FC2ブログ
2018_05
25
(Fri)12:30
201805251237268fe.jpeg
C56160+35系5B 函館本線 張碓〜銭函 1980.11.26

使用機材
カメラ MINOLTA SRT101
レンズ MC ROKKOR 55mm f/1.8

思い起こせば…
君との出会いはこの北海道鉄道100年記念号
川崎車輛兵庫工場で産声を上げた君は新製配置となったのが北海道は日高線の静内機関区
3年半の時を道内で過ごし備後十日町区に移動して行って以来38年振りの北帰行がこの運行でしたね。
私も夕張線で現役蒸機牽引の運炭列車を見納めて以来5年ぶりの蒸機列車の撮影であり
試運転期間も含めて久方ぶりのワクワク感を味わえたものでした。

以来、休んでは再開を繰り返した復活蒸機の撮影趣味ですが
今日こうして撮影に出かけこんなブログまで綴っていられるのも
君を石狩湾で撮ったことが始まりでした。

27日のラストランそんな感慨の中「ありがとう」と見送ってあげたい。
2017_09
06
(Wed)06:00

C56160+スハフ32系5B 函館本線 張碓〜銭函 1980.11.23

37年前の北帰行では海沿いの轍を結構煙を上げてくれたC56160号機
この秋の運行がラストではと噂される北びわこ号の牽引
是非とも煙る走りを見せて欲しいものです。


お目汚しですが…いい日にちなもので
2015_07
25
(Sat)07:00
20080715-IMG_2288.jpg
C56160+旧客5B 函館本線 張碓~朝里 1980.11.26

かつて鰊漁で賑わった石狩湾、点在する木造の番屋小屋の脇を
赤ラインの入った旧客が汽罐車に牽かれて駆け抜ける


使用機材
カメラ ミノルタSRT101
レンズ ロッコールMC200mm f3.5

2012_09
15
(Sat)18:39

C56160 函館本線 手稲〜銭函(現、星置付近) 1980.11.24

みなさん、こんばんは。

札幌から早朝のフライトで仙台に入り業務
夕刻から、仙台に居る部下の挙式、披露宴に参列して
ただいま、こまち42号で帰路についたひぐまです。
今週はずっと出張の連続で帰宅したのは水曜の夜だけ
これだけ続くと(しかも残暑厳しい中)ヘロヘロに疲労するのですが
今日は珍しく、疲れを知らない子供のよう(笑)
まあ、明日大熊猫トリオで久々の高見を敢行することが決まり
ウキウキワクワクが疲れを癒しちゃっているものと思われます。

さて、今夜の更新・・・
北海道鉄道開業100年記念のC56160の模様です。
札幌から手稲、そして銭函にかけては平坦区間という事と
711系電車、貨物、さらには手稲〜札幌間では回送の特急、急行と
過密に近いダイヤの函館本線。
ノロノロと罐を走らす訳には位かずと75km/hの最高速度設定で
この辺りは、あっと言う間に駆け抜けて行くポニー
えっ〜!? C56ってこんなに速かったの?と驚きの駿足
大井川の44や、地方巡業の160の走りとは全く別物でした〜
と、言っても後からの比較論ですけどね。

さあ、明日はPPを高見から。
ガスらないことを祈るばかりです。
帰宅したら即、寝るぞ!
2012_06
13
(Wed)22:47
20110103-IMG_3925.jpg
C56160 函館本線 張碓~朝里 1980.11.19

この画を撮ってから既に30年以上の歳月が流れている
11月の北海道は正に冬の始まりかの如く気温は低く
とりわけこの海岸沿いは海からの冷たい風が吹きつけ心底冷える所であった

汽車を待つ私に「寒いべぇ~こっちさ来て暖まればいっしょ」と
番屋で網を繕うお爺さんが声をかけてくれた
番屋ではストーブが焚かれ、冷え切った身体に正気が戻る感じが。
奥さんであろう、老婦人がコーヒーを入れてくれる。
温かくて美味しい・・・
「汽車さ撮って面白いか?」「昔は毎日、全部汽車だったなぁ・・・」
などと、お爺さんの話を聞きながら人の温かさをも身に沁みる
「ここで撮った写真を送るね」そんな約束をし、この画を撮りに線路際へ

