2018_07
14
(Sat)06:00
20180714000922508.jpeg

20180714000920c3b.jpeg
C623 小樽運転区(旧小樽築港機関区) 1990.07.14

使用機材
カメラ MINOLTA X700
レンズ ROKKOR MD50-135mm f/3.5
フィルム コダクローム KL

Nostalgic garage
28年前の今日、7月14日…
この日は第3回を迎えたC62まつりが催された日である。
かつて東洋一の機関区と呼ばれた小樽築港機関区
国鉄末期の合理化により車両無配置の運転区となり
その象徴とも言える扇形機関庫も虚構となって数年
いよいよ取り壊しが決まりC623ナイトフォトセッションも
Nostalgic garageと題して撮り納めとなった日であった。

ナイトフォトセッションはすっかり暗くなっての開催であったが
茜色に染まる空の下に佇む虚構化した扇形庫とC623の姿が
時の流れの儚さを象徴しているように思えた瞬間だった。


2018_07
11
(Wed)06:00

D51200+C56160+35系4000番台5B 山口線 篠目 2018.05.05

使用機材
カメラ Canon EOS 7D
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

7月15日の北びわこ号デビューが予定されているD51200
今回の西日本豪雨で山陽線が不通となり
広島にて回送が足止めになり梅小路に帰られないと聞く
一方、整備が遅れ21日からやまぐち号を牽くC571も
昨日北陸線で試運転するも新山口に向かえるのかどうか。
こうなると、21日からのやまぐち号はウヤが延長か?
D51デビューと盛り上がる北びわこ号はC57の牽引になるのか?
どんな展開になるのやらと気を揉むところですね。



Steam & Smoke
更新によりSpecial Contentは「重連/ダブルヘッダー」を企画展を催しております。
(中身が薄いのでさらっと更新案内でした・笑)



2018_07
07
(Sat)06:00

C6120+旧客6B D51498+12系6B 上越線 後閑〜上牧 2013.07.07

使用機材
カメラ Canon EOS 7D
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS

5年前の今日、7月7日は…

織姫と彦星の年に一度の逢瀬
そんなロマンチックに肖って企画運行された蒸機列車の邂逅運行がなされた日であった。

絡み合う煙のクロスがまるで織姫と彦星が後ろ髪を引き合うが如くとなったのは
曜日が上手くかみ合って7月7日七夕当日の運行日になったからであろうか。

この企画運行がなされなくなって数年、そろそろ復活して欲しいものである。
2018_07
04
(Wed)06:00
201807032206336ee.jpeg
C623+スハフ445B 函館本線 塩谷〜小樽 1990.07.04

使用機材
カメラ MINOLTA X700
レンズ ROKKOR MD200mm f/4.0
フィルム コダクローム KL

当時の記録を纏めた撮影データには、この日、この列車だけ
この機材だけでの撮影となっているが、何故そうなったのか全く思い出せない。
つい先だっての事ですら直ぐ忘れる今日この頃、28年前ともなれば忘れるのも
当然なのかも知れませんね。
因みに万年カレンダーで調べるとこの日は水曜日とある。
28年後の今日7月4日も水曜日と言うことでご笑覧下さい。

えっ?水曜日は平日ではないかと…
そっかこれは修学旅行臨だ。

えっ?平日は仕事じゃないのかって?
物忘れがねぇ…記憶にございません(笑)

2018_06
30
(Sat)06:00
20180630005013bfa.jpeg
C623+スハフ14+スハフ44系5B 函館本線 小沢〜銀山 1989.06.29


使用機材
カメラ MAMIYA M645
レンズ MAMIYA SEKOR C300mm f/5.6N ULD
フィルム フジRDP

函館本線 通称山線と呼ばれる下り長万部ー小樽間の定数は25
この定数とは現車10tとして何両牽引できるかの数値であり
定数25だと250tまでが機関車1両で牽引できる数値となる
スハフ44の自重は約35t定員88名として乗車時重量が約40tとなれば40/250で6両となる
この日、修学旅行の団体を乗車させるためにスハフ14を1両増結の措置がとられ
C623による定数いっぱいの6両牽引がなされたのであった。
雨の稲穂峠、さぞや難儀して登って来るのではと思って線炉端で迎え撃つも
C62を操る名手達の手にかかれば空転一つせず軽やかに登って来た。
2018_06
27
(Wed)06:00
20180626204408304.jpeg
C623 小樽運転区 1990.07.14


使用機材
カメラ MINOLTA X700
レンズ ROKKOR MD50-135mm f/3.5
フィルム コダクロームKL

水銀灯の放つ光に包まれ駐泊の時を過ごす3号機
ヘッドライトを点した風格ある表情、時折奏でられるコンプレッサーの機械音
庫の中に漂う石炭の燻される香り、そこには3号機が生きている証があった。
もう一度、この至福の時を味わいたいものである。

2018_06
23
(Sat)06:00
20180621230200c9e.jpeg
C623+スハフ44系5B 函館本線 倶知安〜比羅夫 1995.10.08

使用機材
カメラ MAMIYA M645SUPER
レンズ MAMIYA SEKOR ULD C300mm F5.6N
フィルム フジカラーCH

6月23日と言うことで…
倶知安駅を発つ快速C62ニセコ号です。
既に23年の歳月が流れ列車は伝説に私は老齢に…(笑)




2018_06
20
(Wed)06:00
20180619221742130.jpeg
D51200+C56160+35系4000番台5B 山口線 長門峡〜渡川 2018.05.05

使用機材
カメラ Canon EOS 7D
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

新緑眩しき中を初コンビの重連が長門峡駅を発つ
最初で最後の共演、2輌の罐の力強い走りは沿線に詰めかけた多くの人達を魅了した。



2018_06
16
(Sat)06:00
20180616004752864.jpeg
C56160+12系5B 北陸本線 高月〜木ノ本 2018.05.27

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

160号機のラスト運行は
JR西日本の路線上でスポーク動輪を見られる最後の日でもある。
いつになく、そのスポーク動輪とC56らしさの極みであるスローピングテンダー
そして延長したキャブ屋根に覆われた空間の抜けを切り抜いてみた。

添乗の指導機関士さん、梅小路運転区の制服であろうかすっかり今風
まるで運動部のコーチと言うような雰囲気
コーチなら後ろの車両へ乗るといいのに、何せ客車をコーチって言いますからね〜(笑)

ジャージのような制服ってどうよ!って思われるご同輩…
2018_06
13
(Wed)06:00
20180612231144313.jpeg
D51200+35系4000番台5B 山口線 地福〜鍋倉 2018.05.06

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

この地福Σ俯瞰との相性なのか、D51200との相性なのか?
またしても雨に見舞われたこの立ち位置。
昨年12月のC56運行でもここ地福Σで雨。
D51200ではC56との重連日以外は雨(と言っても一日だけですが)
さてどっちの相性なのであろうか…
今月中に山口へ行こうかと思ったらC571の不調でD51200運用が延長とのこと
梅雨入りの山口ともなればやはりD51200との相性なのかもね。
梅雨の合間の晴れを狙って相性改善を目指さねばと思うところです。