2015_04
05
(Sun)08:00
20150404-5O5A6646.jpg

20150404-5O5A6689.jpg

20150404-5O5A6670.jpg

雨と聞いていた今日、予報に反して晴れ上がった空の下
桜を愛でに近所の公園へ
咲きほこる桜の花も旬を迎え風に舞い出し始める
そんな桜を眺めていると・・・「そうだ京都行こう」って気分に

20150404-5O5A6718.jpg

20150404-5O5A6745.jpg

20150404-5O5A6771.jpg
C612+スチーム号編成 梅小路運転線 2015.04.04

梅小路蒸気機関車館としてはこの夏8月で閉館を迎え
来春、京都鉄道博物館と生まれ変わる。
梅小路として最後の桜と罐を愛でた「そうだ京都行こう」であった。

本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

次はどこへ「そうだ」になるやらねぇ? 

2015_01
31
(Sat)08:00
20150111-5O5A4509_20150129230241cc7.jpg

20141026-5O5A2311.jpg
C622+スチーム号編成 梅小路運転線 上)2015.01.11 下)2014.10.26

上のヘッドマークは「定番」バージョン 下のヘッドマークは「開区100年記念」バージョン
あらま、しつこいんだからねぇ~また定点?いえいえ本日も休刊日にて
二個で一個にも満たないネタシリーズでした~


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

上は最新玉、下はその先代だけど・・・差がないなんて言わないで、その差は預金残額の差なんだから~(笑)
朝8時の予約更新、その時間には空の上って予定も低気圧のせいで延期。列車も早々にウヤ宣言ってことでした。





2014_10
31
(Fri)08:00

C622+スチーム号編成2B 梅小路蒸気機関車館 展示線 2014.10.26

次こそは俺がと信じて来たが、奴が先に本線復帰することに。
いつの日にかデフのSwallow Angelを輝かせて疾走してやるぞ

な~んて、思っているのかなぁ・・・


本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

梅小路の構内運転ばかりって正しく籠の鳥だよねぇ~

2014_09
25
(Thu)08:00
20140923-5O5A1426.jpg
8630+スチーム客車2両 梅小路蒸気機関車館運転線 2014.09.23

梅小路蒸気機関車館のHPを見てみたら
スチーム号の牽引機が8630と記載されていたもので
「走るハチロクを見てみたい!」と言う衝動から梅小路に行っちゃった~

20140923-5O5A1455.jpg

梅小路蒸気機関車館の脇では「鉄道博物館」の工事がなされており
その関係から立ち入り規制エリアが増えてしまいスチーム号を撮る立ち位置が限定されてしまい残念
こうしてハチロクの走る姿を観ちゃうと球磨川沿いを走るハチロクも観たくなっちゃうから困ったものです

えっ?アハハ、行かない行かない。今はまだ行かないよ~ん(笑)



本日もお越しいただきありがとうございます。
ご訪問の証とでも言いましょうか「見たよ」「来たよ」って感じで
下の【S L】バナーをポチっとして頂けると、明日の更新の励みになります
どうぞ、よろしくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

ちょっと駅から歩くものの寮から400円の電車賃で梅小路に行けちゃうなんて驚きでしたよ~

2013_01
09
(Wed)19:23
20130109-IMG_1922.jpg


君に逢いたくて小樽築港機関区へ出かけた40年前のあの夏の日
君は息をせずにじっと庫の中で佇んでいたね

君が梅小路に転属してから何度逢いに行っただろうか
でも、君はいつもあの夏の日と同じように息をせずに佇んでいるばかりだったね

数年前に君はもう二度と息をしないかも知れないと聞かされた時は悲しかった
去年、君が再び息を吹き返すために整備を受けると聞いた時は嬉しかった

でも、一番嬉しいのは、こうして息する君に逢えたことだよ
あの40年前の夏の日に叶わなかった夢を叶えてくれてありがとう