FC2ブログ
2020_02
15
(Sat)07:00

58654+50系改3B 肥薩線 人吉〜西人吉 2018.09.22

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM +EXTENDER EF2.0x

人吉市内を一望できる里山から人吉駅付近を見出すと
一際存在感のある石造矩形庫が見える
かつての人吉機関区の矩形庫であり今なお現役の石造庫である。
その歴史ある矩形庫を後にしてハチロクが牽く人吉号が熊本目指して駆け行く。

雑多な景色、更にはその雑多がカラフルゆえにカラー画はただただ煩い画にて
モノクロセピア調仕上げとしてみました。
2020_02
14
(Fri)07:00
20200214074919126.jpeg
キハ54518 5624D 根室本線(花咲線) 厚床駅

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF16-35mm f/4.0L IS USM

落石に向かう途中、厚床駅で根室発釧路行きの始発列車を
行きがけの駄賃として数カット収めてみた。
嘗ての標津線分岐駅は何の名残も感じさせぬ北辺のローカル駅となっていた。

202002140749147e0.jpeg

20200214074916008.jpeg

妻面下部に並ぶ銘板が国鉄末期生まれで今に至る風格の標の様に見える。
2020_02
12
(Wed)07:00
2020021207040072a.jpeg
逆C11171+14系他5B 釧網線 釧路湿原〜遠矢 2020.02.01


使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF28-70mm f/2.8L USM

岩保木山から見た釧路湿原
製紙工場の向こう太平洋に注ぐ冬の陽が荒涼たる眺めに彩を与えてくれた。

2020_02
10
(Mon)21:36
20200210210241702.jpeg
大阪市高速電気軌道 66系リニューアル車 阪急千里線 吹田〜豊津 2020.02.09

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

お散歩がてらにカメラを持って阪急千里線へ
狙うのは3300系か5300系の1960年代後半から70年代生まれのマルーン電車
とりわけ3300系は昨年から廃車も出始めた齢50歳オーバーのオールドタイマー
千里線は10数分間隔で運行されているとは言えそうそう待ち人来らず
次々と往来する電車を取り敢えず撮り尽くしてみようとシューティング
「マルーンも良いけどシルバーボディもなかなかじゃん」
なんて大阪メトロの乗り入れ車をいい感じに纏めてみて…あれれ?
方向幕がLED化されていてきちんと写っていない!
普段、こんな近代的車両をきちんと撮ったことがない身には全くノーマークな事例。
構図的には結構いい感じかと思うもこの手の車両を撮る方々から見たらNGな出来。
いや〜ホント、近代化にはついていけませんわ〜




2020_02
07
(Fri)06:00
20200206210224ef2.jpeg
キハ54 快速はなさき 根室本線(花咲線)別当賀〜落石 2020.02.02

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

今回の訪釧「朝練」は100kmから足を延ばして「落石」へ
向かう途中「厚床」で始発の上り列車を戴いた為に時間的な余裕も余りなく
お手軽なお立ち台からの一撮としてみた。
次に訪れる機会に恵まれるならキハの右手に続く高台から眺めて見たいものである。

波打ち際を往く軽トラ…
打ち上げられた昆布を漁する漁師の方々でありこれもまたこの地の情景です、


2020_02
05
(Wed)06:00
20200204214041b93.jpeg
C 11171+14系改他5B 釧網線 塘路〜茅沼 2020.02.02

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM

氷結したシラルトロ沼、冠雪した雄阿寒岳、羽を休める白鳥
そして白煙たなびかせて駆けるSL湿原号
どれもこれもが釧路湿原における冬の風物詩である。


今年もまた訪釧が叶い冬の風物詩を堪能することが出来た。
Special thanks kogechatora
2020_01
29
(Wed)06:00
20200128233200501.jpeg
D51200+35系4000番台5B 山口線 長門峡〜渡川 2018.12.15

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

阿武川に架かる橋梁を猛然とダッシュで駆けるD51の力走
牽かれる客車の色合いもマッチし、嘗ての蒸機牽引急行列車を彷彿させてくれる。

2020年の運行では山口線の運用機関車は通年でC57と発表されており
D51の走りは来年までお預けとなる。
梅小路でお留守番となるD51200はもっぱら北陸線で北びわこ号の運用となるが
先日その日程が発表となった。

運転日:2020年4月26日、5月3日・10日・17日、6月14日・21日・28日、
    7月5日・12日・19日、8月16日・30日、10月18日、25日(いずれも日曜日)

山口線での走りとは雲泥の差がでる北びわこ号、さてさてどれだけ撮りに行けるやらねぇ~
2020_01
22
(Wed)06:00
20200121231053d00.jpeg
D51200+35系4000番台5B 山口線 仁保〜篠目 2019.12.21

使用機材
カメラ Canon EOS 5D Mark III
レンズ EF70-200mm f/2.8L USM

偶に…極、極、偶に…
見て見たくなるものなんですよ
思いっきり真っ正面から力行して来る蒸機を。

そんな気持ちに応えてくれたのか期待以上の力行。
山間に響くドラフト音、天を焦がすかの如く吹き上げる煙…
偶には被りつきも良いものですね。
2020_01
15
(Wed)06:00
202001142126490e6.jpeg
C11207+ヨ8709 東武鉄道日光鬼怒川線 鬼怒川温泉駅 2020.01.04

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ Canon EF-M15-45 F3.5-6.3 IS STM

架線のない留置線に佇む緩急車を従えた蒸機の姿
かつてのローカル線でワムフ1両を蒸機が牽く貨物列車を思い出させてくれる。
もっともこのヨ8000は昭和49年に登場し北海道に投入されるも
北辺のローカル線で9600やC11などに絡むことは無かったはずであり
あくまでもそんなイメージを湧かせてくれるだけ。
こと夜景の中と来たら、夜のヤードで入換仕業の合間に一息つく姿みたいで
何とも好ましい眺めであった。
もう一両のヨ8634を従えた増備機との並びを夜のとばりの中で見てみたいものである。




2020_01
14
(Tue)07:00
皆さんこん○○は。

先週の新春タンク機関車三昧より一枚です。

20200114073615c40.jpeg
大樹3号 C11207+ヨ8000+14系3B+DE101099 東武鉄道鬼怒川線 大桑〜新高徳 2020.01.04

使用機材
カメラ Canon EOS M5
レンズ Canon EF-M15-45 F3.5-6.3 IS STM

「2020年初罐」の一枚を撮った後、ゆるゆると撤収し、そのまま東武鉄道鬼怒川線に向かいました。
大樹3号はどうかなと思ったら、間に合ってしまいました。
まぁ、撮っただけといえなく

火曜日に楽々更新?パクリは楽ですわ〜
パクっておきながら元祖と名乗ったりして(笑)
元ネタはこちら