FC2ブログ
2018_12
30
(Sun)11:47

58654+50系改3B 肥薩線 坂本〜段 2018.09.24

The train goes away with time.
Thank you for the fun time I spent with my friends.

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM

今年も多くの方々にご来訪頂きありがとうございました。
この一年の感謝に加え迎える新しき歳が皆様にとって幸多き一年になられる事を祈念して
2018年最終更新とさせて頂きます。



小ちゃな拘り…
年内最終更新は毎年去り行くシーン画の登用。拘り続けて12年目でした。


2018_12
29
(Sat)06:00

C5833 池北線 高島 1974.12.29

使用機材
カメラ MINOLTA SRT101
レンズ MC ROKKOR 55mm f/1.7

昨日の記事から1年と1日後、今からは44年前の今日12月29日は…
なんて、調子にのってモノクロ撮影のカラー化をもう一丁

池北線にC5833が入線するとの情報を得て竹馬の友と隣町の池田へ
機関区でその33号機や装備解除の79618などを撮影し、
北見に戻るC5833が牽く貨物は池田駅の外れから発車シーンを撮影。
傍で撮られていた池田郵便局にお勤めの方から
「高島の発車を撮りに車で追っかけるけど乗って行くかい?」と声をかけて頂き
そこは迷わず「ありがとうございます!よろしくお願いします!」と。
この日は快晴なるも気温は上がらず雪を踏むたびにギュッと音がするほどの冷え込み
撮影後、高島駅のトイレに行くと「東や西に散ららすな南る人が北ながる」と
注意書きがあった事まで記憶は蘇る。
44年間モノクロの中にあった空の色と煙の色が指一本で蘇るとは便利な世の中になったものですね。
2018_12
28
(Fri)06:00

19671 帯広駅構内 1973年12月28日

使用機材
カメラ MINOLTA SRT101
レンズ MC ROKKOR 55mm f/1.7

ネット上で無償頒布されているモノクロ写真のカラー化ソフトを利用して
45年前の今日を天然色で蘇らせてみた。

北海道のローカル支線の蒸機と言えばキューロク
道東から道北にかけては支線の貨物を牽き主要駅では入換作業も
道央においては入換の主役はキューロクであったあの頃
どのキューロクも警戒色仕様、所謂トラ塗りばかりであった。
道央に於ける入換用のキューロクではテンダー側面までもがトラ塗りであり
前から見ても後ろから見ても、更には横から見てもトラトラトラ

そんなド派手なキューロクが帯広運転区に転じて来たのは1972年の秋であった。
新津から転じてきたデフ無しパイプ煙突そして警戒色無しの黒光りすらする39697との
トレードで追分機関区からやって来たのがこの19671であった。
転入から一年余りが経ち警戒色も煤にまみれて目立たなくなったとは言え
テンダー側面のトラ塗りは健在であった。
ネガアルバムのメモを見ると1973年のこの日
冬休みに入ってヒマを持て余したのか竹馬の鉄友と帯広運転区に
お邪魔してキューロク達を眺めていたようであるがそれ以外の記憶は蘇っては来ない。
記憶の薄れに乗じたのであろうかモノクロのカラー化もすっかり薄れた色にしかならず
タイトルに偽りありってところでしょうかね。
2018_12
26
(Wed)06:00

D51200+35系4000番台5B 山口線 篠目〜仁保 2018.12.16


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

折からの雨は小康状態となるも遠目は靄がかかり幻想的なベールが包む
日没迫る峠路は仄暗さがそのベールを染めてゆく
雄々しいドラフト音が彼方から響き出し仄暗い靄の中
二条の鉄路をヘッドライトの光が照らし出すと
幻想のベールから力尽くでぬけ出ようとしているようなD51が現れた。

通称「篠直」と呼ばれるこの立ち位置
実に四半世紀ぶりに訪れD51の雄姿を切り取ってみた。
2018_12
23
(Sun)10:34

ジェームス(C5644)+旧客等7B 大井川鐵道 下泉〜田野口 2017.12.23

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

師走の祝日12月23日と言えば…
昨年、一昨年と2年続けて大井川鐵道へ出向いていたが今年はパス。
いくら3列車運行の日と言っても内2列車は青と赤の人面サンタクロース仕様機関車
流石に2年も撮ったらもう充分。今年はのんびりと自宅でクリスマス休暇です〜

2018_12
22
(Sat)00:00

D51200+35系4000番台5B 山口線 仁保〜篠目 2018.12.16


使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM


小糠雨降る二反田。
仁保を発する汽笛が二反田に届いた数分の後、彼方に白き煙のうねりが見え始める
仁保路に轟くドラフト音を奏で煙のうねりを更に増幅させたD51が目前に現れると
目に物をと言わんばかりの煙を吐きながら駆け抜け行った。
改めて蒸機の迫力に魅せられたひと時であった。




2018_12
19
(Wed)06:00
20181218222233ff2.jpeg
D51200+35系4000番台5B 山口線 津和野〜船平山 2018.12.15

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM


曇り空の下、適度な湿度に気温も低く風も無い。
それでいて大気中のヘイズも前日の雨でクリアされ視界も良好。
所謂、白煙が続くと言われる条件が全て揃った状態でD51を待つと
期待に違わぬ、いや期待以上の煙を吹き上げて煙るD51がやって来た。
2018_12
14
(Fri)06:00

D51345+無蓋貨車 5797レ 1975.12.14

使用機材
カメラ MINOLTA SRT101
レンズ MC ROKKOR 200mm f/3.5
フィルム コダックTRY-X

43年前の今日12月14日
C57135の牽くサヨナラ列車を撮った足で追分駅から機関区をも見下ろす丘の上に立ち
営業運転列車の無煙化まであと10日とカウントダウンが始まった夕張線のD51を狙う
惜別の念で訪れていた多くのファンに見送られる中
盛大な煙を吐きあげD51は炭都夕張へ向け出発して行った。

2018_12
12
(Wed)06:00

C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 長門峡〜渡川 2017.12.17

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM

12月も中旬になると阿東路に雪の便りも聞かれる頃となる
C56にとっては最後の冬となった昨年12月の運行
凛とした空気の中を汽笛とドラフト音を響かせ駆けて来た日から
間も無く一年の時が流れようとしている。
2018_12
05
(Wed)06:00

C6120+旧客5B 上越線 津久田〜岩本 2018.11.24


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM


眼下に望む利根川と上越線が交わる第2利根川橋梁
川岸の色づく木々は穏やかな秋の陽を浴び季節の彩りを添える
こんな素敵な眺めの中、煙を吐き力行する蒸機列車が駆け抜けて行く…
額に汗して得られた眺望の醍醐味こそが贅沢で至福な時間である。