fc2ブログ
2007_02
28
(Wed)23:26
早いもので明日から3月である。
昨年の今頃、銀河線の終焉間際で思い出のある路線が
消えて行くのを惜しんだものである。

さて、今年もまた…
風情のあるローカル私鉄が消えて行く
今月末で宮城のくりはら田園鉄道と茨城の鹿島鉄道が
惜しまれつつも姿を消してしまう。

くりはら田園鉄道はまだ栗原電鉄時代
仙台に赴任していた頃何度も仕事で栗駒に行き
その姿を見ていたが、休鉄中の身で撮影はしていなかった。
今思うと悔やまれるあの仙台時代である。

そして、もう一つの鉄道、鹿島鉄道。
ここには特別な思いはないのだが
関東に移り住んだ当初、元夕張鉄道のキハ251を見てみたく
8年ほど前に1度行ったことがあった。
昨年、廃止の話が出始め場合によっては存続も有り得ると言うことで
期待していたのだが、やはり廃止と決まってしまった。
昨年の夏に2度目の訪問をしたが
キハ714(元夕張鉄道キハ251)は元気に走っていた。
ここには他にキハ600(元国鉄キハ07)や
キハ430(元加越能鉄道)の旧式気動車が今なお現役で活躍している。
勿論、新鋭のレールバスも配備されていて
機関区においてはまるで模型のレイアウトを見ているような
車輌配備と雰囲気のある場所であった。
kasima1.jpg

kasima2.jpg

kasima3.jpg

JR常磐線の石岡駅から連絡する鹿島鉄道のホーム
なんとも言えない時間が止まった雰囲気であった。
そのホームから見える石岡機関区
引き込みポイントが綺麗に分岐しているのがまたいい
kasima8.jpg

機関区事務所と検修庫が一つになった建物があり
その裏手には車輌機関庫がある。
kasima7.jpg

kasima9.jpg

鉾田からの列車が石岡に到着すると
折り返しまた鉾田に向かう列車となる
kasima6.jpg

kasima4.jpg

以前は百里基地の燃料輸送をDD13が担当していたが
鉄道による輸送を廃止したため3両いたDD13は1両のみの配置となった。
以前は茶色いDD13であったが
残った1両は赤に塗装を変更して今に至っている
湘南顔と言われた非貫通の2枚窓DCは
この鹿島鉄道に残る2形式3両だけとなった日本の鉄路
いよいよこの顔を見られなくなる日がやって来る
なんとも残念なことである。
これからの1ヶ月は廃線へ向けてのカウントダウンで賑わうことであろう。
元夕張鉄道のキハ251…
是非とも生まれ故郷の北海道へ戻して保存して欲しいものである。
kasima5.jpg

COMMENT 10

キツネメ十勝  2007, 03. 01 (Thu) 21:40

まだこの様な風景が残っていたんですね、廃止は止むを得ないのでしょうが残念です。

趣味でこんな鉄道を経営できたら楽しいだろうな~と妄想しています。

Edit | Reply | 

vanagon714  2007, 03. 01 (Thu) 22:18

一番下の写真を見ているとタイムスリップしたような気になります。
夕鉄もこんな感じだったのでしょうかねー
ちょうど私の住んでいる江別から南幌へ抜ける「きらら街道」という道が夕鉄線の跡地を使っていて、車で走りながら夕鉄の在りし日を想像してみたりします。
それにしても廃止はもったいないですね。

Edit | Reply | 

蒸気男  2007, 03. 02 (Fri) 00:12

JR北海道も夕張応援企画として、キハ251を新夕張~夕張間で運行ってのはどうだろうか?

経済効果は期待出来ると思うが・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2007, 03. 03 (Sat) 18:02

キツネメ十勝さん
あるんですよ~こんなのが・・・結構、道内より遅れている路線は
全国の私鉄の中には多いようですよ。
経営…Nでなら健全経営かも?でもN購入で財布が赤字になるかも(笑)

vanagon714さん
夕鉄の南幌駅は廃止後も長く放置されていて、風情がありました。
今は街道になっているのですね~
このキハが走った道・・・・イメージがリンクできて何よりです。

蒸気男さん
「そうです!その手がありました~!大賛成!」
なにせこのキハは北海道初の液体トルコン車、当時の国鉄
道総局が視察に来たと言う由緒ある車両ですから
ぜひとも、夕張再生に一役買って欲しいものですね!

Edit | Reply | 

gamera63  2007, 03. 04 (Sun) 10:11

現代において、鉄道が生き残れる条件というのは、都会のように四六時中 ぎゅうぎゅう詰めに お客さんが乗っているとか、江ノ電のように、都会じゃないけど、家の軒先を走るように地域に密着していて、道路の混雑が激しすぎて電車の方が早いとか、そういう要素がないとだめなのかもしれないですね。
 それにしても惜しい。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2007, 03. 04 (Sun) 23:31

まさしく輸送機関として確立されたエリアでないと存続は難しいですね。
都市部は土地が狭くて高い、だからマイカー持っても維持費が大変
地方は土地が広くて安い、マイカーが1家に人数分とか…
構造的に鉄路の使命が変わりつつある訳で
都市間輸送の途中町しか鉄道が残らなくなるかもですね。

Edit | Reply | 

N市のT  2007, 03. 10 (Sat) 21:38

鹿島鉄道は「運転体験」のため昨年2回程行きました。
714号(夕鉄キハ251)にも33年ぶりに再会しました。
非電化で、古い駅舎・古い車両と味があっていい風情の鉄道がまたひとつ消えていくのが残念です。
部長さんが「県がTXに莫大につぎ込んでいるんですよ。こっちにチッビと回してくれれば助かる(廃止しなくてすむ)んだけどなぁ」とボヤいていました。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2007, 03. 11 (Sun) 17:05

なるほど~確かにTX開業で、そこに予算投入ねぇ~
これも結構空いているって。先行投資で駅前開発はこれからのエリアがいっぱい。
参宮線と言う由緒ある鉄路だったのに消えるのはホント残念ですよね~
DD90は既に売却されたとか。保存されていたDDは解体されたという話です。これまた残念。

Edit | Reply | 

yrr03464  2007, 03. 12 (Mon) 23:23

かつて北海道の地方私鉄でも見られたような風景ですね。まるでレイアウトセクションの様です。何だか昨今の北海道が最も昔を切り捨ててしまったような感じがしますね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2007, 03. 13 (Tue) 18:11

そうですよね!車輌も一番旧式でキハ40で、駅舎はほとんど建て代えか、貨車のリサイクルとかですからね。
まあ、それだけ味わいのあるローカル線が切り捨てられて幹線しか残っていないことが原因なでしょうね。
道産子DCも茨城交通に残る留萌炭鉱のものだけとなってしまいます。その茨城交通も存続が危ないみたい・・・

Edit | Reply | 

« PREV  Home  NEXT »