FC2ブログ
2006_12
09
(Sat)00:36
20061209002039.jpg

快速いしかりライナー
1988年11月3日快速いしかりライナー誕生
この時は快速区間は札幌駅~江別駅。
ただし江別駅止まりの列車は2000年3月11日の改正までなく、
岩見沢駅・滝川駅・旭川駅のいずれかまで運転されていた。
2000年3月11日快速区間を手稲駅~江別駅に拡大
2001年7月1日より名称を快速から区間快速へ変更

現在は721系731系にて運行
快速区間の停車駅は
手稲駅、琴似駅、札幌駅、大麻駅、野幌駅、江別駅である。
JR発足時の札幌圏快速3兄弟の1員(マリン、空港)
画像は711系で使用した愛称板

vanagon714さんにコラボ

2006_11
13
(Mon)23:03
1枚のサボから…番外編
teineebetu.jpg

otaruebetu.jpg

711系で使用されたサボ
昭和63年11月時点では
22、24、26仕業が小樽ー江別、手稲ー江別の運用
また、昭和63年8月時点では
小樽発10時18分江別着11時36分の3161Mは
快速マリンライナーであった。
真っ赤なボディに紺帯サボ
入り口ドア上部にあったサボ差しで
誇らしげに存在感をアピールしていた
現存の711系は全て方向幕化された100番代以降車輌
番代区分の消滅と一緒に消えたサボである。
20061113230527.jpg

2006_11
05
(Sun)14:25
1枚のサボから…
広尾線・第6回(最終章)
1枚のサボから題材を取り上げ
シリーズで記載した広尾線も今回が最終章
20061105134843.jpg

札内川鉄橋を渡り帯広市内を行く貨物列車。
20061105135756.jpg

愛国~大正間を行く朝の貨物列車。
20061105135930.jpg

札内川鉄橋を渡る貨物列車。

広尾線から9600が消えたのは
昭和50年の4月
5月3日には「さよならSL」として重連が走った
20061105140156.jpg

tyurui2.jpg

忠類にて撮影。上、ひぐま3号。下、パパひぐまの作品。

さよならSLを記念して記念切符が販売された
hiroo5.jpg


ふるさとを離れて数年後
昭和55年12月27日に公布された
日本国有鉄道経営再建促進特別措置法に基き
廃止の申請がなされ
昭和62年2月1日をもって廃止となってしまった。
hiroo1.jpg

hiroo3.jpg

鉄路が消え既に20年弱の月日が流れているが
今なお、幸福駅は観光地として栄え
訪れる人たちと、そして現存中に訪れた人たちの
心に残る路線として記憶の中で
キハ12や9600が走り続けている。
20061105142406.jpg


1枚のサボから…広尾線<完>
2006_11
05
(Sun)13:36
1枚のサボから…
広尾線・第5回
第4回まで記載した「広尾線シリーズ」
多忙につき休載って言いながら
DD53を撮影に行っていたりして…
画像処理を済ませたので再開です。
さて、前回予告した「メモリアル乗車券セット」の中身
各駅舎をデザインしたさよならスタンプと区間乗車券
こんな内容でした。
hiroo14.jpg

hiroo15.jpg

hiroo16.jpg

hiroo17.jpg

hiroo18.jpg

hiroo19.jpg

hiroo20.jpg

hiroo21.jpg

愛国・大正・幸福から広尾までの8駅
右下に見える赤い子袋に区間乗車券が封入されていた
それがこれ↓
hiroo11.jpg

他に前出の愛国駅入場券が付き
見開きページで廃止間際の時刻表(第4回でアップ済)
見開きのページサイズは約9cm×18cmである。
このセットも他の切符同様に
廃止後に入手したものである。
koufuku1.jpg

画像は現役時代の「幸福駅・ホーム看板」
現在、保存展示されているものは鉄製のフレームだが
現役時代は木製であり、いかにもローカル線の乗降所と言う
雰囲気が出ていた。

