2013_06
25
(Tue)17:20

呼人半島からの眺め

20130623-IMG_3624.jpg
C11207 石北線 網走〜呼人 2013.06.23

みなさん、こんにちは。

午前中に健康診断の受診を済ませ、新潟出張に向かう「とき335号」車中での更新です。
昨日のSLオホーツク号出撃ネタ第一弾へは多くのコメントを頂戴し、
また、ブログ村のランキングバナーへも多くのポチッとを頂きありがとうございます。
これからもまた末長くご支援を賜りますようお願い申し上げます。

さて、今日の更新もオホーツク号から
この立ち位置は復路の2発目、石北線での撮影です。
前日の夕刻に女満別空港へ到着しレンタカーを借りて宿泊先の網走市内へ向かう道すがら
まだ、日没間際だけに少々ロケハンでもと呼人界隈するも当たり無し。
諦めて網走に向かおうと車を走らせ国道を行くと線路が並走する辺りで
網走湖を挟んだ対岸の呼人半島の付け根辺りに緑の草原がチラリと目に飛び込むではありませんか。
「抜けるかも?」って車をUターンさせて向かって見ると、緑の草原の正体は畑であり
その淵を歩いて進むと、見えました〜って言うのがこの眺め。
昨年の出撃でもこの区間は新しい立ち位置を見出せず一昨年同様の立ち位置での撮影でしたので
こりゃいいぞとばかり復路の2発目を撮ってみた次第です。
高さも然程無く、高度差40m程度のプチ高見、おまけにロケーションもイマイチですが
この区間は殆どが線路端かぶりつきが主なような区間だけに、これで良しとするところです〜

さて、このSLもオホーツク号って名乗っておりますが、
この区間には本物のオホーツク号も居りまして、それがこれ。
20130623-IMG_3605.jpg

今や希少となったキハ183のストラントノーズと1500番代による編成の特急オホーツク号
この特急の網走到着を受けてSLオホーツク号が網走を発車となります。
まあ、差し詰めSLを待つ身には露払いと言うか、イメージ確認列車とでも言えるような存在
お陰様で、ブログネタがオホーツク号が2題と相成りました〜

さて問題です。
このキハ183系ディーゼル気動車はJRの前身、JNR時代の車両です。
そのJNRとは日本国有鉄道のことです。略称的に短縮して◯◯と呼ばれましたが
それはどんな呼び方だったでしょう。答えは下のバナーからお選び下さいね!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 国鉄型車両へ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。皆さんのポチッに心から感謝しております。

答えは国鉄でしたが、その名をマンマ用いている国鉄時代なる鉄道雑誌を見て来ました〜
あらさんの第二弾記事は噂違わぬ高森線の素晴らしい作品に感動!
ただ、他の内容でSさんの士幌線の蒸機客レ記事は写真はいいのですが
記載されている内容はちょっと勘違いが多くて…
そうそう、ひぐまがお借りした後藤デフ交換の画を用いた記事もあってビックリ
でも、あの記事の中身ももう少し検証が必要では?
交換時にJNRを付けたとありますが、JNR無しの後藤デフ姿で運用に就く33号機の画が
存在するんだから、推論に矛盾が生じると思うところです。
どちらの記事も、鉄道趣味誌と言うパブリシティなんだからいい加減はいけないと
思うのはひぐまだけでしょうかねぇ〜

COMMENT 6

あらさん  2013, 06. 26 (Wed) 00:48

初めて見る立ち位置です。
何ともいえぬローカルっぽさがGoodです!
現役時に撮りたかったけど、車は乗れないし、徒歩だし、ピンポイントでこの場所は見つけられないですよね。
この画の後方に位置するであろう天都山からは、湧網線も望めました。
お褒めいただき恐縮の国鉄時代ですが、そのうちその画も載ると思います。

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 06. 27 (Thu) 17:57

あれっ

C61は新潟じゃないですぞ(笑)

しかし、よく場所を見つけられますね。
失くさないために眼鏡をかけないくろくまには無理みたい。
かつてC58が駆けていたころのメッカ。
さすがに当時、こんな場所からの写真はお目にかかりませんでした。
本物のオホーツクの写真もいいっすね!

Edit | Reply | 

Y  2013, 06. 27 (Thu) 23:23

あばしりフロックス公園でお会いしたYです。

目のつけどころが違うとゆうか、対岸から抜ける場所あったんですね。

次回、北海道行った際に探してみたいです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 28 (Fri) 16:36

あらさん


エヘヘ、その「初めて…」の言葉が嬉しいひぐまです。
何せ、人と違う目線で撮りたいって言うのが信条ですので
出掛けた路線では必ずと言ってもいいほど、そこに力点を置いた
立ち位置探しを心がけ実践していますので認められた証の言葉と
思うところです。
ここからはこの後、仰る通りに天都山をバックにSカーブを抜けて来る
シーンも見えました。
8回シリーズの国鉄時代、天都山からの眺めを楽しみにしておりますね!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 28 (Fri) 16:39

くろくまさん

はい、ロクイチは昨日…(笑)
実のところ、遠征時の立ち位置探しは楽しい反面、物凄いプレッシャーも。
何せ、目の肥えた皆さんにお見せするんですもの、気合も入りますが
苦しくもありですよ〜
今回は、この区間で天都山の呪縛から離れて発想を逆転させた目利きが功を奏しました。
183の特急いいでしょ!ブログ村では国鉄型車両にも登録しているもので(笑)

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 06. 28 (Fri) 16:41

Yさん

コメントありがとうございます。

先日はお世話様でした。しかし、あの場で
「この写真はここですよね」と見せられたコピーが拙ブログとは…
ホント、蛇の道は蛇とでもいいますか、ビックリでしたよ(笑)

で、この記事の画
Y護学校の裏手、畑の脇をずっと進んで行けば見出せますよ。

あの後はどちらで?こちらは浜小清水の後、天都山からの大俯瞰を
敢行するも、豆粒以下ってことで自己満足だけの眺めでした〜

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますね。
ご不明の点がございましたら何なりとお問い合わせ下さい。

Edit | Reply |