2012_12
    26
    (Wed)19:44

    今年最後のTOKI玉使い

    20121224-IMG_2706.jpg
    C1266 真岡鉄道 茂木~天矢場 2012.12.24

    みなさん、こんばんは。

    年末、大晦日に長者の仲間入りをする見込みのひぐま
    駅ビルにある、とあるカメラ店に立ち寄り長者ご褒美の品定めなんてことで
    今回発売されたEOS6Dを見て来たのですが、チープな感じが否めない作りで
    少々期待ハズレ、まあ、長者になれば1Dでも5Dでもいい訳ですから
    対象から除外ですなぁ~

    えっ!? 誰?獲らぬ狸の皮算用って言った人!
    夢が無きゃですって。折角、買った宝くじですもの(笑)

    なんて、確か昨年も今時分、そんな夢を抱いていたのですがしっかり選外だったひぐま
    今年、唯一、機材の追加をしたのはTokina ATX 11-16mm f/2.8 Pro DX for Canon
    昨年、銀塩機のEOS5に17-35mmのL玉でモノクロワイド撮影を試験的に行い
    こりゃ、面白いぞってことでデジ機でもワイド撮影を楽しもうとの思いで導入したのですが
    この1年で既に元は充分に取りましたよって感じでの活躍ぶりに
    少し作風の領域が広がったのではと思うところです。
    そんな、TOKI玉で真岡の復路を撮ってみたのが、今夜の更新ネタ
    真岡ぽくない画作りをしてみた次第ですが如何でしょう?
    あともう少しカメラを上に振って3分割を均等にした方が
    バランス的に良かったかなと思うところですね。

    気に入った玉一本勝負で、のんびりと汽車に接すると言うのも来年はありかなと思うので
    来年一発目の撮り始めでは、そんな感覚で出てみましょうかねぇ~

    COMMENT 6

    くろくま  2012, 12. 26 (Wed) 23:02

    これは巧い!

    道路や電信柱を隠した上で、更に手前の枯れ草色で〆ている。
    う〜ん、巧いなぁ。
    真岡の上りでは確実に煙に出会える場所、この構図は新鮮です。
    下手すりゃ築堤は暗く沈んでしまう露出設定ですが、
    プラス補正してから焼き込んだのでしょうか。
    露出のセレクションすら、しっかりと我がものになさいましたね。
    溶き卵の使用も堂に入ってきたというところでしょうか。
    色合いがまた、いいなぁ。

    しかし、ブラ砲とトキ玉の二刀流は撮影場所の選定が難しいことでしょう。

    Edit | Reply | 

    ミセス  2012, 12. 26 (Wed) 23:22

    これは巧い!②

    そうかあ~、なるほど。しゃがんで撮ったのですね。

    ここでトキ玉を使う発想、素晴らしいv-20

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2012, 12. 27 (Thu) 14:16

    くろくまさん

    ありがとうございます!
    お見通しの通りでして、笹を利用して手前を隠し背景の色合いと
    手前の笹の枯れ色に空の青さを加えてと構図を組んだ次第です。
    露出に関しても、TOKI玉使用時はマニアル設定、フォーカスもMFにして使ってます。
    広角は逆光時にはどうしてもアンダー目になるので、基本、アンダーを潰しすぎず
    ハイライトを飛ばし過ぎずの境目を見出して決め撃ちし、後はリタッチでとのパターンです
    この玉、大体のクセが解った感じがしますのでいい塩梅に使えてます。
    11mmに500mmでは両極端ですが、その分使い分けることで領域の確保が出来ています
    あとは、感性と言う壁を超えれば駄作からの脱出も可能なんですけどねぇ…こればっかは…苦しいわ(笑)

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2012, 12. 27 (Thu) 14:21

    ミセスさん

    いえいえ、ビンビンにおっ立って撮りましたよ〜(笑)
    もっとも、抱っこちゃんを三脚の脚に固定してのアングル
    更にワイドレンズ特有の足元まで見えちゃうってところがしゃがんで撮ったように見えるかもですね

    ここで使わねば、単なるサイドビュー写真になっちゃいますからね〜
    と言いつつ、そんな切り取りも2カメ故にしていますけどね。

    Edit | Reply | 

    まこべえ  2012, 12. 27 (Thu) 21:44

       

    これはいいなあ。
    くろくまさんも指摘するように、枯れ草でうまく電柱を隠していますね。
    枯れ草の黄色に、背景の茶、そして青空の三分割もバッチリですね。

    ニッパチ通しのTOKI玉も、切れ味がよさそうですね。
    実は、広角好きのまこべえ、何年か前から、常用レンズに、TOKI玉の12-24を使っています。
    こちらは、F4通し。
    新しく登場した11-18の広角1ミリ差とニッパチ通しの魅力に傾きましたが、かぶる画角も大きかったので、買いませんでした。
    ただ、12-24は、切れ味が良すぎて、偽色もけっこうでるので、このあたりが悩みどころ。
    11-18は、そのあたりどうでしょうか。
    偽色が少ないようなら、大晦日、ひぐまさんが長者の仲間入りをしたら、お年玉には、ぜひこのレンズをいただきたい(^^)

    Edit | Reply | 

    ひぐま3号  2012, 12. 29 (Sat) 21:54

    まこべえさん  

    コメントありがとうございます。
    さらには、お褒め頂き大変恐縮な思いでいっぱいです。ありがとうございます。

    さてさて、TOKI玉
    まこべえさんもTOKI玉をお持ちとの事、サードパテレンズとは言え
    なかなかどうして、いい味を出すメーカーですよね。
    ひぐま所有の11~16のニッパチ通し玉、結構、拾い物でした~
    お尋ねの偽色は、逆光で太陽を入れ込んだ際などに、一部出ることがありますが
    山の稜線や葉っぱ周りなどに見られる偽色(色収差)は感じませんし
    色ノイズ系の偽色も殆どソフトで消せる範囲ですね。
    ただ、弱点は黒系(アンダー部)のグラデーションが弱く潰れ易いこと
    ゴーストフレアが出ることなんですが、この2点はひぐま購入後直ぐに出た(腹立たしいんだから!)
    ニュータイプのコーティングタイプではかなり解消されたようです。
    この玉、絞り5.6がベストな絞り値のようで、一番、シャープに写ります。
    発色は広角だけあって風景主体のイメージなのか、青が良く、赤、橙系は渋い色合いです。
    キャノンのL玉17-35を持っていますが、あの玉は周辺の流れが酷いんですが
    このTOKI玉にはそれが見られず、コストパフォーマンスも最高ですね。

    大晦日、長者になったら、そのニュータイプに更新しますので旧玉はプレゼントさせて
    頂きますよ~それこそ、「落とし玉」としてね(笑)

    Edit | Reply |