2013_05
02
(Thu)23:12

道南パノラミック紀行・函館山

みなさん、こんばんは。

昨日から始めた道南パノラミック紀行
その第2夜は、標高554mから眺めた函館方面を背景にした大沼号です

20130429-IMG_6907.jpg
C11207+14系+DE10 函館本線 渡島大野~仁山 2013.04.29

先般、発売された「国鉄時代」に掲載されたアラさんが現役時代に撮られたのが
この左手下にある仁山スキー場からの俯瞰画
今回、ひぐまが立ったのは、そのお隣に座するK山のパノラマ展望台がある554m地点

上下列車のインターバルを利用し江差線まで長駆足を延ばし返しの撮影時間がギリギリとなる関係で
午後もここから渡島大野駅を発車するシーンを函館山を入れての撮影です。
彼方に見えるのは下北半島の大間付近。午後の日差しのせいで新幹線の区間もはっきり見えますね
20130429-IMG_3354.jpg
逆C11207+14系+DE10 函館本線 渡島大野~七飯 2013.04.29

今夜もパノラミックだなんて言って豆粒以下の罐
先回までの磐越や秩父でUpUpなんて言って罐を大きく切り取った反動が出ちゃったようです(笑)

COMMENT 8

あらさん  2013, 05. 04 (Sat) 01:16

お懐かしや

精力的に出かけていますね。
新幹線建設など風景が若干変われど,40年前とほぼ同じ立ち位置で蒸機が見れるとはありがたいことです。
欲をいえば雪の時期に走ってくれれば最高ですね。
良いものを見せていただきましたが、相変わらずの雲のいたずらが惜しいですよ。
仁山ということで久々のコメでした。

Edit | Reply | 

ミセス  2013, 05. 04 (Sat) 07:27

なぜだか悔し涙が出てきたv-406

はてなぜだろう。。。v-390v-361

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 05. 04 (Sat) 10:13

あらさん

コメントありがとうございます。

2年前にこの立ち位置に立つもガスに遠望を阻まれ敢え無く撃沈
今回はあらさんの国鉄時代掲載画の刺激もあってのリベンジです
あらさんの立たれた仁山スキー場の頂上まで今は車で行けるのですが
現役時代は藤代線の蒸機も撮れて効率のいい眺めも今は蒸機列車は1本限り
欲張りのひぐまは隣のK山から狙って、すぐさま移動しての大沼側抜きと
効率を選んじゃいました~
この大沼号、3年前から仁山回りとなるも春夏の運行だけ。冬場に走り出したXmasファンタジー号は
藤城回りでして、冬場に仁山経由にしてくれると燃えちゃうんですけどね~
こんなしょーもない画ですが懐かしい思いになって頂けたこと光栄に思います。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 05. 04 (Sat) 10:15

ミセスさん

なぜ?
アハハ、さては雨パワーがここまで及ばなかったことで老いを感じたかな
正解は、まあ、人徳ですってばv-8

Edit | Reply | 

ねこ  2013, 05. 04 (Sat) 22:32

先月のハラキリにこの画、もしかしていたずら雲を連れ歩いてますか?

明日も雲のいたずらが来るのかしらん…

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 05. 05 (Sun) 00:21

ねこさん

釧網ではひぐま一人だけ雲のいたずらの難を逃れたのに
ハラキリでは撃沈、これはきっとお二人の中に、雲と仲良しさんが居るものだと思っていたら
どうらや、ハラキリでバトンされたようで・・・
明日は、ご本家にお返しするつもりですよ~
ん?そうなると、撃沈雲にやられちゃうのかしら?困ったものですなぁ~(笑)

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 05. 08 (Wed) 17:01

パノラミック・シリーズに圧倒されています

ここまで引くかぁ!! と感動しきり。
あらさんが現役を写した頃とは趣きが異なりますが
是非とも雪景色のなかで撮影してもらいたいものです。
↑あれっ。上の方で泣いてる方がいる(笑)
↑あれっ。悪戯雲はひぐちゃんのせいだったんだぁ。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 05. 09 (Thu) 18:42

くろくまさん

エヘヘ、でっかいど〜北海道〜って、思いっきり引きの展開をしちゃいました〜
ネタの出し方では、本来なら寄せ画を先出ししてから、引き画の順番がいいのでしょうが
今回は敢えて、引き画でパノラミックシリーズ展開。
しかしこの地は副題のスケールが大きすぎて罐がねぇ…

ここからの眺めはやはり冬場が最高なれど、大沼クリスマスファンタジー号は藤城経由
巡り合わせが合わずして残念です。

いたずら雲?いえいえひぐまの友にあらずです。磐越西線で雹を降らせた某女史様の余波ですって(笑)

Edit | Reply |