fc2ブログ
2023_12
06
(Wed)06:00

C57180+12系改7B 磐越西線 山都〜喜多方 2023.11.05

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100mm f/2.8L MACRO IS USM

津川の箕ノ輪山林道から撮影後、久々に一ノ戸川橋梁を真横に見る丘陵地に。
ここに立って撮影するのは実に12年振りでその際はD51の走りであり
C57でとなると2010年のクリトレ以来とあって期待感でワクワクしながらの移動
現着してみると丘陵のヘリから横一列でどこからも撮れた立ち位置も流石に10年からの歳月は木々の成長著しく
抜けももほんの一寸の立ち位置に限られる事になっていて驚きでした。

飯豊の山々に積雪があるのを期待するも雪どころかドン曇りの空に飲まれてスッキリしない山並になり
期待の煙も今一つのモクモク度合いとなりましたが
12年振りにこの立ち位置で撮りたいと言う願いが叶ったことに満足の一ノ戸川橋梁遠望でした〜
2023_11
22
(Wed)06:00

C57180+12系改7B 磐越西線 山都~野沢 2023.11.05

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM


この日の喜多方の日没時刻は16時38分 ばんえつ物語号が山都駅を発する時刻が16時06分
定時より5分延発で山都を出たC57は日没前の秋の陽が舘ノ原を包む中を白煙を上げて現れた。
残念ながら機関車には陽が当たらずであったが秋色に染まる舘ノ原の眺めの中に汽車を絡めることが出来た。
この後は追っかけたところで夕闇の撮影とあってこれにて打ち止め終了
往路で2回復路で1回の計3回撮影機会を得られ満足の「ばん物」詣でした〜

2023_11
08
(Wed)06:00

C57180+12系改7B 磐越西線 三川~津川 2023.11.05

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

先月に続いて東のライパシくん詣へ連れて行っていただき秋色に染まる沿線を往く姿を堪能して参りました。
注文の多い同行者としては「クマに遭わない安全志向」をメインテーマにお手軽見下ろしをオーダー
往路2箇所、復路1箇所と合計3箇所の希望オーダーが揃い画の出来は別として満足のばん物詣でした。

この立ち位置、阿賀野川の対岸に続く稜線に巡らせた林道から京ノ瀬地区を抜いたものですが
当初のイメージでは白煙が棚引くはずであったが…超薄い煙で残念賞。
そのため阿賀野川の川面にリフレクションも良く分からずの写り込みと相成りました。
因みにこの立ち位置から左に100mほど移動する林道沿いからは
津川方向の川沿いシーンがリフレクション付きで見られますが駅近くとなり煙は?ですけどね。

Special thanks
kogechator.exblog.jp
2023_10
25
(Wed)06:00

C57180+12系改7B 磐越西線 喜多方~山都 2023.10.08

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM +EXTENDER EF1.4×

まる10年振りの慶徳での撮影。
前回はもっと右手に回り込んだ立ち位置で斜め横からの撮影であったが
今回はご覧の通りにほぼ真正面から撮る立ち位置。
立ち位置から線路までの距離が案外あるのでもう少し長い玉が欲しかったところですが
雰囲気的にこんな塩梅で良いのかなと思うところです。

ばんえつ物語号、レギュラー運行は残り10日間、祭日なる3、23日は走らないのがちょっと残念と言うか不思議。
クリトレは12月2-3日と総数今季残り12日、西方に居るとそうそう行けずなもので目指せ最低1回ってね(笑)



2023_10
11
(Wed)06:00

C57180+12系改7B 磐越西線 荻野~山都 2023.10.08

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

西方の貴婦人がいつまで経ってもその麗しきお姿をお見せにならないので東方の妹貴婦人を愛でに連れて行ってもらった。
磐越西線へは昨年の6月以来と言う事で1年4ヶ月ぶり。
この通称温泉俯瞰と呼ばれる立ち位置には実に10年ぶりであるが構築物などは殆ど変わらず
変わったのは線路際と立ち位置の周りの木々の成長
このカーブに於いても手前の鉄橋部分が見えなく成りつつあり木々の葉が茂らない時期しか撮れなくなりそうです。

