2013_06
    11
    (Tue)16:54

    三人揃えば・・・

    みなさん、こんにちは。

    パートタイム出勤ってことでちょっくら仕事して早く帰宅したひぐまです。
    えっ?正規雇用者からパート化されたのか?いえいえ本来公休日の今日は
    ほんのちょっとだけ仕事を可愛い部下から依頼されてのワンポイント登板
    真剣勝負のプレゼンなんかしちゃうと、数分間の仕事でも一日フル勤務したのより疲れますなぁ~

    さて、今日の更新は、またまた先日の秩父出撃から返しの1枚ってことで
    長瀞鉄橋を渡るシーンをプチ高見しちゃったものを上梓いたします~

    20130609-IMG_7730.jpg
    C58363 秩父鉄道 親鼻~上長瀞 2013.06.09

    もう皆さんはご存知とのことと思いますが、実はこの画を撮る前に
    くろくまさんの紛失した携帯電話を探して三峰口と武州日野の間を右往左往
    携帯会社のサービスによるGPSで遺失場所を調べてもらい日野付近との情報を得て
    往路の立ち位置付近を探すも見つからず、時刻は2時を過ぎて汽笛が大きく聞こえる始末
    はて?このままでは返しの列車を日野で見送ることになるのかと思うも
    ねこさん曰く「ここから追っかけしたと思えば間に合いますよ」の言葉に車に飛び乗る面々
    140号線から浦山口で分岐して裏道に回り先へ先へと走らせるものの行先は未定
    車中、美の山トンネルを14時40分に抜けられればプチ高見に間に合いますってねこさんの判断
    流石はねこさん、有言実行で間に合いましてアニマルズの十八番高見で締めくくりと相成ったのでした

    荒川の河原で広角使いと日野では真正面撮りですっかりデフの判らない往路撮りとなったもので
    返しの復路は少しでも大きくなんて気持ちでの構図組。
    これ位ならデフもお判り頂けますよね?


    何?つまらない撮りだと?しかもこの日のコンセプトの少年の目が出ていない…
    まあねぇ~この時期ではシルエットになるほど川面が光りませんし、返しは本来の…

    はいはい、では少年としては…(続きをどうぞ)



    少年の心は悪戯してなんぼってね!

    chichibu-uso1.jpg

    年内にC58239が復活するので、秩父さん、是非来年はこんなシーンをやって下さいよ~

    なんて、夢見るひぐま少年でした~(笑)

    にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
    にほんブログ村

    COMMENT 6

    とおりすがりです  2013, 06. 12 (Wed) 16:58

    ギェー、なんじゃこりゃ~!
    シゴハチ重連じゃ~!
    カッケェ~!!
    実に絶妙な角度の元コマを撮影していらっしゃいましたね。
    だいたい、(同時には)3両しかない後藤デフのC58どうしの重連ですから、きっと過去には因美線、伯備線、芸備線あたりで数えるくらいしか実現しなかった組み合わせですよね。
    あまりの凄さにしばし見とれてしまいました。

    現代のC58重連をぜひ見てみたいものです、秩父鉄道と陸東で。
    事前に現場の実務者級会議さえやれれば、あとはアルファベットで書く会社側の支社と本社の「長」の付くSLマ○アを引っ張り込むだけなので、実現の可能性は飛躍的にアップするんですが...(そこいらで363号機が重連次位で走った時がいい例です)
    239号機は運用主体が北の方の支社ですから、相当の難関になるかもしれません。
    ドライバーだけは甲種蒸気機関車転換の現車訓練ですぐ近くまでは来るんですけどね。

    Edit | Reply | 

    くろくま  2013, 06. 12 (Wed) 21:44

    ↑あははっ、楽しいねぇ。

    童心の遊び心満載ですよねっ。

    この立ち位置で3人(匹?)重なるように写したけれど
    ひぐちゃんだけは縦位置だと確信しておりましたよ〜っ(笑)

    それにしても連コマで架線柱内に2両がすっぽり収まるんだぁ。
    現代のデジ処理が簡単とはいえ、憎い合成であります。
    できたら本務機を標準デフにしてもらいたかったかな!?

    Edit | Reply | 

    koppel-2  2013, 06. 12 (Wed) 23:04

     ひぐま3号さま いい感じです。 実現するといいなぁ 325号機は元気に練習していましたが、239号機は、まだまだ時間かかりそうですよ。 でも真剣にお願いすれば実現するかもしれませんね。 工機部のスタッフだって罐好きな人ばかりですもの。 皆さん考える事は一緒ですものね。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 13 (Thu) 12:02

    とおりすがりですさん

    コメントありがとうございます。
    誰かさんの掲示板で細工画像を見てピンと来ちゃいまして、こんなお遊びをしてみた次第です。
    同一形式のタンク機同士はJ北や大井川で重連運行が行われておりますがテンダー機ではまだ無く
    C57は離れ過ぎているし会社も違い無理でしょうが、今度のC58ですと繋がりも濃く可能では?
    な〜んて夢見たら、可能性は有り得るんですね。夢が夢で終わらず実現して欲しいものですね。
    大宮で復元して試運転や乗務員の訓練を高崎で行えば、
    一足先に上越線なんかで239+363なんてこともあり得たりして。

    C58重連と言えば、陸東でしょうね。363にとっては里帰りにもなることですし
    所有者の方が昨年の修繕代金を稼ぐ意味でも元締さんへ時折上納してくれないかと思うところです〜
    いずれにせよ楽しみが増えましたね!

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 13 (Thu) 12:03

    くろくまさん

    はい、ここからは常に縦と決めているひぐまです(笑)
    日野駅で聞こえた汽笛、「三峰口発車?」とねこさんに訊くと、「とっくに発車して、もう近く」って。
    そんなやり取りをしての、ここに間に合い撮れたこと自体、ひぐま的には奇蹟のような気分でした〜

    細工した画、いいでしょう〜
    偶然にもチョッキりと繋がるコマを発見した時に「少年」に戻っちゃいました(笑)
    流石に背の高い後藤デフを標準デフへの換装までは技量がありませんってば。
    因みに、某掲示板の電車に背を向くクマさんの画も電車は後付けです〜

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 13 (Thu) 12:05

    koppel-2さん


    同一形式、テンダー機同士の重連はなかなか実現せずでしたので、
    今回の復活にはどうしても期待してしまいますね。
    運行の所管が違えど車両の管理の根っ子は同じですから、可能性を信じて止みません。
    工機部の皆さんってホント罐好きな方ばかりなんですよね。
    そんな気持ちが無いとあれだけの大変な修繕や復元なんて出来ませんよね。
    その熱き罐好きな面々により、次こそキューロクを生き返らせて欲しいものです。

    写真展、詳細が決まりましたらご案内お願いします。今年もまたPRの広報担当させて頂きますね!

    Edit | Reply |