2013_06
    04
    (Tue)22:15

    続・5km先の橋上を狙う

    20130602-IMG_7523.jpg
    C58363 秩父鉄道 親鼻~上長瀞 2013.06.02

    みなさん、こんばんは。

    先ほど、北の都から帰還したひぐまです。
    涼しい札幌から花田空港に降り立つとムシムシしていて
    梅雨のない所との違いを、それこそ肌で感じちゃいました~

    さて、今夜の更新は…
    昨夜の続編ってことで、H山から見える二つ目の橋梁上を往くパレオです
    こちらも罐までの直線距離が5km
    日が罐に当たるかと期待するも残念な結果となり、見えました~の1枚です

    COMMENT 6

    くろくま  2013, 06. 05 (Wed) 19:43

    おかえりなさ〜い

    ここの撮影条件は悪かったですねぇ。
    手前のこんもりが、しっかりと露出を制御しやがって
    お陰でコントラストのない橋梁付近がもや〜っとしちゃう。
    くろくまもレタッチには手を焼きましたよ。

    それにしてもエクテン咬まして、よくシャープさが失われないもんだ。
    こちとら、いつものDX600画角、雑多ばっかり写しておりましたぁv-12

    Edit | Reply | 

    ミセス  2013, 06. 06 (Thu) 08:22

    すごいぃ~

    こんなに寄せてもくっきりとキレイ~v-221

    2年前に一緒に連れて行ってもらったとき、、
    あたしの画はそりゃあ、ひどいもんで。。。v-11
    背も足りず、下に手前の木やひぐちゃんらしき人の頭まで。。
    ひぐちゃんにおぶってもらえば良かったかなv-8

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 06 (Thu) 17:39

    くろくまさん

    標準レンズか100ミリ程度の中望遠レンズを用いて、至近距離から後藤デフを撮りたいと
    思っていたのですが、某隊長の「ロングじゃなきゃイヤだ〜」って声にここにしたら
    どうにもロングとはロング缶のことだったようでして…
    なんて、ここからの撮りは秋口の空気が澄んだ往路で白煙引きずるのがベストでしょうね。
    今じぶんはやはり厳しいものがありましたもの。
    三人して遠距離砲が400ミリとなると、ここはアシスト使いで差別化と。
    絞りもガッチリ絞り込んでの使用ですが、ただでさえコントラストが消える抜け
    エクテンかますと、やっぱ苦しいですよ〜メインは引きでしたので、これはオマケってことなんですけどね。

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 06 (Thu) 17:46

    ミセスさん

    この立ち位置、2年前の頂上とはちょっと違って狭くないんですよ。
    あの時は折り重なる様に苦しい立ち方でしたが、ここは余裕のある立ち方が出来ますので
    ひぐまがおぶらなくても撮れますよ。それに歩く距離も少し少なくて済みますよ。
    秋に空気が抜ける時にお連れいたしましょう〜

    くっきり?いえいえ、ズームにエクテン噛ませての画だけにやっぱ解像力はイマイチ
    それに、気温が上がり荒川の水が蒸発するので手前の山から向こうはユラユラですからね。

    Edit | Reply | 

    ねこ  2013, 06. 06 (Thu) 23:12

    でっかーい!
    と思ったらちゃんと引き画もありますね。

    寄せつつも手前の山で高度感を出す構図はいいですねっ

    どうやら次回は線路端シリーズで決まりのようですねっ

    がっちり追っかけモードで行きましょうか〜

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2013, 06. 07 (Fri) 17:41

    ねこさん

    2カメ体制の面目躍如ってことで寄せ引き両刀使いでした〜

    次の日曜日は出撃確立50%ってことで、未だに未定の状況
    後藤デフ装備の今月中に空いている休日は9日と17日の2日しかない身だけに
    何とか出撃できぬものかと算段中ですが、家中の難敵をどうかわすか。
    さてさて、どうなるやら…
    追っかけ接近戦でガッチリ撮ってみたいだけに、頑張るぞ〜(笑)

    Edit | Reply |