久々にお目にかかった貴婦人C57、その麗しき姿に力強い走りっぷりに「やっぱC57は良いねぇ〜」と実感。
お連れ頂いたねこさんに感謝です。ありがとうございました。また連れて行って下さいね〜

Special thanks
kogechator.exblog.jp
2023_06
14
(Wed)06:00

C57180+12系改6B 磐越西線 鹿瀬〜日出谷 2022.06.18

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark Ⅲ
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

月日の流れは早くこの撮影から丸一年を迎えようとしている。
この1年間は西の1号機は故障が癒ず未だ復帰せず、東の180号機は大雨による橋梁流出と検査入場もあり
C57を撮れず終いのまま一年が過ぎて行ったことに。
180号機のホームグラウンドである磐越西線の橋梁も復旧し180号機の検査も終えて出場を迎え7月下旬からの運行との朗報。
1号機も修繕箇所が直り間もなく試運転との話もあり、こちらの本線運行も期待できるところとなって来たようです。
夏から秋にかけて東西のライパシ競演が叶うかと思うとワクワクですね〜



2022_07
13
(Wed)06:30

C57180+12系改6B 磐越西線 鹿瀬〜日出谷 2022.06.18

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

梅雨晴れで気温が上がり暑い日となったこの日のC57180
暑さをぶっ飛ばせと思ったかどうかは知らないが阿賀野川の対岸に現れ
鹿瀬駅を過ぎ深戸の橋梁を渡るまで黒煙バクバクと噴き出しての熱い走りを披露してくれた。
D51200の故障修繕から山口線行きの機会を失い熱い煙の走りを見損なっていた我が眼に
「どうだこれが見たかったのだろう」と言わんばかりの走りに福眼の思いでした〜

そのやまぐち号、なかなか修繕が完了せず遂に8月復帰の話もなくなりDLやまぐち号の運行となることに。
原色DE10の重連やこれまた原色DD51による運行と赤い夏になる様です。
今やDD51の客レ牽引はSL運行より貴重な運用とあって沿線の人出も多くなることでしょう。

2022_06
29
(Wed)06:30

C57180+12系改6B 磐越西線 日出谷〜鹿瀬 2022.06.18

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark Ⅲ
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

標高460mの山頂で待つこと5時間強
喜多方3分、山都5分延発と遅延気味で運行されていた8233レであったが
何処でどう回復させたのか日出谷には定時到着で1分の停車時間にて定時発車
風も無く一条の黒い煙を縦上がりさせ駆け出すも煙は鉄橋の手前では既にポワポワ
後は虚しい程の無縁状態で平瀬界隈を駆け抜けて往ったばんえつ物語号…
もっとも煙が無くてもいい眺めの中を行く蒸機客レを見られただけで充分満足でした〜
(強がり?いえいえ撮り直しに行く活力が湧かないだけです〜笑)




2022_06
22
(Wed)06:30

C57180+12系改6B 磐越西線 鹿瀬〜日出谷 2022.06.18

使用機材
カメラ Canon EOS 6D Mark II
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM


C57はおろかD51すらも故障でウヤが続く山口線に業を煮やし一昨年12月の花火以来の磐越西線詣を敢行
本格的な俯瞰撮影を求めての山歩きも一昨年の山口線以来とあってなるべく軽量化して臨んだH山山頂からの俯瞰
返しもこの山から日出谷方を見下ろす事として運動量を大幅に削減すると山頂待機時間が5時間超に反比例
小ブヨみたいな小さな飛び虫が纏わり付き足元には蟻、そして油断するとダニが忍び寄る
小ブヨは容赦なしに目に飛び込んで来るほどの纏わり付きでこれぞ「リアル飛蚊症」と大笑い。
執拗な攻めをかけるこいつらと格闘していると時間の持て余しも気にならずで5時間も過ぎ予定終了。
お連れ頂いたねこ氏に感謝です。

Special thanks kogechatora
2022_04
13
(Wed)06:30

C57180+12系改7B 磐越西線 荻野〜山都 2020.12.05

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

12月の撮影という事で願うは白煙の棚引きなるも結果は敢えなく薄煙ポアポア。
この日もメインは復路の尺玉花火コラボという事で往路はオマケ的な撮影であった。
オマケであろうがもっと真摯に向き合えとその道の先達から叱咤されてしまいそうです(笑)