数日後、四つ切に引き伸ばしサービスフレームだかのパネル化した
この画がDPE店で仕上がるものの・・・
梱包が面倒だなぁ~なんて放置。更に悪いことに上階の漏水が
自室に漏れ伝わり、放置していたパネルに沁みてしまう

あたかも送らなくていいやとの理由を作ってしまい、約束を反故したまま
月日は流れ、一時のC56運行で復帰した罐撮りもそのまま休止
約束も反故したことすらも忘れたまま、時間だけは流れて行く

10年ほど前にPCを導入しHPでも作ろうかと昔撮ったネガなどを見ていると
この画に目が止り、あの時の温かさが思い出されると同時に心の棘が痛み出す

「楽しみにしていただろなぁ・・・」
そう思うと、心が痛い。その痛みは時が経てば経つほどに痛むものである。

お爺ちゃん、あの時はありがとう。
約束を守らずにごめんなさい。



2011_02
27
(Sun)22:48
みなさん、こんばんは

一日中のんべんだらりんと過ごして休養充分となったひぐまです。
皆さんは、如何お過ごしだったのでしょうか?
早いもので2月も明日で終わり本日真岡をパスしたので、この2月での出撃は
結局、先般の釧網線へ行った1日だけとなってしまいました。
3月からは秩父も始まるのでもう少しペースアップして出撃しようかと
スケジュール表と睨めっこしております(笑)

さて、今夜の更新は・・・
IMG_3923dd7w1.jpg
C56160 函館本線 張碓~銭函 1980.11.24
北海道鉄道開通100周年記念で運行されたC56が石狩湾沿いに走るシーンです
昨年130周年記念でC11による運行がこの区間であったものの
流石に行くことが出来ず、その分は同区間を走るクリトレでと思ったのに
新幹線青森延伸記念でクリトレが函館~大沼間に変更となり願い叶わずってことに
さてさて、JR北海道さん、今年はここを走らせてくれるのでしょうかねぇ~

IMG_2581d7w1.jpg
721系&731系 函館本線 張碓~銭函 2010.09.20
で、こっちはオマケ~
これは上のC56が走る区間を上から見下ろしたもの。
昨年、C11ニセコ号の帰り道にパチリとしたやつです。

海と蒸機の組み合わせって意外と叶わないんですよね~
今年も6月に羽越で笹川流をC57が駆けるようですが、さて行けるかなぁ?
その前の週には弘前~青森に498登場って、どうせならC61を持って行けば
里帰り運行になるのにね!
スケジュール表をついつい先まで睨めっこしちゃうひぐまでした(笑)
2010_11
30
(Tue)23:54
IMG_3431dd7w1.jpg
C56160 函館本線 張碓

みなさん、こんばんは。

先週の土曜日に函館本線、札幌~小樽間で
北海道鉄道開業130年を記念してのSL運行がありましたね
残念ながら出撃には至れませんでしたが、その昔、そう30年前の
100年記念には試運転を含め7日間の出撃をしていたものでして
あの頃が懐かしく思える今回の記念運行
でもね~もう既に30年が経っているんですよ~
あの頃の好青年も今じゃ単なる中年メタボおやぢって

その130年記念号の素敵な画をリンク先のchomoさんのブログ
PHOTO EXPRESS Ver6.03 NEW  ANNEX でご覧いただけます
是非、訪問してみてください。
2010_08
30
(Mon)22:50
昨日の正調「正面ドッカ~ン&モクモク」に多くの反応を頂戴し
誠に恐縮でございます。
拙ブログに於いて、主催者側自己規制からこの系統は極力抑え気味にとの
流れがあるものですから、たまに掲載すると冷や汗がドバーっと出てしまいます。

まあ、開き直りとでも言いましょうか…
勢いとでも言いましょうか…
ついでとでも言いましょうか…

言い訳たっぷりですが…今夜も行っちゃいましょう~
IMG_2290d4ddw1.jpg

はいはい、今から遡る事30年前の北帰行したC56160号機
函館本線は銭函付近の海岸線脇を行く姿(姿?顔じゃん!)

