FC2ブログ
2018_02
28
(Wed)06:00

逆C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 標茶〜茅沼 2018.02.11


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

過去に何度か訪れているこの五十石遠望の地
今までは快晴の下で「憧憬の丘」として駆け往く汽車を眺めたが
今回は汽車が来る時刻にはすっかり曇空に覆われて彩を失う眺めに
夢の跡と化した朽ちかけた牛舎が醸し出す物悲しさが加わり
恰も「哀愁の丘」からの遠望となった。

やはりここでも三者三様の画創り・・・
 ☆冬の森と丘の間を汽車が走る - 釧網線・2018年冬 -
 ☆釧路冬の旅(最終回、孤影二つながら)


2018_02
26
(Mon)12:00
20180226104748155.jpeg
C108+旧客他全6B+ED501 大井川鐵道 下泉〜田野口 2016.02.14


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

立春が過ぎ「早春」と呼ばれる頃なれど芽吹きもまだで色付かず
ましてや春雨上がりの翌日ともなれば流れる大井川も土色
正しく春遠からじの眺めかな。

※2年前に記事の下書き保存し放置状態となっていたものを
恥ずかしげもなく上梓した次第ですのでFB通知によるFBへのリンクはさせておりません。

2018_02
24
(Sat)11:00
20180224111401890.jpeg
キハ283系 特急スーパーおおぞら 根室本線 大楽毛 2017.02.04

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

夕刻に釧路駅を発する札幌行き特急スーパーおおぞら10号
目の前を通り過ぎた瞬間、Orange Expressと化して走り去って行った。

2018_02
21
(Wed)06:00
201802192206188ca.jpeg
C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 塘路〜茅沼 2018.02.10

冬枯れした湿原と氷結した湖面が見渡す限りに広がる中
灌木の裸木が凍えるように立ち竦む。
大自然が織りなす一望垠て無しの世界こそが
白き煙を靡かせ駆け往く汽罐車に相応しい舞台である。

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark Ⅲ
レンズ EF100mm f/2.8L MACRO IS USM

冷泉橋近くの丘陵からの眺め。
いつもはライトスタンドポール際からの一望であったが
この日は曇り空で阿寒の山々も見えず仕舞い
ならばとレフトスタンドポール際へ登ってみた。
そこには荒涼感溢れる世界が広がり
新たな一面を切り取ることができた。

2018_02
18
(Sun)15:00

D51345 夕張線 追分 5797レ 1975.12.14

使用機材
カメラ Canon EX AUTO
レンズ EX50mm f/1.8

かつて鉄道の要所として機関区や運転区の所在した町を「鉄道の町」と呼んだ。
地方の小さな町にとって町民の数が国鉄職員やそのご家族の占める割合が高くなるので
そう呼ばれることが多かったようである。
ここ追分もその代表的な町であり線路脇に並ぶ鉄道官舎の数がそれを物語っていた。

蒸気機関車による本線運用も残すところあと10日となったこの日も
炭鉱(ヤマ)の町夕張を目指すD51が日常(いつも)通りに官舎に見送られ駆けて行った。


2018_02
16
(Fri)20:00
20180210-5O5A9423.jpg
キハ40・2連 2427D 新得発釧路行き 根室本線 尺別〜音別 2018.02.10

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF28-70mm f/2.8L USM

2427Dが尺別を発車するのは16時48分
その時刻丁度に日の入りを迎える尺別の丘
生憎の曇り空で沈みゆく陽は見られずも西の空を薄い茜色に染めた
薄暮の時が丘からの眺めを包む

2018_02
14
(Wed)06:00
20180213084745c49.jpeg
逆C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 標茶~茅沼 2018.02.10

半世紀近く前、北辺のローカル線ではキューロク達が一日一往復の貨物列車を牽いていた。
そんな光景を見て育だつも稚き時のことゆえロクな写真が残っていない。

ここ釧網線の茅沼以北は我が心の原風景と変わらぬ眺めがあり
昔年のおもかげを求めてみた。


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark Ⅲ
レンズ EF28-70mm f/2.8L USM

ここではググッと引き寄せた人煙の情景を楽しむ人と三者三様の切り口
見比べてみると個性が見えるものですね。

引き画で狙ったNostalgia viewに心はすっかりあの当時のティーンズになるも
足腰は悲鳴をあげてアラ還と言う現実の時を知らしめるばかりであった。



2018_02
12
(Mon)13:49

キハ54 快速はなさき 根室本線(花咲線) 厚岸~糸魚沢 2018.02.11

暦の上では春を迎えるも北海道の厚岸は厳寒の最中が常。
ところがこの朝は低気圧の位置による南からの暖かさが入り最低気温がなんと零度。
ましてや湿度が94%の曇りともなると日の出前の別寒辺牛湿原は朝靄に包まれた。

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

二日間の北方撮り出、湿原号はもとより音別・尺別に厚岸・糸魚沢でのキハ撮り朝練に夕練と
元気いっぱいの撮り鉄三昧、今回もまた駄作の山と筋肉痛が成果の北行きでしたとさ。


2018_02
10
(Sat)22:44
20180210224405fbb.jpeg
DF200 JR貨物2094レ 根室本線 音別〜尺別 2018.02.10

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

湿原号撮影で釧路に行けば「夕練」で音尺へ。
今回は時間を延長して「夜楽」も堪能です。
2018_02
07
(Wed)06:00
20140223-5O5A6186.jpg
逆C11207+すずらん編成+DE152526 釧網線 塘路~茅沼 2014.02.23


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS USM

コッタロ展望台からさらに南方に位置する久著呂の里山から冷泉橋方向を望むと
氷結したシラルトロ湖畔を進む湿原号が捕捉できたが、それがどうしたって出来の画に残念。

地味にスタートしたHP「Steam & Smoke
開設後殆ど放置状態でしたが、気が付けば100を超えるアクセス
ならばと数点追加して更新しております。


2018_02
04
(Sun)13:00
機関庫のライトアップが為されるとのことで京都鉄道博物館へ行って来た。
大型扇形庫にこれだけの罐が頭出しして並ぶと壮観な眺めであるが
庫内に収まる罐は一両たちとも火の入らぬオブジェ状態。
漂う煙も蒸気も無く、コンプレッサーやタービンが稼働する音も無ければ煤の匂いも感じない
ただただ、ひんやりとした空気だけが漂う空間であった


2018020412284681b.jpeg

201802041228443ae.jpeg
この日スチーム号を牽引したC612が唯一生きた罐であり庫外留置線で煙を少しばかり燻らすが
多勢に無勢でこの空気感にのみ込まれているだけであった。



折角、入場料払ったものですから・・・
2018_02
03
(Sat)12:00

逆C11171+14系改4B+スハフ44系改1B 釧網線 釧路湿原(臨)~遠矢 2017.02.03

使用機材
カメラ Canon EOS 7D
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

一年前の今日2月3日、阿寒の山並みは神々しくその存在感を示していた。
さてさて来週はどんな威容を見せてくれるだろうか楽しみである。
因みに中央に座する雌阿寒岳(1499m)をアイヌ語でマチネシリと言いう。