2016_04
15
(Fri)07:00

C612 梅小路蒸気機関車館 2015.04.04

京都鉄道博物館のグランドオープンは今月29日
従って今年は罐と桜の融合は見られません。


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

2015_04
07
(Tue)08:00
20150404-5O5A6750.jpg
EF58150 C622 梅小路蒸気機関車館 2015.04.04

C622   1948-05-20  日立製作所笠戸で落成後糸崎区を経由して宮原区へ
      東海道筋で特急「つばめ」「はと」そして「さくら」の牽引機として活躍
       1957-01-21  宮原区から小樽築港区へ
EF58150 1958-03-11 東芝製作所で落成後宮原区に配属
      C62の後を受け特急「つばめ」「はと」そして「さくら」の牽引機として活躍

この春、京都梅小路にて先輩と後輩が並んで語らいの時が訪れた。
さくらの花が咲き誇る中でC62は臨時特急さくらを
EF58は寝台特急さくらを思い浮かべて語らっているのだろうか?

本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

この並びが撮りたいってことで訪れる方多いと聞く。
まもなくEF58は京都鉄道博物館に搬入されると、もう並ばないだろうからねぇ~






2015_01
24
(Sat)08:00
20141026-5O5A2516.jpg
スチーム号の運行を終えて給水給炭の整備を受ける頃、西日がボディを金色に染める

20150111-5O5A4563.jpg
転車台で駐機番線を選ぶシーンはさながら千両役者の花道の如くか
足回りのベースC59とボイラのベースD52はさながら両親が我が子を見る目であろうか

20150111-5O5A4612.jpg
今夜の寝床は3番線庫、原色のDE10やD51のテンダーがフレームインすると
さながら現役時代の機関区を彷彿させてくれる

撮影 2014.10.26(上) 2015.01.11(中・下) 梅小路蒸気機関車館 

本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

昨日3ちゃんで綴ったからね~ならば兄貴もってことですよ。

2015_01
13
(Tue)08:00
20150111-5O5A4541.jpg
C622 梅小路蒸気機関車館 2015.01.11

かつて山線で急行ニセコを牽いていた頃
僚機3号機と重連仕業に就くと「ゴールデンコンビ」と呼ばれたけど
腕木式信号機の君とは相棒と呼ぶののが相応しいかな?


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。
お陰様で高得点獲得!
心より感謝申し上げます。
引き続きポチっとをよろしくお願い申し上げます。

  ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

新春恒例、特別展示の「蒸気機関車の頭出し」が開催中であった梅小路
こうして見ると20線の扇形庫は壮観です。
20150111-5O5A4622.jpg

で、1月10、11日は・・・

2014_10
27
(Mon)08:00
20141026-5O5A2394.jpg
10月の下旬はC622がスチーム号を担当すると梅小路のホームページに掲載されていた
もしかすると義経号の運行時に屋外展示されていた9633はそのままかも?
なんて思考が大井川キャンセルでヒマしている身を梅小路へ誘う

20141026-5O5A2265.jpg
掲示通り、デフにスワローエンジェルを輝かせるC622が全身に蒸気を巡らせ息をしていた
そして目論見通り、9633が転車台から続く屋外引込線で展示されている。

20141026-5O5A2524.jpg
扇形庫とC622、そして9633と来たら「小樽築港機関区」を彷彿させてくれる

20141026-5O5A2545.jpg
きっと急行ニセコを牽引する際に、こんなシーンもあったのでは?

20141026-5O5A2453.jpg
スチーム号の運用を終えたC622がターンテーブルで転向する際に向き合う

20141026-5O5A2634.jpg
そして横並びして夜を過ごすことに。
9633は1955.03.28に倶知安機関区から小樽築港機関区に異動
C622は1957.01.29に宮原機関区から小樽築港機関区に異動
小樽築港時代が15年、そして梅小路に異動して42年
半世紀以上も同じ庫で過ごすこの両機、さて今夜は仲良く並んで
何を語らうのだろう・・・


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

C622 9633 梅小路蒸気機関車館 2014.10.26


2013_05
12
(Sun)16:17
20130109-IMG_1933.jpg

1914-11 川崎造船所兵庫NO.142 新製
1972-09-24 小樽築港区から梅小路区へ異動となり動態保存
1979-03-28 梅小路区にて廃車、備品扱いで動態保存 走行距離 2,670,745km
1987 ボイラ廃止にて静態保存へ 

20130109-IMG_1936.jpg

この春、1両のキューロクが38年ぶりに空気の力で動いたが
君には蒸気の力で再び動いて見せて欲しいものである

20130109-IMG_1932.jpg

多くの仲間たちと過ごす余生も幸せかも知れないが
本当の幸せは冷えた鋼鉄の躰が蒸気で温まり動き出すことなんだから

    梅小路蒸気機関車館 2013.01.09


本日、缶圧不足にて可動できずひぐま号は休刊です。

   
2012_01
24
(Tue)21:35
20120124-IMG_1317.jpg

20120124-IMG_1293.jpg

20120124-IMG_1308.jpg

20120124-IMG_1306.jpg

20120124-IMG_1332.jpg

20120124-IMG_1337.jpg

20120124-IMG_1338.jpg

みなさん、こんばんは。

大阪出張の帰り道、ぶらりと梅小路に立ち寄って参りました
梅小路と言えばかつては東海道筋の拠点機関区として
C62をはじめ多くのカマを有したマンモス機関区。
今でも総勢19両のカマを有する蒸気機関車館としてその面影を残すものの
博物館のイメージがその面影を消してしまうのが残念なところ。

そこで、今回、all ways 「三丁目の梅小路」だなんてテーマを掲げ
往時を偲ばせる画を撮ってみようかと・・・

全て PowerShot G11にて撮影 JR西日本 梅小路蒸気機関車館 2012.01.24

さてさて、現役時代の大型機関区を知る皆さんにはどう見えるやらねぇ?


で、ついでとは言え・・・
2010_01
13
(Wed)19:00
皆さん、こんばんは!
本日、札幌出張から帰還したひぐまですが・・・
飲み会参加の為、帰宅が深夜になる見込み
と、言う訳で・・・
三夜連続の「休刊日」で~す!

今夜はマジ更新かとご来訪いただいた方申し訳ありませんなぁ~
で、三夜目の休刊日ネタは・・・
IMG_a6271_convert_20100111020446.jpg
昨夜のネタを撮った梅小路から続きものです
D51の半流型、ハチロクの2コブ、C55のスマートな形、C58って後ろが流れているのね
おっとD50は砂箱ドームってことで、ドームを各種並べてみましたってね!
こんな画でドームすみません。