2013_06
29
(Sat)21:31

天都山から見たオホーツク

みなさん、こんばんは。

今日と月曜が業務出張なため札幌に滞在するひぐまです。
明日は休日なんですが、一切の煙撮り行動は無し。
何たって走っていないものは撮れませんってね。
もっとも、三笠に行けばS-304が、小樽に行けばアイアンホースが煙を上げていますが
そこまで病的なひぐまではないもので実家に行ったりして過ごす予定です。

さて、今夜の更新は…
この眺めをどうしても撮っておきたくて行って来たと言っても過言ではない
今回のオホーツク号出撃。3年前の出撃では流氷館横の展望台から望むも
しっくり来ない眺めでパス。
昨年、再度のトライで立ち位置を変えチャレンジするも霞で断念したもので
今年の運行で最後になるかもって噂が聞こえて来るとラストチャンスかもと。
で、その眺めとは…
20130623-IMG_8100.jpg
C11207 釧網線 北浜〜藻琴 2013.06.23

アハハ、汽車はどこ?ってね。
残念ながら、今回も少し霞むは、罐までの距離があり過ぎる眺めゆえに
望遠レンズ、テレ側いっぱいの400ミリでは気温が上がるとユラユラ状態の眺めになるはで
画的にはダメダメ出来栄えにてすっかり自己満足の眺めに(トホホ)

因みにこちらの画には二つ目ライトが見えますが判るかな?
20130623-IMG_8083.jpg
この罐位置は原生花園〜北浜の区間です。
中央に見える白いピラミッドみたいな構築物が先日アップした画を撮ったフレトイ展望台です。

誰です?こんな画を撮りたくてわざわざ飛行機に乗って撮りに行くバカなんて言う方。
本人が1番それを自覚してますよ〜だ(笑)

バカなひぐまって思われた方も、そうでない方も
ひぐまの十八番お豆以下に呆れる〜っていう方も
やっぱ、豆でも何でもこんな眺めはいいぞって言って頂ける希少なお方も、皆さん
ひぐまに元気づけの一票ってことで下のバナーをポチっとお願いいたします!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。皆さんのポチッに心から感謝しております。

しかし、天都山からの眺めは石北側も、釧網側も難攻不落ですわ〜


COMMENT 8

Y  2013, 06. 29 (Sat) 22:05

こんばんは、Yです。

オホーツク号の写真、楽しく拝見させていただいています。

天都山から線路が見えるとは思いませんでした。

返しは、以前ひぐまさんの写真にあった
知床斜里ー止別間で、オホーツク海と一緒に
広角レンズで撮影していました。

土日とも晴れて良かったですね。

Edit | Reply | 

ねこ  2013, 06. 29 (Sat) 22:53

天都山から北浜を抜くとは思いつきませんでした〜
低温乾燥好天の時期ならこれだけのために海を越える価値がありますねっ

Edit | Reply | 

あらさん  2013, 06. 30 (Sun) 02:06

びっくりです。
天都山からこの北浜方面が見れるとは。
海岸線がいいですねぇ
流氷の時期に狙ってみたいものです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 30 (Sun) 20:28

Yさん

昨年のリベンジにと今年こそはで臨んだ天都山、初年度の事前リサーチで北浜方面が
抜けることが解り展望台に登るも国道が煩い区間の抜け、昨年、キャンプ場側の抜けを探し
見出すものの霞んで断念したものでした。
因みに沿線の高い所は全て行って見る精神でして斜里にあるクリオネ民宿の展望台にもロケハンで
行きましたよ(笑)

返しは海別岳バックに挑んだとのこと、ちょっと雲がかかったのは残念でしたね。
お天気に恵まれたオホーツク号、三年連続快晴と一番いい時期に走っているようですよね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 30 (Sun) 20:37

ねこさん

苦節三年の眺めも罐が黒点ではねぇ〜と頭を掻くひぐまです(笑)
でも、これが撮りたくて今年も行っちゃった次第です〜

流氷が接岸する寸前のオホーツク海を臨み、そこに列車が走る…
そんな光景が見て見たいものです。ただ、流氷ノロッコ号ではDE15だからね〜
やっぱ罐で見てみたいっすよね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 30 (Sun) 20:47

あらさん

天都山からの眺めと言えば網走湖畔を行く石北のC58と湧網線のキューロクって北向き側ですよね
実は南向き側でも見えるんです。もしかしたら現役時代も抜けたかも知れませんよね。
望遠で切り抜いたので背後の山並みが見えませんが、ここからのパノラミックな眺めでは
知床半島から海別岳、斜里岳と素晴らしい光景が広がるんです。
ただ、それまで入れ込むと罐は判別不能なだけにホント残念な眺めなんです。

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 07. 01 (Mon) 17:16

キタ━━━━o(*´∀`)○━━━━━!!

やっぱり凄まじいのがでてきましたねぇ。
これまでのブログ展開で、何やら出てくるだろうとは想像してたけど。
バックの連山を入れるまで引いたら、ホント、分子みたくなっちゃうね。

それにしても、霞みと揺らぎに苦しむ本土とはちがうもんだぁ。
海の色とみどりがとっても綺麗です。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 07. 01 (Mon) 21:52

くろくまさん

昨年の出撃時にロケハンで撮った霞んだここの眺めの画を
一年間ずっと、今度こそは天気恵まれ(その為にギリギリまで隠密、何せ雨降らせる方が居るんで)
ここに例え豆粒でも汽車を配するぞって思い続けてでしたもので…
念願成就で得意のトンデモ豆粒自己満足俯瞰と相成りました(笑)

逆向きで知床半島側の付け根にあるスキー場も候補なんですが、来年走れば行くかもね。
海と罐のコラボしたくなっちゃいませんか?お連れしますぜ〜

Edit | Reply |