2013_04
24
(Wed)19:34

雨の追分

20120902-IMG_2208.jpg
79616 室蘭本線 追分 1975.07.29

S48.10に倶知安機関区が無煙化となり
胆振線の落石対策で前照灯が2灯化された、所謂二つ目キューロクたちは
79613が廃車、79615と79618が2灯化のまま小樽築港に移動
その後79615はS49.04に廃車となり重装備のまま倶知安町に保存
もう一両の79618は鷲別を経由してS49.09に池田へ移動するがその際に装備を解除となり
翌年春に廃車となり疎開留置先の新得で解体
そしてこの79616は給水温器は装備のまま1灯に戻され旭川に移動
その後、旭川の無煙化に伴い追分にやって来る。
S50の秋から冬にかけて最後のキューロクとなった39679,49648,79602の転入により廃車
現在、日高町で保存されている。

雨の中、写真はD51の牽く4487レを撮影し次の225レを待つ間に構内入換作業で
ファインダーの中に現れたところを撮ったものです。

COMMENT 2

くろくま  2013, 04. 26 (Fri) 21:00

いいねっ!

トラ塗りが、けっこう鮮やかに残っていたんですね。
入れ替えでこの煙、パレオくんにも見習って欲しいものです。

この場所は、蒸機最期の日の夜間うろつきました。
右側の側線には廃車になる蒸機群、寒くて悲しかったなぁ。

当時の重々しい木製の跨線橋、旗を振る係員……
丈の高い鉄塔は照明設備だったのかな。
少年ひぐちゃんの思い出いっぱいだったこの日、素敵な一日でしたね。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 04. 27 (Sat) 07:54

くろくまさん

以前、くろくまさんが追分の入換シーンをアップされ、応吼するようにあべくまさんがアップされ、
ひぐまも追随しなきゃと思っていたのに、こんなに遅れてしまいました〜(笑)

この日、最後の聖地追分に行き、沢山の生きたカマを見たひぐま少年は、この光景が年内で消え去ることが
信じられなかったのですが、帯広の無煙化を目の当たりにしていたので、信じられないけどその日は必ず
来るんだと覚悟を覚えた日でもありました。

Edit | Reply |