FC2ブログ
2019_01
30
(Wed)06:55

C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 津和野〜船平山 2017.12.17

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM

黒と赤の協調…と記して「仔馬と赤豚の重連」と読む。

そうそうと頷く人は現役蒸機を知る世代。
「ちょっと何言っているのか判らない」と言う人は…
サンドイッチマンの富澤さんかな(笑)

2018_12
12
(Wed)06:00

C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 長門峡〜渡川 2017.12.17

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM

12月も中旬になると阿東路に雪の便りも聞かれる頃となる
C56にとっては最後の冬となった昨年12月の運行
凛とした空気の中を汽笛とドラフト音を響かせ駆けて来た日から
間も無く一年の時が流れようとしている。
2018_05
27
(Sun)06:00
20180526232247306.jpeg
C56160+DD511043+12系5B 山口線 徳佐 2018.05.06

使用機材
カメラ Canon EOS 7D
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

いよいよ本日がC56160にとって本線営業運転の運用最終日である。
さらには北びわこ号も今後は1号のスジ一本だけの運行になると言う事で
北びわこ3号もラストランの日となる。

終わるから行くのではなく、いつも通りに北びわこ号を撮りに出かけるだけなんだが
やはり最後となると寂しいものですね。

さあ、行って来ますか。君の最後の走りを見届けに。




2018_05
23
(Wed)06:00

C56160+DD511043+12系5B 山口線 鍋倉 2018.05.06

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

9524レ ありがとうC56号
いよいよ山口線でのラストランとなるこの列車
鍋倉の県道法面上の斜面からその姿を見納めることとした。
11時14分着の15分発車、別れの汽笛を高らかに鳴らし鍋倉を発つ
別れに涙は付きものとばかりに連れて来たのか雨がそぼ降り始める。
汽車が去り涙雨に濡れる鍋倉の地を眺めていると
「さようなら」と鳴きながら駆けているのか寂しげな汽笛の音が遠くに聴こえた。

ありがとうポニーお疲れ様でした。




2018_05
19
(Sat)06:00
201805182249497a5.jpeg
C56160+DD511043+12系5B 山口線 徳佐 2018.05.06

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

津和野駅6時38分発の普通山口行き列車との交換を待つため
徳佐駅で24分間の運転停車となった回9523レ
定刻の6時54分、汽笛高らかに終着駅の津和野を目指して徳佐を発つ

2018_05
16
(Wed)06:00
20180515204848bb8.jpeg
C56160+DD511043+12系5B 山口線 篠目 2018.05.06

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

まだ夜が明けぬ暗闇の中、鉄人さんと支部長さんの後に続いてジョニやんと共に竹藪茂る斜面を登る
篠目駅を眼下に見下ろすポイントに着くと共に白々と夜が明け出した。
暫くして今日が山口線でのラストランとなるC56が白煙を上げながら篠目駅に到着
午前6時、防災行政無線のチャイム「エーデルワイス」が山間の里に響き渡り朝の訪れを告げる
ほぼ同時に踏切の警報音が鳴り出すとジョイント音を里に響かせ上りの一番列車キハ40単行が着く
再び踏切の警報音が響き出すとC56が長笛一発。
応吼するようにDD51の甲高いホイスル音が響き渡るとドラフト音のリズムが刻まれ列車が走り出す
列車の加速と共に吐き出すドレーンと白煙が列車を包み込むように流れ行く
新山口行きのキハ40単行も同時発車であるが今朝の主役はC56とばかりに音もなく去り
ポーッポポとC56が絶気合図の汽笛を鳴らすとDD51もピーッピピと応吼しながら視界から消えて往く
ジョイント音がだんだん聞こえなくなり山間の里に再び静寂が戻ると「バンザーイ」の声が木霊した。







2018_03
16
(Fri)18:00
20180316144843b45.jpeg
C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 地福 2017.12.16

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

降り頻る雨の地福駅
12時31分にタイフォーンと汽笛が同時に鳴り響き
キハ40系単行による山口行き普通2546Dと
C56とDD51が牽く津和野行き快速8521レが発して行く



2018_01
17
(Wed)06:00
20171217-5O5A8939.jpg
C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 津和野〜船平山 2017.12.17

現役蒸機末期の頃、赤ブタと揶揄されたDD51も今じゃ絶滅危惧種
そんなDD51を従えて、これまた本線運用からの離脱が囁かれるC56が
やまぐち号らしい煙を引き摺りながら牧ケ野の築堤を駆け上って来た。


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF24-105mm f/4.0L IS USM
2018_01
04
(Thu)18:39

C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 徳佐〜船平山 2017.12.17

十種ケ峰から降りてきた霧が里を包み出す
野太い汽笛と甲高いホイッスルがその霧を裂くように響き渡ると共に
軽快なリズムでドラフト音を奏でながら汽車が駆けて来た。



使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

年末年始の休暇ですっかり曜日感覚が麻痺
水曜鉄どうでしょうなんて言いながら今年最初の水曜日を失念
今年もまた「いい加減」「テキトー」「ダサ画」の三重連で
鉄道写真系ブログの末席を思いっきり汚して参りますので
皆さまにおかれましてもテキトーにお付き合い下さい。

2017_12
27
(Wed)06:00

C56160+DD511043+35系4000番台5B 山口線 長門峡〜渡川 2017.12.17

師走の山口線
例年であれば客車3両をC56とDD51で牽くクリスマストレインであるが
今年はやまぐち号として客車5両の編成での運行。
雪舞う中、力強く長門峡駅を発車したやまぐち号は阿武川の鉄橋を渡り津和野を目指す。

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

本来はあと標高20m先の立ち位置から見下ろすつもりが
雪で濡れた急斜面が滑って登り切れず断念。
ここもまた来年の課題、桜の時期に再挑戦かな。