2013_07
05
(Fri)18:00

今年の邂逅は如何に?

20120922-IMG_1910.jpg
C6120+旧客 D51498+12系 上越線 後閑~上牧 2012.09.22

七夕まであと二日。
今年の彦星号と織姫号はどこで行き交うのか?
基本的に後閑~上牧間のこの画の辺りから左手にあるSカーブ
その先にあるほたるの里の間で邂逅するのであるが、今年はどの辺りやら。
この画の昨年9月の逢瀬ではC61の方が後閑発車後に速度調整を行い
この広々とした築堤で行き交ったのですが、当初はSカーブと見立ててセットした
三脚に抱っこちゃん利用で固定した300mm装着の縦構図カメラをD51のSカーブ通過と
C61の走りからこの築堤に向けて向きを変えてのFIX
そして後はもう一台の雲台をフリーとしたカメラで追いながら、このFIX撮りは目クラ撃ち
で、その結果はなんとど真ん中で両列車とも尻切れせずにご対面の画が撮れてまして
この辺だろうとの読みがぴったんことなった強運の一枚です。

例年七夕と言えば雨って感じでしたが、今年の天気予報に雨マーク無し
ただ、予想気温は36℃ってことで望遠レンズには辛い高見になりそうですね~

本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

COMMENT 6

あらさん  2013, 07. 06 (Sat) 18:41

お見事ショットですね(^^)v
明日はレトロで岳人さんkoppel-2さんと呑み鉄で~す♪
上手くこの地で出会えたらお尻でも出しましょうかねぇ(笑)

Edit | Reply | 

koppel-2  2013, 07. 07 (Sun) 20:35

ひぐま3号様 本日の七夕イベント云ってきました。
OさんAさんとjr2と自分でワンBOXのNN鉄でした。
 面白かったなぁ この辺までは薄陽もさしていましたが、水上に到着したら集中豪雨 誰か雨雲を操れる雲の股サブロウがいるのかなぁ まぁ豪雨の中のC61もいいのですが、記撮マニアの自分は辛かったなぁ
でも三重連見れたし 満足なイベントでした。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 07. 07 (Sun) 23:16

あらさん

いいなぁ~乗って良しだったことでしょうね。
で、お尻を出されたら大変ってことで高見から小さく撮っちゃいました~(笑)
三人でガンガン飲んでヘベレケだったのでしょうか?

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 07. 07 (Sun) 23:23

koppel-2さん

良く切符が1BOX分取れましたね。扇風機の付いた車両だったのでしょうか?
旧客では流石に冷房も無く、この暑さでは飲まずに居られずでは無かったのではと思うところです。
まあ、暑くなくても呑まれる面々のような気もしますが(笑)
で、気になるのが今日のコスチューム。どんなスタイルで謳歌なさったのやら?
水上は雨になったのですね、行かれなかった雨使いの某女子さま。ご主人がこかれていて
返しをパスして帰られた途端に天気が崩れましたので、きっとその方の思召しかと(笑)
でも、皆さんで思う存分に楽しまれたご様子何よりです。

で、三重連って?気になるなぁ~

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 07. 08 (Mon) 17:13

このネタ、

この時期に絶対に出すと思ってました(笑)
それにしても、いいタイミングで撮っていたんですねっ。
くろくまも追随しようかと思ったら、昨年はレンズで失敗。
皆さんの歩調に合わせることができませんでしたよ。
くろくまが前回ケータイ落としたのもこの日だったかしら?

体調も画も不調がつづいております。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 07. 09 (Tue) 16:44

くろくまさん

はい、いつ出すの?今でしょ って、マンマですよね〜
ねこさんと、同時になんて笑えるでしょう。

確かに、この時に「携帯」紛失でしたね。
この地で無くしてGPSで、沼田市だなんて、カラスが咥えて行ったのやらね。
そうそう、さらには機材不都合から引き一本でしたよね。でも、それがまた
怪我の功名とでも言いますか、いい出来だったじゃありませんか〜

体調も画も不調?
またまた、弱気が不調の原因。ポジティブにですよ〜
えっ⁈ コダクローム売っていない?
そっちのポジティブじゃないんだけどなぁ…

Edit | Reply | 

« PREV  Home  NEXT »