どうぞ、どうぞ、どうぞ~っ!
    呆れてくださ~いっ!!

【若い撮り鉄君たちに告げる】
得てして、汽車撮りにおいてこのような正面ドッカ~ンって画を撮り
「迫力がある」なんて思う事もあるでしょう。
が、しかし、何処で撮っても皆同じって画に後年必ず後悔の念が湧くものです
正面ドッカ~ンを決して否定はしませんが、徐々に何処を走っているのかを
画の中に表現出来る画作りをなされると、逆に後年「良かった」と思えることも
あるものですぞ…

いえいえ、単なる老いぼれ爺の戯言です。
         良い子の皆さんはダサですからマネしないようにしましょう
2010_04
17
(Sat)23:47
皆さん、こんばんは!

今朝の降雪には驚きましたねぇ~我が家の周りは真っ白
今日は4月も中旬の17日ですよ。何やら首都圏では41年ぶりの4月の降雪とか。
4月の降雪にはある程度免疫のある道産子のひぐまでもびっくりでした。

明日の秩父方面は一日中晴れで気温が15~16℃ってことらしく
久々に出撃しようかなぁ~なんて考え中。
行くとしたら、どこで?う~ん悩むところです。くろくま隊長の桜情報では長瀞以西は
まだどうにか絡められそうとか・・・悩んじゃうなぁ~明日、電車の中で決めようかな(笑)

さて、今夜の更新は・・・
秩父とも、桜とも全く関係ないネタですが、先般の札樽間開業130年のネタ続きで
100年記念のC56運行からの1枚です
IMG_2292w1.jpg
小樽~朝里間の海沿いを白煙を棚引き旧客を牽くC56の記念列車
汽車の汽笛に驚いたのか、それとも近づくヘリに驚いたのか海鳥たちが
一斉に飛立っております(単なる黒点にしか見えないけど・・・)
11月の某日は午前、日の当たらない岩陰で石狩湾の海風を受けながら
カマを待ったあの日から時は流れて今年で30年・・・月日の流れは早いものですねぇ

カマを小さくとの声に即日、反応しちゃったひぐまでした~
2009_01
19
(Mon)22:06
今日の挨拶では「暖かいですね~」がお決まりの文句だったような陽気
まあ、つかの間の陽気でまたまた直ぐに冷え込んでしまうのでしょうが
心地の良い天気だったのは嬉しい限りの1日でしたね。

さてさて、ニュースで面白い罪で(被害者には申し訳ない表現ですが)逮捕された話がありましたね
何やら罪状は「葬儀妨害罪」とか。
お葬式を邪魔するとこの罪に規せられるみたいですが、
ならば、結婚式の妨害は罪になるのでしょうか?
挙式妨害罪なる罪は無いようですが業務執行妨害罪が適用されるようですね。
「エレーン!エレーン!」って叫んで、花嫁を略奪した映画「卒業」なんかは
その妨害罪より重い略取、誘拐罪ってことになりそうですなぁ~

さて、今夜は・・・そんな話とは全く関連性が無いのですが
IMG_2287w1.jpg
今から丸28年前の北海道鉄道開通100周年記念のC56160号運行時の1枚
ここは、張碓~朝里間の海岸に迫り出す絶壁のような岩壁の下をトンネルで抜けた地点
辺りには石狩湾を漁場とする方がたの番屋が並ぶ
その番屋、木造の如何にもって感じがする建物であるが、建物中は薪ストーブが焚かれ
温かな空間が存在していた。
11月下旬の氷つくような海風を受ける中、その番屋で暖を取らせて頂いたことを思い出す
多くの鉄がこの運行で沿線に訪れていたが、運行期間中2度ほどここで撮ったものの
鉄らしき人たちとの遭遇も無く、落ち着いて楽しく過ごせたものであった。
きっと、駅間が長く線路内歩行が禁止されていた区間であり基本的には撮影の為の立ち入りを
禁じていたので遭遇しなかったのかも?
えっ?なんでひぐまは禁止エリアに居るのかって?
国道からこの番屋に続く道を知っていたからですよ。ねっ!キツネメ君。
不法侵入罪?いえいえ、番屋に続く道ですから合法ですよ~