2012_12
14
(Fri)23:18

37年前の今日

20121214-IMG_4291p.jpg
C57135 室蘭本線 追分~三川 225レ 1975.12.14

みなさん、こんばんは。

月曜からの出張を終え帰宅したひぐまです。
今日、12月14日は何年経っても忘れえぬ日と言うことで
37年前の「さよなら列車」を今年もまたネタとさせて頂きますね。

あれから今日で37年感慨もひとしおです。
この10日後、貨物を牽く蒸機が最終運行となり
1975年12月で本線運用から蒸気機関車は消えました

今、復活した蒸機を撮っている身
この日、この瞬間はこれで最後との思いしかなく
あの時を思うと、今の撮影行きはまるで夢のようにしか思えません



37年前のネガカラー、色が出ませんね。
来年の今日はもうネタが無しですが、それまでブログが続くかも疑問です

COMMENT 10

くろくま  2012, 12. 15 (Sat) 10:09

来ましたね♪

37年前のネガカラーをいつものサイズでアップするのも大変です。
煙の中に現われたゴースト、絞り羽根とレンズの解像力がわかります。
線路に沿って立ち並ぶ人たちも当時の記憶としての価値を高めてる。
たしか、某国営放送では動輪を写すためにキャブにサブカメを設置したはず。
それが写った写真を見たことがないんですけどねぇ。

毎年毎年、思い出の日が訪れるって、それだけで幸せかも。
ひぐま少年の追憶の写真、しっかりと味わいましたよ。

Edit | Reply | 

あらさん  2012, 12. 15 (Sat) 10:32

うるうる

この時期は決まってこれですね。
何年経ってもあせることのない思い出!
と言いたいのですが、何両目に乗っていたのかも曖昧な記憶v-409
2両目くらいだったかなぁ〜
王道の写真ありがとうございます。
DL保存させていただきました。

Edit | Reply | 

高辻烏丸  2012, 12. 15 (Sat) 12:31

   

あれからもう37年も経ったのですね。
私は、残念ながらこの場面に立ちあうことはできませんでしたが、今再び煙を吸うことができる幸せを実感しております。
ネタ無しなんて言わず、来年の今頃もこのような写真出して下さいね。

Edit | Reply | 

koppel-2  2012, 12. 15 (Sat) 16:33

   

 ひぐま3号さま 先日 鉄博で135号機に触れてきましたが、時間が悪かったのか同好の輩もいませんでしたねぇ 当時 前期高校三年生 一応受験期でもあり最期は立ち会えませんでしたが、まさか地元にC57が来るとは想いもよらず・・・
 寒くなって参りました お仕事で移動も多いと思いますが、ご自愛くださいね。

Edit | Reply | 

あべくま  2012, 12. 16 (Sun) 10:54

   

お別れ列車に行かれたんですね。 良いなぁ。
私は山形県の片田舎で、期末試験の勉強に励んでいた頃ですね。
もっとも、こんなのが走るなんて全然知りませんでしたけど・・・。

写真を大きくしたら、沿線は人も車も凄いですね。
逆光の煙が映えていますし、ヘッドマークも判ります。
これは一生モノの貴重な記録ですね。

既出などと仰らずに、来年もまたアップしてください。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2012, 12. 16 (Sun) 15:08

くろくまさん

ええ、古いネガカラーで1200×800サイズに仕上げるのは至難の業が求められますね
この撮影では友人から借りたCANON EXEEと言う、前玉の一部が交換出来る変な一眼
モノクロをSRT101で200mm望遠で撮り、近づく罐を手持ちでパチリでした。

キャブ搭載のTVカメラって百恵ちゃん号のロケ時にしたもので
このさよならではそのステーだけが残っていたと記憶していますよ

確かに、この12月14日とC622に会った8月2日はひぐまの中の記念日
こんな記念日をいつまでも持っていらる現役を知る世代は幸せなんですよね。
でもねぇ~幼すぎて、画は稚拙なんで・・・それも含めていい思い出なんですよね

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2012, 12. 16 (Sun) 15:13

あらさん

そうでしたね!
ひぐまが撮ったさよなら列車はこれと広尾線の併せて2本
その2本共に、あらさんが乗っておられた訳で、十三里の山の出会いも凄いけど
これもまた奇遇なめぐり合わせですよね!
37年経過で、ひぐまも記憶が段々薄れて行ってます。ただ、こうして毎年思い出すことで
記憶の上書きがなされ、いつまでも覚えていられるのかなとも思えます
そう言う意味では、あらさんのご記憶を保持するお役に立てたのかも知れませんね。
稚拙で恥ずかしい画ではありますが、懐かしんで戴けたら幸いです。

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2012, 12. 16 (Sun) 15:27

高辻烏丸さん

時の流れってホントに早いものがありあの頃の少年も今や初老のオヤジです。
この日の感慨がC62復活時に心の火を灯しひぐまも罐撮りを本格的に復活でした。
その後休みはしたものの、今でもこうして撮っている行動の原点がここにあると思っています。
あの頃を思うと今の復活機がほぼ全国で見られることが夢のような幸せですよね。
ひぐまも実感しております。

長年ブログを続けるとネタ切れに喘ぐ日々・・・
新作を撮りに行かねばと思う今日この頃です。何とか目標をもって頑張ります!

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2012, 12. 16 (Sun) 15:32

koppel-2さん

そうでしたね、この罐、すぐご近所に鎮座していたんですよね~
すっかりご無沙汰しており、そろそろ拝顔しなきゃでした。
14日には、何か特別な催しはなされたのでしょうか?室蘭発車時刻とか当時の駅ごとの
時刻で汽笛を鳴らすなんてしたら、思い出もひとしおなんですけどねぇ
屋外展示なんて言うのもいいかも?是非、実現させて欲しいものですね。

koppel-2さんもどうぞ、ご自愛なさって下さい。来年も小湊で新年会あるのかなぁ・・・

Edit | Reply | 

ひぐま3号  2012, 12. 16 (Sun) 15:38

あべくまさん  

道内在住でしたので、地元新聞はこの時期ずっと消え行く蒸気機関車的な記事を
連載しておりましたし、意外に情報には苦労しませんでした。

あらら、大きくしてみたら粗が・・・(笑)
多くのSLファンと呼ばれた(マニアとも言われたけど)方の中で
この列車を撮られなかった方も大勢居る中で、ひぐまは行けたのですから
幸せモノだと思っております。
来年?あべくまさんまでプレッシャーかけるの?(笑)頑張りますね~

Edit | Reply | 

« PREV  Home  NEXT »