2013_01
09
(Wed)19:23

スワローエンジェルは不死鳥

20130109-IMG_1922.jpg


君に逢いたくて小樽築港機関区へ出かけた40年前のあの夏の日
君は息をせずにじっと庫の中で佇んでいたね

君が梅小路に転属してから何度逢いに行っただろうか
でも、君はいつもあの夏の日と同じように息をせずに佇んでいるばかりだったね

数年前に君はもう二度と息をしないかも知れないと聞かされた時は悲しかった
去年、君が再び息を吹き返すために整備を受けると聞いた時は嬉しかった

でも、一番嬉しいのは、こうして息する君に逢えたことだよ
あの40年前の夏の日に叶わなかった夢を叶えてくれてありがとう


20130109-IMG_1905.jpg

20130109-IMG_1908.jpg

みなさん、こんばんは

大阪出張の帰り道にチョイと梅小路に立ち寄って来ました。
梅小路蒸気機関車館の開館40周年記念にと整備を受け3年3ヶ月ぶりに
息を吹き返したC622がスチーム号を牽引している期間なのと
お正月企画で展示車両全てが庫の外に顔を出しているとの話で
チャンスとばかりに寄ってみた次第です。

生きたC62に逢うのも3号機に別れを告げに行った95年の10月以来17年ぶり
この2号機の生きた姿に逢うのは今回が初めてのひぐま
少年時代の悔しい思いと、青年時代の3号機と別れた悲しい思いが過ぎる
梅小路でのひと時でした。

C622 梅小路蒸気機関車館 2013.01.09 G11にてRAW撮影

COMMENT 6

まこべえ  2013, 01. 09 (Wed) 21:16

超感動!   

うわあ、梅小路行かれたんですか。
しかも出張ついでとは、何ともうらやましい!

元気になった2号機。一枚一枚、拡大して見入ってしまいました。
とくに一枚目、現役時代を思い出すような構図が最高です!
三枚目は、2号機の息遣いが聞こえてきそうです。

その梅小路も、40周年とは、月日がたつのは早いものですね。
施設全体が、機関区よりも博物館的になって、スチーム号の客車も遊園地の汽車みたいになってしまったことは残念なところですが、それでもカマたちは、いつまでも元気でいてほしいですね。
とくに2号機は、Aグループにならなくていいから、いつまでいつまでも、その雄姿を見せてほしいものです。
きょうはいいものを見せていただきました。
ありがとうございます。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 01. 12 (Sat) 00:02

まこべえさん

お先に2号機と対面して来ました〜
凄く元気な姿、黒光りして昨年1月に見た肌荒れの凄かった姿とは別人のようでした。
ただ、残念なのは罐圧が低いようで、あの野太い汽笛がヘナヘナ音色
ドラフト音なんて一切聞こえずでは少々消化不良の思いもありましたが
何たって、息する2号機に会えたのですから文句なんて言いませんよ〜

40周年を迎えた梅小路では、展示パネルで綴る40年の歩みが掲示されていたのと
お正月企画で、全機庫から顔を出した展示で見応えがありました。
大好きな9633は、整備の方がフロントデッキに上がってナンバーなどを磨くシーン出くわし
かって、現役時代に何度も見かけた整備シーンが蘇るなどのオマケまでついて最高の時間でした

で、ホントはもう一カ所思い入れのある罐との37年ぶり対面をと出かけたのですが
そちらは、冬季休業の施設の中にて、対面できずで残念しちゃいました
次の機会ではご対面して来ようと思っております。
その際は、まこべえさんの思い入れがある区間をトロッコ列車で揺られようかとも
思っている次第です〜

まこべえさんの琴線に触れる記事となったこと光栄に思います。こちらこそありがとうございました。

Edit | Reply | 

あべくま  2013, 01. 13 (Sun) 09:18

   

生きている2号機に御対面ですか? 羨ましいですね。
私は、昭和46年夏に「ニセコ」の前補機で初対面しました。 
人大杉状態でろくな写真が撮れませんでしたが、2号機を見たと言うだけで興奮しました。
そして国鉄最後の日に、梅田貨物駅(だったかな?)で有火展示を見たのが、最後になりました。
梅小路は新幹線から眺めるだけで、一度も行く機会はありませんでした。
展示車両も増えたことだし、そのうち何とか行きたいと思っています。
新年早々、結構なものを見せていただきまして、ありがとうございました。

Edit | Reply | 

くろくま  2013, 01. 14 (Mon) 10:34

C622ガンバっ!

梅小路の計画が発表されて後、スター機がどんどん引っ張られていきました。
1番人気は勿論スワローエンジェル、2番はD511だったでしょうか?

個人的にはC5345とかC51231の動態保存に興味津々でしたけれど……。
C55、C58、B20と、撮影に行ったのに招集に間に合わず、
会えなかったという慚愧の念もありました。

そんな梅小路、いまだに訪問したことがありません。
「白鷺号」はつまらない企画だったと思いますが、
スワローのエンブレムが青空を映す華やかな舞台が見たいですね。

ちなみにくろくま、2ちゃんには蘭越、築港、二股、大沼で会ってますよ。
銀塩カメラを取り出して、モノクロで写してみたいカマですよね!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 01. 14 (Mon) 18:46

あべくまさん

現役時代を知る先輩の皆さんには急行ニセコのC62重連と言えば2号機って感じで
印象に、記憶にと残る代表機ですよね。
ひぐまはその重連を撮れなかった世代ですが、ギリギリ築港で余生を送る姿を見れたクチ
その関係からでしょう3号機の復活では燃えちゃいましたからね~

今回、こうして火の入った2号機に対面出来て積年の思いが叶いました
梅小路の存在ってこうして考えると凄く意義のある存在ですよね
あべくまさんも是非一度訪れてみて下さい。結構楽しめますよ。

そうそう、品川駅で展示された姿もひぐまは見ていますが、その時も無火でした~

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2013, 01. 14 (Mon) 18:58

くろくまさん

元々、動態保存の企画が出た時は小山機関区が候補だったようで
検修施設を併設して居なかったのが致命傷で急遽梅小路に変更になったと
40年記念展示のパネルに発足時の話として出ていました。
もし、その時、当初の予定通りの動態保存が小山だったら・・・
どんな罐がどんな路線で復活運行したことでしょうね。
やまぐち号のような存在は釜石かな~米坂線で9633が走っていたりして~
な~んて思いを馳せて新幹線に揺られて帰還したひぐまでした。

で、くろくまさんも梅小路未体験なんですか~
定年後の京都旅行ででも企画して行ってみては?まだまだ先でしょうけどね。
きっと、D511やC612などかつて現役時代に撮った罐がその当時の思い出を
甦らせてくれますよ。ついでに電車で20分移動すると603の前頭部も居ますから
思い出めぐりには最適かもです。

モノクロで撮りたい罐ってことで、3号機ですがモノクロ企画を始めました

Edit | Reply |