第6回・最終章へ続く
2006_10
22
(Sun)21:17
1枚のサボから…
広尾線・第4回
20061022203455.jpg

20061022203525.jpg

広尾線の普通列車は
池田機関区に配属されていたキハ12とキハ22が
運用に就いていた。
上の画像はキハ12の3連運用
下の画像はキハ22とキハ12の2連運用
バス窓のキハ12は残念ながら
80年代の半ばで消滅してしまい
キハ40が投入されるようになった
hiroo13.jpg

これはさよなら広尾線・乗車券メモリーセットに
記された廃止間際の時刻表
hiroo12.jpg

これがその表紙であり
記念館になって現存する愛国駅と幸福駅が
デザインされている。

次回はこのセットに入れられている
乗車券とさよならスタンプを公開します。
2006_10
19
(Thu)23:47
1枚のサボから…(今回は2枚だった~)
広尾線・第3回

本日のテーマは「愛国駅」
昭和4年11月2日開駅
帯広起点で11kmに位置し
依田、北愛国についで3番目の駅であった。
aikoku1.jpg

aikoku2.jpg

駅名の起源は
元ここに愛国青年団という団体があり
後にこれが愛国という部落名となったので
駅名はこれをとったためとされる。
開業時から有人駅であったが
昭和49年12月15日をもって無人化された
しかし、当時は「愛国~幸福」の切符が
大ヒットの真っ最中であり
簡易委託駅となって乗車券の販売を継続
入場券の販売は中止されたが
観光ブームに便乗して再発売されるようになった。
廃止後は「愛国交通記念館」として
駅舎ならびにホームを保存し
帯広市内(緑ヶ丘公園)から19671を移設し展示している。
hiroo10.jpg

hiroo8.jpg

aikoku7.jpg

上の入場券は観光記念絵柄入り硬券入場券
中の入場券は記念きつぷタイプの入場券
下の入場券は乗車券メモリーセットに唯一同梱された入場券である。
日付が印刷されたタイプであり
全体に右寄りに印刷されていて○ムとは印字されていない。

漆喰の趣のある駅舎は昭和50年代の半ばに
改築され、現在の記念館に使用されている駅舎に変わった。

当時、自宅のあった帯広市内から
自転車で良く愛国駅には出かけたものであり
午後2時半頃に帯広へ向け発車する1892貨を撮影した。
駅の帯広寄りに牧場があり
如何にも北海道らしい牛舎があってSLと絡めて撮影した
20061019231953.jpg

時は流れ…
廃止が決まった昭和61年の夏
帰省した折、記念のリバイバルトレインが走っていた
昭和40年代、広尾線は混合列車が走る路線であり
当時は帯広区の8620型SLがミキストを牽引していたのである。
それを彷彿させる狙いか、DE10に旧客と貨車をぶらさげ
中札内までの往復運転であった。
列車名は「リバイバル愛国幸福号」であった。
ほぼ、SLと同じ位置にてリバイバル撮影してみた。
12年ぶりの撮影であったのがこの写真である
20061019232807.jpg

その後、平成元年に廃止後初めて愛国に行ってみたが
そこだけ時が止まっているような感じであった
それから18年、今はどうなっているだろう…
2006_10
19
(Thu)00:23
1枚のサボから…
広尾線・第2回
IMGP3227.jpg

昨日の記事に掲載したサボは
帯広ー広尾/帯広ー中札内 ○帯
あれは業者が販売したレプリカサボ
今日の掲載サボは
帯広ー大正/大正ー帯広 ○釧
このサボは廃止記念に国鉄が製作しキヨスクで
販売した記念サボ

昨日の記事…
どちらかと言うと「愛国ー幸福」の乗車券に
スポットが当った内容
おかげ様でN市のTさんのブログではコラボ
本館HPの掲示板ではブログネタとして
反響を呼んでおります。
ありがとうございます。

