2017_10
    11
    (Wed)06:00
    20171010235552809.jpg
    C571+12系改5B 山口線 上山口〜宮野 2016.11.12

    とある山の岩場に立つと街路樹が色づく山口市内を駆ける汽車が見えた。
    今を生きる蒸機ゆえにたまにはこんな眺めもいいのかも知れませんね。


    使用機材
    カメラ Canon EOS 7D
    レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

    2017_10
    04
    (Wed)06:00

    EF651133+C56160 東海道本線 篠原~近江八幡 2017.09.24

    天に届けとばかりに聳え立つ観音菩薩像。碧に白が映える
    天への助走とばかりに走りゆく電蒸重単。青と黒が駆ける


    使用機材
    カメラ Canon EOS 5D Mark III
    レンズ EF16-35mm f/4L IS USM

    昨年、この地を訪れるに当たり碧空をイメージするも当日は敢え無く雨模様
    今回、紺碧の空に恵まれ昨年出来なかったイメージを求めてみた。

    但し、出来は明らかに劣化しているよねぇ~
    2017_10
    02
    (Mon)21:52
    20171002165344ea9.jpg
    C571+12系改5B 山口線 津和野〜船平山 2016.10.01

    ライスアートの汽車と並走するやまぐち号
    この時期限定の眺めです。


    使用機材
    カメラ Canon EOS 7D
    レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

    あらま、こんな日に更新?
    一日遅れですが丸一年ってことで塩漬けのね(笑)
    2017_09
    27
    (Wed)06:00
    20170924-5O5A8029.jpg
    C56160+12系5B 北陸本線 河毛〜高月 2017.09.24

    初秋の空に広がる秋雲、刈取りを終えたばかりの田圃
    河毛を発したC56は小気味好いドラフト音を響かせてやって来た


    使用機材
    カメラ Canon EOS 5D Mark III
    レンズ EF16-35mm f/4L IS USM

    「煙るC56が見たい」その思いが通じたようで
    極細ではあるが煙を引きずりながら駆け抜けてくれた。




    2017_09
    25
    (Mon)12:45

    EF651133+12系+逆C56160 北陸本線 木ノ本〜高月 2017.09.24

    ボンネットバスはいすゞBXD20 オート三輪はマツダT1500
    どちらも、昭和の薫りが麗しい旧車。
    その向こうをこれまた昭和の名車が連なる列車が駆け抜けて行った。


    使用機材
    カメラ Canon EOS 5D Mark III
    レンズ EF16-35mm f/4L IS USM


    北びわこ号1号を河毛で撮り2号は何処ぞでと車で移動する道すがら
    国道8号線沿いにある北近江リゾートの駐車場にボンネットバスを発見!
    こりゃボンネットバスとC56を絡められるぞと立ち寄ると
    なにやら旧車好きの方々がイベントを開催しているようで
    ベレットGT、117クーペ、フローリアンにジェミニといすゞの名車から
    箱スカGTR、ケンメリGTRをはじめ往年の名車までもが集うではないか
    と、そこへマツダのオート三輪までもやって来て千載一遇のチャンスとばかりにパチリ
    駐車場の向こうは国道8号線ゆえに一般走行車両の往来も多く
    このワンショット以外は列車に被る車の写り込みでNG
    正しく強運のラッキーショットとなったのがこの一枚です。


    2017_09
    20
    (Wed)06:00

    C56160+12系5B 北陸本線 高月〜木ノ本 2015.08.23

    稲穂の海を渡る北びわこ号
    次の運行日にも稲穂の海はまだあるのだろうか?


    使用機材
    カメラ Canon EOS 7D
    レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

    この木何の木、気になる木~ えっ?架線柱って言うのね(笑)

    2017_09
    13
    (Wed)06:00

    C571+12系改5B 山口線 津和野 2016.10.15

    かつて、さだまさしが代表曲「案山子」の中で
    ♪城跡から見下ろせば蒼く細い河、橋のたもとに造り酒屋のレンガ煙突・・・
    山の麓、煙吐いて列車が走る~♪と唄わせた眺めを撮って見た。

    漆喰の白壁に朱い石州瓦の屋根からなる造り酒屋
    創業寛政3年、伝統の技術を生かしながら手造りの酒を造って200年
    「清酒高砂」の醸造元戝間酒造である。


    使用機材
    カメラ Canon EOS 5D Mark III
    レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

    さださん、橋のたもとじゃなんですけど・・・河はもっと先ですよ。

    2017_09
    06
    (Wed)06:00

    C56160+スハフ32系5B 函館本線 張碓〜銭函 1980.11.23

    37年前の北帰行では海沿いの轍を結構煙を上げてくれたC56160号機
    この秋の運行がラストではと噂される北びわこ号の牽引
    是非とも煙る走りを見せて欲しいものです。


    お目汚しですが…いい日にちなもので
    2017_08
    30
    (Wed)06:00
    2017082922295959a.jpg
    C11171+14系改4B+スハフ44系1B  釧網線 塘路~茅沼 2012.02.20

    残暑お見舞い申し上げます。
    こう暑いと氷結した塘路湖が恋しくなるものです。
    その気持ちが通じたのかこんなツアーを発見しちゃいました~
    今年2017年の運行時に起きたJ北虎の子C11171の動輪タイヤ面削瑕による運行打ち切り(DL代行)
    心配されたその処遇でしたが修繕されたのか、目処が付いたのか2018年運行のツアー募集です。
    http://www.jal.co.jp/domtour/jalpak/photo_trip_shimo/
    まずは朗報ですね!

    もう一つ、地獄耳情報
    北びわこ号の秋冬臨の日程も・・・10月8日から11月5日までの毎日曜日って話
    こちらはC56160の運行、本格的な冬臨が無ければ恐らくラスト北び運用でしょうね。

    使用機材
    カメラ Canon EOS 7D
    レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

    9月2日の篠目交換はC56+DD51のレトロ客車とC57が牽く新型旧客のやまぐち号とのSL同士の交換と修正が出ましたが
    すっかりモチベーションが上がらぬ病み上がり(ホントは病み真っ最中)の身はオールキャンセルでパスとしました~


    2017_08
    23
    (Wed)06:00
    2017082223400519c.jpg
    C623+スハフ44・5B 函館本線 小沢 1990.05.13

    このシーンから既に27年の時が経つ。
    この日C623のレギュレターを握ったK機関士さんもスコップを握ったF機関士さんも
    数年前に天に召されてしまい改めて時の流れの無情さを感じさせられる。

    あの頃、ただただ純粋に汽車が好きだった。
    三つ子の魂百までと言う言葉通りに幼き頃の汽車好きが甦り
    その汽車を走らせるようにしてくれた人たち、走らせている人たち
    そしてその汽車を護ろうとする人たちに感謝し
    C623の牽くC62ニセコ号を撮りに出かけたものであった。

    自分でも何か出来ることはないか?
    募金、グッツの購入、沿線の宿に泊まったり食事や買い物をするだけでは無く何か
    そんな思いの中でボランティア活動にも参加するようになった。
    それは純粋に自らが大好きな汽車、C623がいつまでも走り続けて欲しいから

    人間、齢を重ね老いを迎えると童心に還ると言う。
    これにはいい意味と悪い意味の2つが存在すると言われ前者は「純粋」になる
    後者は「傲慢」になるらしい。

    幾つを以って老いと言うのかは知らないが俗に言う「アラ還」の域に居る身としては
    幾つになってもあの頃のように「純粋に」を心がけていきたいものである。