかこの手法流行っているみたいですけど(笑)

    ポスターカラーで着色には笑いました!で、雁までとはやりますね~
    ひぐまも幼稚期に(と言っても糞餓鬼厨房時代ですが)ネガにマジックで煙を書き込んでプリントしたり
    おバカなことは数知れずやったものでした~まあ、その名残がPCによる人工着色なんですけどね。
    で、東大成でトウダイセイって呼ばせるのは流石です。もっともオオナリをタイセイって読んでいたひぐま
    まあ、薄幸のプリンス高木大成の影響なんですけどね。
    電気代がうなぎ登りの昨今、自家発電でプラス経営とは凄いっすね。EC導入でプラグインならガス代も
    賄えることになるから初期投資の回収が出来ると丸々プラスになりますね。
    来るべき大震災の際に長期停電となった場合は携帯の充電をさせてもらいに伺いますから、よろしくお願いいたしますね(笑)
    01の動輪、見に行ってないんですよ~設置からもう4年も経つのにねぇ~近いとついつい次にって。
    それに火曜日休館ってタイミング悪いんですよね~減髪ならぬ滅髪に悩むひぐまでした。

    Edit | Reply |