さて今日は…
愛国ー幸福の続編バージョン
まずはこの切符
aikoku5.jpg

これは観光旅行記念の絵柄入り硬券
200円時代のもの
hiroo2.jpg

続いてこちらは廃止記念で
販売された記念切符タイプ
中に硬券がデザインとして印刷されている
その日付が廃止最終日である
aikoku6.jpg

更にこちらは
「さよなら広尾線・乗車券メモリーセット」に
入っている硬券、日付は廃止日の62年2月1日
この2枚の廃止日の切符を良く見比べて見ると
硬券には○ム愛国から幸福ゆき
発行駅も○簡愛国となっているが
記念切符タイプの乗車券は○ムも○簡も無い
これはメモリーセットに入れられた硬券のみが
そう印刷されているのだろうか?
不思議な事である。
aikoku4.jpg

aikoku3.jpg

今日の写真
昭和50年5月3日に運行された
さよなら列車の画像
これ、「ひぐま①号」の撮影
3号はモノクロでやや離れた位置で撮影につき
今日はパパ熊のものをアップです。

次回は愛国駅について考察する予定です。
2006_10
17
(Tue)22:38
1枚のサボから…
広尾線・第1回
IMGP3224.jpg

昭和62年2月1日
帯広と広尾を結ぶ国鉄・広尾線が廃止となった。
昭和4年に帯広ー中札内間が開業し
翌年には大樹まで延伸され
そして昭和7年11月5日広尾までの全線が開業した。

昭和48年3月に放映された
「新日本紀行」で愛国、大正、幸福の入植農家が紹介され、
このドキュメンタリーの放映が縁で
大正ー幸福間の切符が
「たいそう幸福に」と縁起をかつぎ売れ始め
若いカップルや新婚さんの間で
愛国ー幸福間の切符が
「愛の国から幸福へ」と縁起切符として
爆発的な販売を記録した。
hiroo4.jpg

昭和53年の夏にその数は1000万枚を突破して
記念切符まで販売された。
年度別の販売枚数は
昭和48年が8173枚
昭和49年が7403295枚
昭和50年が1563501枚
昭和51年が634601枚
昭和52年が331404枚
昭和53年6月10日時点で31884枚
こう切符の裏に書かれている。
hiroo9.jpg

この3枚の切符は昭和49年から51年にかけてのもので
人気がピーク時のものである。
hiroo7.jpg

この記念乗車券は廃止間際に販売されたもので
昭和61年の販売である。
昭和51年当時70円だった料金
10年後には3倍以上の220円である。
この程度の期間で3倍以上値上がりした物は他にあるだろうか?
こうして大幅な値上げをしても
赤字解消には至らずバス転換路線として姿を消したのであった。
20061017223545.jpg

写真は愛国駅に到着した59690牽引の貨物列車
ホームに見えるダンボール箱は
ここの名産品「メークィーン」である
昭和49年9月撮影

2006_06
08
(Thu)22:07
先日から我が鉄・部屋の壁面に
3枚のサボが並んで掲示されています。
どれも、白板相互表記で
帯広発…
さて、ここで問題です
下の画像をよくご覧下さい。
20060608220047.jpg

帯広の書体が3枚ともビミョーに違います。
①②③と番号をふってみました。
実はこの3種
生い立ちがそれぞれ違うサボ
1枚はマジもの。つまり本物
1枚は記念品としてキヨスクで売られたもの
1枚はバチもの。つまり偽者
さて①②③どれがどれでしょう~?
ヒントは「北の鉄・板ミュージアム」を見てね
まあ、それにしてもサボの書体は結構さまざま
札幌の札とか、函館の函とか種類があります。
きっと製作時に製作担当者の癖なんかが
反映されるのでしょうね
さて、問題の答えがわかった方
コメント欄で返答して下さいね。
2006_05
17
(Wed)01:27
我がHPの「北の鉄・板ミュージアム
談話室の掲示板
急行「ちとせ」のサボで区間表記の怪をお尋ねの
書き込みがございました!
なかなか書き込みのされない掲示板ゆえに
大歓迎の書き込み。
さてさてこの怪を解くのは誰の力か?
皆さんのお知恵を拝借したくここに
お願い申し上げま~す
よろしくです
掲示板アドレス
http://bbs8.fc2.com/php/e.php/higuma3-tetuita/