fc2ブログ
2024_04
17
(Wed)06:00
第三水曜日【師匠作品での更新】

D511116+FC+9600(後補機) 石北本線 金華〜常紋信号所 1972.06頃(推定)

第三水曜日に師匠作品での更新も早いもので1年、今回の更新から2年目に突入です。
この1年間は函館本線の山線と根室本線の東線を中心にしたものでしたので
今回は名所の呼び声高い常紋超えを用いてみました。

この牽引機D511116は往時旭川機関区の所属で1972年2月に深川区から異動して来た罐
このネガを手にしたのは1972年12月にて線路沿いの繁り具合から推察して6月から7月にかけての撮影と見立てています。

常紋…私自身は結局未踏の地となってしまいましたが唯一行けるチャンスはありました。
75年のGWに父親を運転手にした一日だけの北見方面への撮影行きを敢行。
その際、常紋か大雪崩れ&湧網かの究極の選択となり質より量を選んだ結果として泣く泣く常紋を諦めた経緯でした。
往時、無煙化の情報は不正確で常紋も大雪崩れもGW明けでと言われていたのですが
後年大雪崩れの方は6月まで残っていた事を知り究極の選択は常紋として
大雪崩れを改めて出直すと言う手もあったようですが全ては後の祭りでした。
その後、JR北海道によって復活C11による蒸機運行があったのですが諸般の事情によりそれも行けずと相成りました。

この常紋で録られたD51と後補機9600の音源(CD化され市販)を聴いた事があるのですがその音を聴き頭に浮かぶのはこの画のシーン
本務機がドラフト音を響かせゆっくりと通り過ぎて往き貨車のレールジョイントを叩く様に通過していく音に
後補機のドラフト音が次第に大きくなって通過して行く…
こんなシーンを実際の生音で味わってみたいものですが叶わぬ夢でしょうかねぇ…

2024_04
10
(Wed)06:00

C58363+12系改4B 秩父鉄道 武州日野〜浦山口 2023.04.01

使用機材
カメラ Canon EOS 6D Mark Ⅱ
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

三寒四温で春が来ると言うものの先月は三半寒三半温で足踏みとばかりに桜前線が立ち往生
昨年よりガクンと遅れて先週末から桜前線がダッシュ(笑)
秩父も今が咲き頃ぽくこの週末はちょっと見頃を過ぎた感があるのでは。
もっともこの週末と来週末の2週にわたり高崎から旧客を借り入れて黎明期の編成でパレオ運行とあっては
桜より旧客って感じで皆さんお出かけになられるのではと思うところです。

最近、すっかり撮りに出る気力が萎えちゃっている私としては…さてどうしようと思うところでして
尻込みはすれど尻に火は着かぬ状態で「hey Siri やる気出させて」なんて言っても「知りません」って言われそう(笑)

画の方は…
昨年の桜満開時に撮った残り画、直前に雲がかかり桜の明度が下がってしまったことと
気温も高い一日だったせいで煙も出なかった残念な出来の画です。
何年か前にも同様な画を撮っており、そこには鯉のぼりの掲揚もあったのですがこの時は無く
これまた残念の上書きです。

2024_04
03
(Wed)06:00

58654+50系改3B 鹿児島本線 新八代〜千丁 2018.09.22


使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

3月24日の熊本〜八代間におけるさよなら運行をもってJR九州の蒸機運行に終止符が打たれた。
肥薩線の矢岳駅側に設けられた人吉市SL展示館に大切に保存されていた58654が動態復元されたのが1988年
この年は復活蒸機の当たり年でC623やD51498、C58363などバブルの申し子と揶揄されるも
多くの蒸機が復活し生きている蒸機の姿を魅せてくれた。
取り分け58654は大正生まれの古参機であり甲高い汽笛とモダンなスタイルが粋な罐であった。
このハチロク復元にあたってはボイラーや運転席にランボードなどそのほとんどが新たに作り直され
法的には復元と言うより新製として取り扱われたと言う。
豊肥線の熊本〜宮地間でSLあそBOYを主戦場に肥薩線などJR九州の一部路線で臨時運行された。
2005年に台枠の歪みから軸発熱などの障害が起き4年間の離脱。
その間に台枠を新製して2009年に肥薩線の熊本〜人吉間でSL人吉号として活躍した。
ボイラーに台枠にと殆ど新たに作り直された機関車なるも生まれは大正年間とあっては
部品の確保が難しく老朽化に抗えないと言う事で今回引退の身となってしまった。
2020年7月の豪雨災害で人吉の名を名乗るも肥薩線は未だ復興出来ず鹿児島本線での運用が続き
その名の人吉には行けぬまま最後の時を迎えてしまった。

時を同じくしてその肥薩線の鉄路による復興が正式に打ち出されたようであり
引退後は人吉市で静態保存するらしく八代〜人吉間の再開時に三度の復活を期待したいものです。

画の方は
そのラスト運行の区間となった八代〜熊本間の鹿児島本線を往く往年の姿
ここで撮ってからもう5年以上の時が流れこの時のオヤジ旅が懐かしく思い出されます。